« 京王井の頭線まつり | トップページ | 四谷見附橋 »

2024年6月11日 (火)

企画展示「鉄道が街にやって来た~多摩ニュータウン鉄道開通50周年~」

『京王相模原線、小田急多摩線、 多摩モノレール「多摩センター駅」より徒歩5分』と称していますが正直なところそれぞれの改札口から5分はかからないでしょう。特に京王相模原線、小田急多摩線の改札口出て南を見れば、正面に構えているのが多摩市立複合文化施設「パルテノン多摩」です。

そこで11月2日まで開催されている企画展です。


ミュージアム企画展「鉄道が街にやって来た~多摩ニュータウン鉄道開通50周年~」 - パルテノン多摩公式サイト (parthenon.or.jp)

小田急ファンで京王にも親しみを持っているOER3001氏が、実は途中からこれにご協力させて頂くことになりました。詳細は追ってご案内させて頂くことになりますが、ニュータウン開発と鉄道の関係、興味深い内容ですので是非一度ご覧頂いては如何でしょう。

 

« 京王井の頭線まつり | トップページ | 四谷見附橋 »

旅行・地域」カテゴリの記事

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

鉄道(大手民鉄)」カテゴリの記事

博物館」カテゴリの記事

コメント

もう始まっているんですね。それにしても、もう半世紀とは。開業したのはちょっと前、という感覚なんだけど。

◆ モハメイドペーパー さま
時が経つのは速いですね、あっという間の半世紀ですよ。
是非お運びください。

不謹慎コメントお許し下さい。37年ほど前、私は相模原に住んでいました。
ひと山越えれば多摩センターです。その頃、多摩センターで最も知られていた店は、、、
多摩クリxxルでした。一世を風靡しましたが、もうないでしょうね。

なるほど、貴ブログの特集もこの企画に合わせたものだったのですね。

◆ シグ鉄 さま
「最も知られていた」かどかは知りませんが、そのテンポは健在です。神社の前なので何度も前を歩いていますが、一度も入店した経験はありません。


◆ ぼっちぼち さま
いえいえ違うのです。学芸員氏が拙ブログを見つけられてという接点でした。ロマンスカーミュージアムからの間接的ご紹介も頂いていたようで。

時間作って行って見ようと思います。

◆ ぬか屋 さま
お越しの際は是非ご一報を。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 京王井の頭線まつり | トップページ | 四谷見附橋 »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他社線ご案内

無料ブログはココログ