« バスを楽しんで | トップページ | 故・Y.T氏撮影に寄せて »

2023年3月 4日 (土)

お茶の水を歩く

秋葉原に電子部品調達に出掛けた折、ポカポカ陽気に誘われてお茶の水まで歩くことにしました。

若い頃から何度も歩いた場所ながら、こんな角度で撮ったことはあっただろうか? いつの間にか高いビルが建ってしまいました。

20230301_0001_16

昌平橋から撮ってみてから、もしかして水鏡に映っていたのかなと後悔しても始まりません。

20230301_0002_16

確かここの街路樹は柳だったはずなのに・・・、すっかり変わってしまいました。

20230301_0003_16

聖橋で狙っていると、丸ノ内線が出て来ました。銀色の02系も少なくなったのでしょう。貴重な記録になってしますのも間近かと。

20230301_0009_16

02系の時は背後にJRの車両は写せませんでしたが、今度は赤い2000系とJRのE233系とが、ちょうどよい場所で収められました。

20230301_0014_16

黄色い総武線E231系が来てくれた時には、残念ながらオレンジ色も赤いのも居ませんでした。

20230301_0019_16

御茶ノ水駅の大規模な改良工事も、だいぶ進んでいました。線路上に建設中の駅ビルも、西側の一部は仮足場も撤去されていました。

20230301_0021_16

昌平橋上の橋梁を越えて秋葉原に向かう総武線。

20230301_0032_16

思えば101系から始まり103系、201系、209系と、通勤で毎日通ったこの場所。231系を見送って、中央線快速電車で新宿に向かいました。。

« バスを楽しんで | トップページ | 故・Y.T氏撮影に寄せて »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

小学生の頃は交博へ行くのに御茶ノ水から歩いていたし、その頃は聖橋の上から両国の花火が見えました。昌平橋の下では都電が交差していて、鉄ネタには事欠かない場所でした。

 御茶ノ水駅も、ショッピングモールになっていたんですね。最近、下は時々通りますが、降りたことがなかったので、わかりませんでした。
 飯田橋もそうですが、最近JRは、駅舎をショッピングモール化する液が増えましたね。個性的な駅舎がどんどんなくなり、殺風景な駅舎ばかりになったと思ったら、今度は、商業施設化になってきて、ますます個性的でなくなってきたようで、駅名を見ないとどこだか分らなくなりましたね。
 

◆ モハメイドペーパー さま
そう言えば、昌平橋の下近くの喫茶店、毎月のように利用して模型談義を楽しんでいましたね。あそこもとっくに消滅してしまいました。

◆ 工房5丁目 さま
いわゆる“エキナカ”ビジネスの展開ですね。
鉄道業には多額な資本が必要なので、限られた資産の有効活用で利益創出ということは必須だと思いますが、地域的な個性は大切にして欲しいですね。

神保町、お茶の水、秋葉原は月にいちどは歩いています。書籍、ストラクチャー用品、電子部品、中古模型(新品には縁が無い)、ランチ、喫茶店と目的はたくさんあります。
松住町架道橋の姿は変わらず美しいですね。

3線を一網打尽にはなかなか至難の技ですね。

◆ Cedar さま
毎月・・・、そのようですね。
OER3001氏は高校生時代から毎月のように徘徊していましたが、間もなくJR駅も完全改装なるし、変わって当然と言いながらもなんか寂しさも・・・です。


◆ ぬか屋 さま
3線を一網打尽、ラッシュタイムに狙えばモノにできると思うのですが・・・。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バスを楽しんで | トップページ | 故・Y.T氏撮影に寄せて »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他社線ご案内

無料ブログはココログ