« 秩父鉄道光景 | トップページ | 遠い日の記録から »

2022年9月15日 (木)

フリー客車床下

サフェーサー姿のフリー客車、フリーだけに手間はかけたくない。費用もかけたくない。安価に気の向くままに楽しみたいと、空き時間に床下機器を製作してみました。

手元在庫の10㎜角材を利用して、先ずは水タンクのつもり。水タンクらしくないって? いいえ、スイスでは斯様な形状なのです、と言ってしまえば良い。

20220914_0003_15

空気溜も木材をドリルレースで端部を球面仕上げしたもの。

20220914_0004_15

これらを適当に付けてしまえば終わり。

20220914_0001_15

一気に4両分完了です。

20220914_0002_15

何せスイス風のイメージ優先フリーですから思うまま。思い返せば1960年前後の時代、模型づくりは手近な材料を駆使して使うというのが主流だったと思います。たまには原点帰りで、こんな工作も楽しいですよ。因みにこの床板も、品名は忘れましたが1㎜厚のペーパーなのです。

 

 

« 秩父鉄道光景 | トップページ | 遠い日の記録から »

鉄道模型(フリー)」カテゴリの記事

コメント

走行中下から床下覗く輩は居ないでしょうからボディマウント風カバーで
床下機器は見えないので割愛しても良かったのでは。

どのくらいで手を打つかは製作者次第。まぁ、シルエットでそれらしきものが見えれば十分でしょう。

◆ ぬか屋 さま
そうも考えましたが、やっぱり少しはと思った次第で・・・。


◆ モハメイドペーパー さま
そうですよね、力を頂けるメッセージをありがとうございます。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 秩父鉄道光景 | トップページ | 遠い日の記録から »

フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他社線ご案内

無料ブログはココログ