« 新材料 | トップページ | 走る走る »

2023年8月 7日 (月)

小田急ワールド

野毛地区センター恒例の「夏休み!鉄道フェスタ」、コロナ禍で4年ぶりの開催となりましたが、OER3001氏はちゃっかり「小田急ワールド」を楽しんでしまいました。

最初はペーパー自作のステンレス車集合! 左から3000形、4000形、5000形と現役通勤型車両集合です。

20230805_0002_16

一方こちらはロマンスカー集合! 3000形SE車と3100形NSE車。ロマンスカーの歴史を語るのに欠かせない車両です。

20230805_0005_16

そこに今回、8車体連接の3000形SE車を、御殿場線直通のために5車体に短縮したSSE車が加わってくれました。OKさんのペーパー自作、出来立ての初運転でした。

20230805_0024_16

このSSEは何と一気に2編成製作、着脱式連結器カバーを外して密着連結器で連結した10両編成も叶うものです。

20230805_0022_16

全景を思い切りズームアップして収めてみました。

20230805_0029_16

横浜市内での公開運転会とは言え、つい自分ワールドを創って楽しんでしまいました。

 

« 新材料 | トップページ | 走る走る »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

鉄道模型(運転会)」カテゴリの記事

コメント

貴倶楽部運転会で遊ばせて頂き有難う御座いました。
試運転かたがた走行させて頂き色々問題点も見つかり
感謝しております。
又、久し振りに多くの車両を眼にし刺激を受けました。
今後共宜しくお願い致します。

ペーパースクラッチのSSE、しかも2編成!秋頃出るというE社のプラ製品より早い完成ですね。私もブラス完成品を「魔改造」でMP・DCCサウンド化したSSEをE社製品が出るまでの今の内に楽しんでおります。SEとNSEもスクラッチでしょうか?流線形(しかも複雑な形状)を自作される方を尊敬いたします。

◆ ぬか屋 さま
ご来場ありがとうございました。お楽しみいただけたようで何よりです。
運転会の楽しさは、自分の作品走らせることは勿論ですが、他人の作品に触れ、あれこれ工夫を学べることも。加えて懇親会はもっと最高です。


◆ 所長失格 さま
正直なところOER3001氏は、完成品には興味が無くなりつつあります。運転会でみんなが持っているということに、何も自分が買わずとも、という考えです。対して自作やキット組み立てでは作者なりの工夫やスキルを学べるので最高です。
SEはミキのキットを使い下回りは大改造、NSEはペーパー自作です。

OER3001 様、さっそくのご返事ありがとうございました。
SEは以前ご紹介いただいたサウンド付ですね。私と同じMIKI製でやはり下回りを大改造されたということで、あそこの製品は車体はいいが下回りはネックですね。一番複雑な形状のNSEがスクラッチとは驚きで、お写真を拝見したところナカセイのよりも良くできていると思います。NSEの屋根ですが、実車もこのようなベージュ系だったのでしょうか?
私は車体を自作するほどの技量はありませんから完成品に手を加える程度しかできません。その代わり動力改造やDCCなどの自分の身の丈にあった加工を楽しんでおりますし、完成品そのままというのは少ないです。今参加しているサークルも完成品そのままではなく何かしらいじって楽しむというスタンスで、メンバーの中には精密なペーパースクラッチを楽しまれている方もおります。趣味ですから楽しみ方は人それぞれでよろしいのではないかと思います。

◆ 所長失格 さま
NSEへのお褒めの言葉、ありがとうございます。ご興味あれば以下をどうぞ。
https://vse50001.cocolog-nifty.com/.preview/entry/525731dbd7dc7f0a473fdd140de64508
完成品に手を加える、良いではありませんか。何かしらの手入れをすれば「自分だけのもの」になります。そういう意味で、製品のママをコレクションする気にはならなくなったという趣旨です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 新材料 | トップページ | 走る走る »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他社線ご案内

無料ブログはココログ