« お茶の水 | トップページ | シニアの運転会 »

2024年4月 4日 (木)

まるで傘の骨

半世紀以上にわたり懇意にして頂いているモハメイドペーパーさまはなんと、傘の骨まで修理されてしまうようです。

OER3001氏は傘の骨の修理までする気にはなりませんが、同じようなことをすることになってしまいました。初めに3ミリ厚のアガチス材から斯様なものを作りました。

20240331_0008_16

それに、φ0.3真鍮線を巻き付けます。R部分は焼き鈍しなどせず、ヤットコで現物合わせで曲げています。

20240331_0010_16

曲げた真鍮線を両側から合わせ、内径φ0.3、外径φ0.5の細密パイプに通して接続、ハンダでジュっと。

20240331_0011_16

それを外すと斯様な“骨”の出来上がり。

20240331_0009_16

φ0.3の穴(内径)にφ0.3の真鍮線を差し込むという、高齢者の目にはとても優しくない困難、面倒な作業をコツコツと、なんとか6個作りました。

20240331_0012_16

ここで息切れ。さて、一体何だと思われますか?

続きはまた後日ということで・・・。

 

 

 

 

« お茶の水 | トップページ | シニアの運転会 »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

鉄道模型(0番)」カテゴリの記事

コメント

骨つながりで、2320の幌の骨。

MMPさん仰る通り、連結幌の骨の様ですね。此の後、骨と幌布、幌枠、車体側の受座等
大きい分、誤魔化しが効かないので組立が大変ですね。

◆ モハメイドペーパー さま
なかなか良いご推察です。


◆ ぬか屋 さま
どう見てもそうですよね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« お茶の水 | トップページ | シニアの運転会 »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他社線ご案内

無料ブログはココログ