« 西武国分寺線 | トップページ | 初代デユニ1000形入籍 »

2023年11月29日 (水)

小田急酒匂川橋梁へ

この日、日中が暖かくなるというので、使用期限が迫る株主乗車券の有効活用に出掛けました。

白い富士山が奇麗に見えていたので新松田駅で降り、酒匂川橋梁で撮ることにしました。ただ残念なことに、小田原方ガーター橋部分は補修中のブルーシートで覆われています、これは避けて撮りたいですよね。

20231128_1087_16

そう言えば52年前の同月にここに来た時は富士山は雲に隠れ、寒い日でしたから、それより良しとしましょう。

19711107_0009_14

橋梁は架け替えられてはいませんが、今は保線用の歩行路と柵が設けられてしまいました。

20231128_1001_16

とにかく奇麗な空だったのと、左側のブルーシートを入れずに撮るということで選んだアングルはこうなりました。

20231128_1003_16

青いロマンスカー60000形MSEも、奇麗に6両収められました。

20231128_1009_16

西武鉄道に譲渡されることになっている8000形も、その元気な姿を記録しておきます。この頃になると富士山に少し雲が。

20231128_1016_16

で、驚いたのは20人くらいの年配ご一行様が、OER3001氏の周辺に寄って来ます。なんだなんだ? 

どうも電車を撮るようだ。観察しているとこのご一行様、鉄道風景写真家・伊藤宏美さんが講師となり、富士山と鉄道を撮影するというクラブツーリズムのバスツアー参加者だったのです。

へ~、そんな商品が売れる時代なのですね。それこそ半世紀にわたってここで撮影していますが、こんなご一行と出会ったのは初めて。第一この土手に“撮り鉄”がこんなに集まったことがあったでしょうか! 皆さん一丁前のカメラを持っていましたよ。

20231128_1021_16

その一団を画面に入れないようにして、OER3001氏は自分の時間を楽しみます。8000形は6+4の10連で活躍していたのだという記録を。

20231128_1025_16

30000形EXE-αどうしの交換も何とか収められました。

20231128_1031_16

が、やっぱり赤いロマンスカーは待つべきでしょ。だいぶ富士山が霞み始めましたが、なんとか7両全体を収められました。

20231128_1103_16

これでここでの目的は達成したので、今度は富士山を入れず河原へ下りてみます。水がなんと澄んでいたことか。

20231128_1121_16

どうせ富士山は霞んできたのだからと、こんなアングルも試みます。

20231128_1124_16

それでも一応、ロマンスカー通過時刻になると再び富士山を入れても。

20231128_1126_16

これをもってここでの撮影を終えましたが、クラブツーリズムご一行様はまだ30分くらい留まり、その後は御殿場線は山北へ向かうようでした。

OER3001氏は渋沢駅で富士山バックに挑戦しましたが、残念ながら雲の中。

20231128_1148_16

まあ充実したひと時を過ごすことができたので良しとしましょう。

 

« 西武国分寺線 | トップページ | 初代デユニ1000形入籍 »

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

コメント

金と暇のある年寄りを対象とするのは、一番手堅いビジネスのようです。何人が撮り鉄として定着するかは別として。富士山がクッキリ見えるような日は、川風が冷たいんですよね。

◆ モハメイドペーパー さま
仰る通り、この日も風が強かったです。川向う(右岸)からこちらへ、集団を撮った写真のススキが右側に倒れていたくらい時折凄い風。気温が低くなかったことが幸いでした。

ワーレントラスが細かすぎせっかくの富士山はともかく列車が目立たなく
なっちゃったですね。

◆ ぬか屋 さま
トラス橋は単線形が並んでいるので、向こう側(上り)は顔が撮れますが手前のトラス橋がバッチリ入ります。
従って下り列車を後追いで狙うしか・・・(涙)。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 西武国分寺線 | トップページ | 初代デユニ1000形入籍 »

フォト
2024年3月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他社線ご案内

無料ブログはココログ