« まるで傘の骨 | トップページ | ひたちなか海浜鉄道へ »

2024年4月 6日 (土)

シニアの運転会

ゆったりクロスシートに座って多摩川を渡ります。

20240404_0002_n16

降りたところで暫し行き交う電車を眺め・・・

20240404_0007_n16

シニアの運転会場に向かいました。この日のトップバッターは闘病中のMZ氏、流鉄(流山電鉄?総武流山電鉄?)の車両を持って臨まれました。いつもながらお見事なペーパー自作です。

20240404_0010_16

KT氏はクモニ?いやクモヤ145かな? 宮沢のキットだったとか。

20240404_0017_16

WM氏は高校時代から作り重ねたと言う73系のペーパー自作。3段窓に全金車を取り混ぜた4両でした。運転室仕切りが効果的ですね。

20240404_0020_16

HT氏はモデル8のキットを組んだ上田丸子のデキ未塗装を。2両の貨車を牽いて、勾配線も問題なく快走しました。

20240404_0021_16

OER3001氏の第1弾はセミクロスシート時代の小田急2320形。友人HI氏製作のペーパー自作を40年以上昔に譲り受け、後年台車交換やディテールアップを図ったものです。

20240404_0023_16

この時、隣の線路にKT氏のお召列車が登場。最初はC59です。

20240404_0024_16

お召列車は牽引機をEF53に代えて、ゆったり堂々とした走りを見せてくれました。

20240404_0029_16

OER3001氏の第2弾は小田急の初代ロマンスカー1700形ですが、上のお召列車を追い抜いたり上を跨ぐわけには行かず、運転には神経を尖らせました(笑)。

20240404_0025_16

IY氏はキットを組まれたと言う筑波鉄道のキハ821、国鉄キハ10 47のようです。

20240404_0032_16

霧で遅延した高速バスで駆けつけたというIM氏は、京浜東北線で活躍した209系、いや違います。試作車の901系に6扉サハを挿入した11両編成

20240404_0033_16

小田急ロマンスカーの最新型、70000形GSEはSF氏のペーパー自作。フロントウインドウから見える座席の柄まで再現されて圧巻でした。

20240404_0034_16

OT氏はいつもと違う車両を展開されでびっくり。石炭列車の先頭に立つのはKATOのD51だと仰るも、見事なウェザリングでした。

20240404_0035_16

牽引機がD51の違うバージョンに代わります。

20240404_0041_16

さらに最近話題の台湾の電機まで。

20240404_0043_16

和気藹々と3時間以上を楽しみ、その後はまたいつものように反省会へ。反省会だか猛反省会だか知りませんが、いつしかアルコールも回って・・・。

 

 

 

« まるで傘の骨 | トップページ | ひたちなか海浜鉄道へ »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

鉄道模型(民鉄)」カテゴリの記事

鉄道模型(運転会)」カテゴリの記事

鉄道模型(国鉄・JR)」カテゴリの記事

鉄道模型(海外)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« まるで傘の骨 | トップページ | ひたちなか海浜鉄道へ »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他社線ご案内

無料ブログはココログ