« 京都鉄道博物館へ(湘南電車) | トップページ | つい、調子に乗って・・・ »

2024年4月16日 (火)

0番小田急擬き_一応竣功

少年時に一番好きだったセミクロスシートの2320形。実車の登場時は4両固定編成でしたが、台車の手持ち事情から2両編成として0番のペーパー自作を進めて来ましたが、この度一応竣功としました。“一応竣功”としたのは、自宅でエンドレスでの試運転ができないため、何れお仲間の線路を拝借しての試運転後、諸調整を経てから正式竣工としようと思っています。

20240414_0021_18

2両口は4両固定編成への増結用として増備したものと想定、実車の続番として2329-2330、号車番号は6、5号車としました。だから“小田急擬き”なのです。小田急の社紋、OER文字、急行サボは、幸いなことに昔、小田急から頂いた実物を保有していたので、デジカメで撮影して所定寸法にプリントしたもです。

20240414_0016_18

ナンバーは少々大きいのですがDARUMAYAの洋白製切り抜き文字(大)を使用。床下器具は主なものだけとして全て手作り、MGはφ8真鍮パイプの両端を塞ぎ、桧材の脚(?)を付けました。

20240414_0005_18

コンプレッサーは桧材と桧丸棒の組み合わせ。2mmビスで圧縮部頭部を表現しました。右の元空気溜と、次の2室空気溜は共にφ10真鍮パイプ利用、端部には真鍮たいこ鋲なるパーツを見つけてハンダ付け後に整形、取付脚は桧材。

20240414_0012_18

20240414_0013_18

小田急ABFM車特有の形状である蓄電池も桧材。

20240414_0006_18

以上の床下器具は所謂ダミー。一方これが本来の床下器具で、接触器とでもしておきましょうか、スライドスイッチ群です。因みに右から、M1、M2は主電動機スイッチ。H1、H2は前照灯スイッチで、H1をONにすると向かって左側、H2をONにすると右側が点灯します。PLは通過表示灯、TLは尾灯、RLは室内灯のスイッチです。

20240414_0026_18n

簡単にサボ受けも作り、写真からのサボを落とし込み様に接着。サボは山側と海側では「新宿ー箱根湯本」が「箱根湯本ー新宿 」 と逆転します。社紋を丸く切り抜くのに苦労しました。

20240414_0014_18

凝ってみたかったのが幌。なかなかGoodなイメージに仕上がりました。

20240415_0003_16

20240415_0005_16

φ0.3ミリ真鍮線の骨に医療用ゴム手袋を張り付けたもので、車体側に開けた穴に差し込みます。ポイント通過でもグニャグニャしてくれることと期待しています。

20240414_0002_18

早くエンドレス試運転したいな。

20240414_0008_18

軽快に飛ばしてくれることを期待しているのですが、それはまだ先のことになりそうです。仕方ないので写真で遊んでみます。

20240415_1013_18

20240415_1026_18

複線でのすれ違いができ来たら嬉しいですが、2両固定1編成では無理。

20240415_1032_18

まあイメージで我慢することとしましょうか。

(追伸)乗客フィギュアは試運転後に考えようと思っています。

 

 

« 京都鉄道博物館へ(湘南電車) | トップページ | つい、調子に乗って・・・ »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

鉄道模型(0番)」カテゴリの記事

コメント

仮竣工、おめでとうございます。急行もいいけど、やはりこれは準特急のヘッドマークをつけたいですね。2両分の台車、ホワイトメタル製でよければ無償で提供します。トレインフェスタに持っていけば試運転できますよ。

いよいよ竣工ですね!拝見したいなあ。
うちにエンドレスはありますが、トロリー用R600だから通過できるかどうか?通過出来ても昔のOゲージみたいな爆走は難しいです。

◆ モハメイドペーパー さま
ありがとうございます。「準特急」そうですよね。ヘッドマークは16番で作った時のデーターがあるけど側サボが・・・(涙)。16番のデーター活用すればできますが、折角の実物画像を使いたかったもので。
「2両分の台車、ホワイトメタル製でよければ無償で提供」などとプレッシャーかけないでくださいな。あくまで増結用2両としておきます。


◆ Cedar さま
早くお見せしたいです。貴宅のR600エンドレスだとTD乗り越しカルダンが対応できるかどうか?
例の落札品がOKなら、爆走はともかくとして乗り入れできるのですがね。

>例の落札品がOKなら、爆走はともかくとして乗り入れできるのですがね。
こんな感じです。
trim.3082DB43-FA18-4121-942C-81DA539E0AB1.MOV

◆ Cedar さま
そう言えばご教示頂いた映像、既に拝見していましたね、失礼いたしました。
台車中心距離が260mm、連結面間隔12mmの17.5m車、落札品より若干長いかと思われますが何とかなるかも知れませんね。

竣工おめでとうございます。乗客を乗せて走る姿が楽しみですね。

書き忘れた。本文中の車号、違ってますよ。

◆ ぼっちぼち さま
ありがとうございます。いずれにしても自宅では直線往復しかできないもので・・・。


◆ モハメイドペーパー さま
ご指摘ありがとうございます。早速修正しました。OER3001氏としながら恥ずかしい!

良い音たてて走行しそうですね。
線路が入手出来ればR1,000位のエンドレス敷設可能なので自宅で遊べる
のですが販売して否そうなのが残念です。
走行機会が在れば是非誘って下さい。

◆ ぬか屋 さま
0番の線路はフレキで製作するしかありませんよ。
レールは良いとして、道床が厄介です。

5-10の合板を切り抜いて道床を作る為、図面は描いて有るので、フレキが販売している
ならば敷設出来そうなんですが。

◆ ぬか屋 さま
おやま既にそこまで準備を! 凄いですね。
フレキ、今は店頭在庫無いのですね、知りませんでした。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京都鉄道博物館へ(湘南電車) | トップページ | つい、調子に乗って・・・ »

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他社線ご案内

無料ブログはココログ