« 神戸市電 | トップページ | 神戸・川崎車輛 »

2024年6月25日 (火)

北陸鉄道小松線1975年夏

半世紀にわたりお付き合い頂いているぼっちぼちさまのブログ「1971年 春 北陸鉄道小松線」に刺激され、訪問した時のことを思い出しました。OER3001氏が訪ねたのは4年後ということになります。

社会人になって3回目の夏休み。短くも充実した休みにしようと富山地方鉄道を目的に出掛けたと記憶しています。小松に寄ったのは帰宅するために小松空港に向かう途中だったのか、あまり良く覚えていません。

北陸鉄道小松線については、前述のぼっちぼちさまが丁寧に解説されています。OER3001氏が小松駅に行った時はこのモハ3004が発車待ちでした。

19750809_021502__13

怪しい夏雲の方に向かって、3004は1両で発車して行きました。左の庫内には3005が確認できます。

19750809_021503__n13

ホーム横の収容線には3003、後方は3001と推測されます。

19750809_021504__13

1971(昭和46)年に金石線から転入した5両のモハ3000形の内、ここだけで4両を確認したので、残る3002が小松に向かっていたのでしょうか。1949(昭和24)年に日本鉄道自動車で製造されたモハ3000形、全長14.82mで側窓の天地が広く明るい感じの好ましいスタイルでしたが、1986(昭和61)年の廃線で姿を消しました。

 

 

« 神戸市電 | トップページ | 神戸・川崎車輛 »

鉄道(地方民鉄)」カテゴリの記事

コメント

コラボをありがとうございます。4年後にはすべて3000形に置き換わっていたのですね。あの趣のある駅舎も、ナショナルの広告塔もそのままだったようで。

貴兄と地方私鉄ってなんだか不似合いな感じがしますねぇ。私は路面電車と鉄道線の中間みたいな北鉄が好きでした。国鉄と直角に発車する小松線も鵜川遊泉寺までしっかり乗ってます。

◆ ぼっちぼち さま
懐かしい思い出に触れることができてありがとうございます。
短時間でしたが、魅かれました。


◆ Cedar さま
不似合い、そうですか? まあ基本的に鉄道が好きなので、何でもOKですよ。
しかし乗らずに終えてしまったのは残念です。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 神戸市電 | トップページ | 神戸・川崎車輛 »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他社線ご案内

無料ブログはココログ