« パンタ配管完了 | トップページ | シニアの遠足 »

2023年1月19日 (木)

東武ロマンスカー

標題を「東武ロマンスカー」としましたが、「ロマンスカー」の名称は1996(平成8)年12月3日をもって小田急の登録商標となっており、現在では東武を含めて他社では使えなくなりました。

因みに他社で「ロマンスカー」として製造された車両は、2012年に長野電鉄2000系が引退したことで無くなっています。

東武ではデラックスロマンスカー(DRC)1720系が長くフラッグシップでしたが、その前に誕生している1700系は好感の持てる車両でした。某誌からプレゼントされた真鍮キットを組んで、OER3001氏のコレクションに加わった次第です。先日S氏宅で開催された運転会で、久しぶりに走らせることができました。

20230114_0039_15

和室の築堤を走り抜け、複々線区間にかかります。

20230114_0032_15

このレイアウトは全6エンドレス(内2線は未開通)という壮大なものです。

20230114_0029_15

4エンドレスそれぞれが副本線を擁するので、目の前は8線。いったいどれが自分の車両が通過するのかわからなくなってしまいます。

20230114_0026_15

LEDが無かった時代の作品なので電灯類は全て豆球ですが、なかなか良い雰囲気です。

20230114_0020_15

室内灯の効果で、一人分づづシートカバーを掛けた背もたれが映えます。

20230114_0019_15

存分に走り回って、駅に戻って来ました。

20230114_0017_15

それにしてもご自宅に、こんな素晴らしいレイアウトを作った(途上)S氏には脱帽です。楽しませて頂きありがとうございました。

 

 

« パンタ配管完了 | トップページ | シニアの遠足 »

鉄道模型(民鉄)」カテゴリの記事

鉄道模型(運転会)」カテゴリの記事

コメント

東武1700は人気がありましたね。冷房化後の固定窓姿も良かったです。このレイアウトって路盤がダンボール製なんですよね。

◆ Cedar さま
東武1700、派手さはなくとも落ち着いて良い雰囲気でしたね。
このレイアウトはその通り、段ボールで作られています。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« パンタ配管完了 | トップページ | シニアの遠足 »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

他社線ご案内

無料ブログはココログ