« ステンレス定規更新 | トップページ | 新規着手病発症 »

2024年1月19日 (金)

小田急の変電所(3)

「小田急の変電所(3)」はいつのことになるか? と記したのは1月13日のことでしたが、早くも「3」です。

この日、「もころん号」が唐木田車庫に数時間居るようなダイヤだったので行ってみました。組織上は喜多見検車区唐木田出張所だそうですが、道路からの入り口に掲げられている表札は「唐木田車庫」。屋根のある「庫」はありませんが「車庫」です。

20240114_0007_16

「もころん号」が午後の陽射しを受けて休んでいました。

20240114_0004_16

その唐木田車庫の全景がこれ。多摩線唐木田駅の先に拡がる敷地面積43,271㎡に留置線10線、洗浄線1線、列車検査線2線、引き上げ線1線を擁し、176両の収容能力だということです。

20240114_0008_16

この車庫の手前にある建屋他が、出力6,000kWを担う唐木田変電所のようです。変電所の表札は、車庫用地に入れば確認できるのかも知れませんが、外部からは確認できません。付近に東京電力の高圧鉄塔は見当たりません。

20240114_0009_16

変電所前には給電のための鉄塔が建っています。

20240114_0010_16

変電設備と給電鉄塔の位置関係はこんな状況ですが、給電鉄塔へのケーブルは地下から上がっています。

20240114_0011_16

線路を跨ぐビームの矢印部分に給電しています。

20240114_0015_13

ズームアップしてみると・・・、左から①百合丘-唐木田下り線、②百合丘-唐木田上り線、③唐木田構内、を示すプレートが掲げられています。

20240114_0013_16

このビームの彼方に、先の「もころん号」も確認できました。

20240114_0016_16

「もころん号」の唐木田車庫停泊を確認しに行った序でに実現した「小田急の変電所(3)」でした。


 

« ステンレス定規更新 | トップページ | 新規着手病発症 »

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

鉄道(変電所)」カテゴリの記事

コメント

ここに変電所を置いたのは、相模原方面への延伸を考慮したからなのでしょうか。〇〇車庫という呼び方、関東ではあまり使いませんね。近鉄では同じ場所でも車庫と検車区は別組織になっています。

◆ モハメイドペーパー さま
ご推察の通り、将来の延伸を考慮してかと推測します。
社外の人には組織はどうでも良く、クルマが駐車場なら鉄道は車庫で良さそうですね。留置場じゃ悪いことして捕まった人の居るところと間違えられるし・・・。

掲題とは異なりもころん絡みで失礼します。
3001氏が撮影された14日は、唐木田車庫5055×10『もころん号』の隣に5062×10編成が留置!
当日は唐木田駅コンコースでCM撮影が行われていて、5062×10編成が車庫内から3号線へ入線、ホーム上で営業2、3号車に撮影機材を積み込み再び車庫内へ、その後車庫線内から撮影関係者が乗車して多摩線内を団体専用表示で運行、新百合ヶ丘駅折り返し時に再び「もころん号」と並びました♪
5000形での団体専用表示の運行は今回が初めてでした。
最近小田急線を使用したCM撮影は唐木田駅と多摩線内を使用する機会が多いですね!

◆ OER3101 さま
その日の唐木田駅は大変なものでしたよ。黄色い帽子をかぶり「小田急電鉄」の腕章付けた社員、大勢のエキストラ、撮影スタッフで、乗降客が戸惑う感じでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ステンレス定規更新 | トップページ | 新規着手病発症 »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

他社線ご案内

無料ブログはココログ