« 乗換えの間に | トップページ | 830000アクセス到達記念 »

2024年2月22日 (木)

標識灯光源の工作

通過表示灯と尾灯を兼ねた標識灯の製作、既にレンズの作成をご紹介していましたが、今回はその光源です。

薄型(0.5mm厚)のユニバーサル基板を2×2の4穴で切断。それに1608サイズのチップLED、ウォームホワイトとレッドを夫々はんだ付け、一方に定電流ダイオードをハンダ付けしました。見づらいですが黄色いのがウォームホワイト 、レッドはその下方の透明のチップ。その後裏面にエポキシを込めるように流して絶縁と強度を確保します。

20240220_0001_18

これを左右2ユニットを直列に結線し、台車に結線する計画です。

20240220_0002_18

製作中にチップLEDは飛ばすし、はんだ付けが逆だったりと右往左往しつつやっと2両分ができました。

20240220_0003_18

一方、直径8φの真鍮パイプから一方の切断面を斜めにした斯様なパーツを製作。これを光源のケースして車体裏に接着しようとするものです。

20240220_0007_18

これで通過表示灯と尾灯を兼ねた標識灯が実現できそうです。

 

« 乗換えの間に | トップページ | 830000アクセス到達記念 »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

鉄道模型(0番)」カテゴリの記事

コメント

斜めに切った方が内側ですよね?

◆ ぼっちぼち さま
斜めにカット、車内から平行にするので短い方が外側です。

ぬか屋にとって1608は極限のサイズです。
尾灯、標識灯併用の標識灯「1608」ならではの技ですね。

◆ ぬか屋 さま
最初は16番のSE車に使った1005でやってみたのですが、基盤が使えず1608にサイズアップした次第です。
いずれにしても失敗も多く、収率は悪いですね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 乗換えの間に | トップページ | 830000アクセス到達記念 »

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

他社線ご案内

無料ブログはココログ