« 豪徳寺 | トップページ | 0番の世界 »

2024年4月30日 (火)

大きいのと小さいの

大きい、小さいとは言っても、今日の世間ではもっと小さいのを楽しむ人口が多いですが、そんなに小さいのにはジイジのOER3001氏は付いて行かれません。

小学生の頃に“一番好きだった小田急の電車”だった2扉セミクロスシートの2320形。1/45(0番)のモデルができたので、2008年に製作した1/80(16番)のモデルと並べてみました。

20240429_1028_16

1/80の16番を作る時には未刊だったこれが、1/45・0番製作の際には大いに参考になり助かりました。

Oer4

 

並べた写真撮るのに際し、16番と揃えるために0番も準特急「高原号」にしました。ヘッドマークは16番製作時のデーターを0番用に拡大して出力。

20240429_1024_16

この撮影をして、なんと0番の号車表示位置が違っていた(偶数番号車も新宿方側扉側が正しい)ことに気付き、撮影後に修正しました。

20240429_1007_16

実車登場時の4両固定編成で製作した16番に対し、0番は実物では無かった2両編成の「擬き」なので、作者の好みから前照灯は2灯化しています。(2320形の後は2400形HE車をデビューさせた小田急が、準特急の輸送力増強のために新造したと想定して)

20240429_1020_16

並べてみると0番の1両は16番の1.8倍くらいの大きさなので、収納方法も考えなければなりません。

20240429_1009_16

大きい分だけ細かな部分も作れるのですが、この模型は観賞用ではなく運転本位にしたので、ディテールは大幅に省略しています。

20240429_1012_16

撮影した画像を良く見て、いろいろなダメ箇所に気付くのが悲しいです。先の号車表示位置もそうですが、パンタ脇のランボードを忘れていました。

ランボードの工作より、今日はこれから待望のエンドレス試運転です。

 

 

« 豪徳寺 | トップページ | 0番の世界 »

鉄道模型(小田急)」カテゴリの記事

鉄道模型(0番)」カテゴリの記事

コメント

エンドレスで長距離走行させると、16番とは比較にならない程の
重厚な走行音が愉しめますよ。

◆ ぬか屋 さま
仰る通りです。だから小さなNゲージなどはイマイチですね。

エンドレスだと、ヘッドライトが近づいてくるのも、テールライトが遠ざかるのも楽しめます。ましてや、この車は列車種別表示とテールライトが同じなので、ひとしおでしょう。

◆ ぼっちぼち さま
仰る通りで楽しみだったのですが・・・、幾つか問題が見つかって、また再度の試運転となりました。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 豪徳寺 | トップページ | 0番の世界 »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他社線ご案内

無料ブログはココログ