« 小田急多摩線開業50周年(2) | トップページ | 小田急多摩線開業50周年(3) »

2024年6月 5日 (水)

西武に行った小田急8000形

モハメイドペーパーさまのレポートに刺激され、早速26日に行ってみました。師匠の教え通りにまずはロケハンかたがた狭山ヶ丘へ向かい、車椅子スペースから連写モードで撮ります。

20240526_1005_16

狭山ヶ丘からの戻りは丁度40000系が来たので、10号車パーソナルゾーンの大きな側窓から撮ります。

20240526_1012_16

これで状況が判りましたので、小手指で下車。車両基地終端まで歩くのを諦めたモハメイドペーパーさまと違って、車両基地に向かってみることにしました。山側の道路を行くと、フェンスの間にコンデジのレンズを入れて斯様なのが収められました。

20240526_0001_16

車両基地終端までは1.2キロくらいかと。2、3人が眺めていましたが、ここでもコンデジはフェンスの隙間にレンズを入れられるので便利です。肉眼では良く判りませんでしたが、東急の車両も後方に居たのですね。

20240526_0006_16

踏切を渡って海側の道路を小手指駅に戻りながら、8000形横を行く本線の40000系とツーショット。

20240526_0016_16

新宿方8251の姿も、池袋行き準急の6000系と共に撮っておきます。

20240526_0038_16

西武の池袋方が、小田急車の新宿方となったことに気付きました。と言うことは・・・、

国分寺でJR中央線と並ぶことになった時、小田急新宿駅に於けるJR中央線との向きは変わらないと言うことですね。どんな西武仕様に改造されるのか、楽しみです。

 

 

« 小田急多摩線開業50周年(2) | トップページ | 小田急多摩線開業50周年(3) »

鉄道(小田急)」カテゴリの記事

鉄道(大手民鉄)」カテゴリの記事

コメント

早速行かれましたか。車両基地一周は結構歩きでがあったでしょう。端っこは狭山ヶ丘に近いですから。国分寺線での向きは入曽と玉川上水のどちらの車両基地から入るかで決まります。恐らく玉川上水に配属となるだろうから、国分寺で中央線との向きは合うはずです。

◆ モハメイドペーパー さま
はい、“言いつけ”に忠実に(笑)行動した次第です。車両基地一周は夏の暑い時期は難儀ですが、それなりに楽しかったですよ。中央線と並ぶことになったら、是非見に行ってみたいです。

4枚目の8000形正面ドカンは良いですね。近頃は私鉄に思いもよらぬ他車線が乗り入れるから、いろいろな電車が楽しめます。また西武線はいろいろな塗色の電車がいるから、小田急色のままでもいいのかも。この色で西武線の本線を走ったら楽しいだろうな。

お疲れ様でした。日(時間)に寄って構内移動したり、特急車の清掃等と被ったり
したりこの様な単独で撮れたのは良かったですね。

話題のサスティナ8000、このままの色でも非鉄には6000の仲間に見えそうですが~
いやいや最近では一般人も鉄ネタ詳しいからそんなことないか・・
個人的には大体廃車の色を引き継いでほしい。

◆ ぼっちぼち さま
ありがとうございます。大きなレンズでは撮れないフェンスの網間にコンデジ差し込んだら撮れますよ。


◆ ぬか屋 さま
モハメイドペーパーさまのご教示に即行動したお陰かと。


◆ Cedar さま
なるほど、アイボリーをシルバーに変えて、帯を少し細くすると・・・面白いかもしれませんね。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 小田急多摩線開業50周年(2) | トップページ | 小田急多摩線開業50周年(3) »

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他社線ご案内

無料ブログはココログ