« 変わる大井町 | トップページ | ま・ど・ぬ・き »

2023年7月18日 (火)

四ツ谷で愉しむ

蒸し暑いながらも雨予報が無いこの日、いくつかの目的で都心に出向きました。最初は四ツ谷。我が家から四ツ谷に直行するならJR中央線を利用するのが一般的ですが、都内数か所を回るには東京メトロの一日乗車券がお得なので丸の内線で向かいます。

20230715_0002n_15

赤坂方面改札口を出て、JRを跨ぐ四谷見附橋を眺めます。

20230715_0003_16

この四谷見附橋は新宿通りの拡幅に伴い1991(平成3)年に完成したもので、1913(大正2)年完成のそれまでの橋は1993(平成5)年、多摩ニュータウン・長池公園(八王子市)に移築され、1968(昭和43)年まで運行されていた都電のレールとともに当時を伝えてくれています。

20221102_0011_16

四ツ谷での目的はこれ。

20230715_0008n_16

この方の作品を鑑賞するためでしたが、残念ながらご本人にお目に掛かることはできませんでした。

20230715_0010_16

それでも他の方を含めて、鋭い視点と見事な描写の作品の数々を愉しませて頂いた後は、四ツ谷駅周囲を散策します。

20230715_0012_16

市ヶ谷方で快速線と緩行線の位置が入れ替わるので、緩行線は上り勾配です。小学生の頃、緩行線の先頭車クモハ60(だったと思う)の乗務員室背後の座席に座って前を眺めていたら、上り勾配にかかって発車する当方を、同時発車の東京行快速の101系がどんどん加速して先に行ってしまったことを思い出します。

20230715_0017_16

それしても四ツ谷駅にはセーラー服のお嬢さんが似合います。ちょうどこの時も女子校御三家の一つ、FB学園の生徒が一人!

20230715_0019n_16

再び四谷見附橋にまわって赤坂方面を。JRと丸の内線は複雑な位置で交差しています。新宿方面に向かうJRは向こうに走るのに、丸の内線は右手前方向に進むのですから。

20230715_0022_16

ここから望む赤坂の高層ビルも、以前とはだいぶ変化したようです。

20230715_0023_16

これらを確認した後、再び丸の内線に。

20230715_0030_16

都心へ出ると交通費を有効に使いたいと考える世代になりました。さてこの後は・・・。

 

 

« 変わる大井町 | トップページ | ま・ど・ぬ・き »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

鉄道(大手民鉄)」カテゴリの記事

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

長池公園といったら数年前にオジサンハイキングで立ち寄った場所ですね。見附橋が移築されているのは知らなかった。もう一度行ってみる必要ありかな。

◆ モハメイドペーパー さま
はい、良くご記憶で。あのコースからはだいぶ右へ行かなくてはならず。終着地も一駅手前になってしまいますが、また行きますか? ご案内しますよ。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 変わる大井町 | トップページ | ま・ど・ぬ・き »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

他社線ご案内

無料ブログはココログ