« グランシップトレインフェスタ2024(1) | トップページ | グランシップトレインフェスタ2024(3) »

2024年5月24日 (金)

グランシップトレインフェスタ2024(2)

OER3001氏が小学校に入学して、最初に手にした鉄道模型は交流3線式のOゲージ。そしてOゲージでペーパー自作したのが小学校4年生の時でしたが、5年生になってHOゲージのペーパー自作に挑戦したのでした。

線路(28吋エンドレスと直線4本)とパワーパック、それに動力車1両(モハ152)を買ってもらったのが神田は交通博物館近くの老舗模型店カワイモデルでした。優しいお姉さん(阿南ふみこさん)が親切に対応してくれたことが忘れられません。

そのカワイモデル今年3月に廃業してしまったので、懐かしい車両を走らせることとしました。先ずは真鍮未塗装車体を購入し、ペーパー自作のサハ78400を追加した73系4連は御殿場線電化当時の編成。

20240518_0046_16

20240518_0048_16

OER3001氏の小学生時代は、“湘南電車”が人気。大学の後輩から得た傷んだ中間車を再生、真鍮未塗装車体のクハ86を加えて5連に仕立てています。

20240519_0070_16

20240519_0075_n16

ちょうどこの80系塗装を模したお仲間の185系と共演です。

20240519_0096_16

新性能電車が続々と登場した時代、“こだま型電車”151系は高根の花でした。それがつい最近になって、いわゆる終活をされていた方から譲って頂いた12両フル編成。窓縁の塗装が独特な美しい塗装がポイントです。

20240518_0052_16

20240518_0056_16

20240518_0062_16

これらL-3モーターに17:2ウォームギアとインサイドギア駆動で、調子良く周回してくれました。

ありがとうカワイモデルです。

 

« グランシップトレインフェスタ2024(1) | トップページ | グランシップトレインフェスタ2024(3) »

鉄道模型(運転会)」カテゴリの記事

鉄道(国鉄・JR)」カテゴリの記事

コメント

いろいろと持ち込まれたのですね。私が見たのは151系だけでした。3線式の運転は手が抜けないので、なかなか他のクラブを見に行く時間が取れません。

◆ モハメイドペーパー さま
はい、それでもカワイモデルはこれら3編成だけですよ。C11FとかED14、153系は置いて行きました。

151系はいまだに色あせない優雅なオーラを振りまいていますね。私もED14持ってます。C60はキットを購入、真鍮色のままです。

◆ ぼっちぼち さま
いくらカワイモデルとは言え、昔はフル編成を揃えるなんてできませんでした。
C60は模型として名機だと思いますので早く完成させてください。

店頭にレイアウトが在ったのは、天賞堂とカワイモデルでした。
小さいながらも憧れた物でした。

◆ ぬか屋 さま
そう言えばそうでしたね。今から考えれば小さなレイアウトでも、少年たちはそれを見て心を躍らせ。
4両編成くらいでもいかにそれらしく見せるか、実車を間引きして考えていたものです。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« グランシップトレインフェスタ2024(1) | トップページ | グランシップトレインフェスタ2024(3) »

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

他社線ご案内

無料ブログはココログ