旅行・地域

2024年6月13日 (木)

四谷見附橋

その名の通り、これは四谷見附橋です。

しかしこの場所は四ツ谷ではなく八王子市内。京王堀之内-南大沢間の線路から数百メートル南側の長池公園に移設され、長池見附橋となっていますが、橋の中央の銘板には「よつやみつけばし」とあります。

20240410_0014_15

この画像を撮影した時は、清掃のためか一時的に池の水が無かったのが少々残念。

20240410_0002_15

実は今放送中のNHK“朝ドラ”「虎に翼」の撮影舞台でもあります。寅子(伊藤沙莉)が歩くシーンを見て「ここだ!」とすぐわかりました。

ドラマでは背後の景色は全て差し替えられていて、大正から昭和の趣にしているのが素晴らしいです。

 

2024年6月11日 (火)

企画展示「鉄道が街にやって来た~多摩ニュータウン鉄道開通50周年~」

『京王相模原線、小田急多摩線、 多摩モノレール「多摩センター駅」より徒歩5分』と称していますが正直なところそれぞれの改札口から5分はかからないでしょう。特に京王相模原線、小田急多摩線の改札口出て南を見れば、正面に構えているのが多摩市立複合文化施設「パルテノン多摩」です。

そこで11月2日まで開催されている企画展です。


ミュージアム企画展「鉄道が街にやって来た~多摩ニュータウン鉄道開通50周年~」 - パルテノン多摩公式サイト (parthenon.or.jp)

小田急ファンで京王にも親しみを持っているOER3001氏が、実は途中からこれにご協力させて頂くことになりました。詳細は追ってご案内させて頂くことになりますが、ニュータウン開発と鉄道の関係、興味深い内容ですので是非一度ご覧頂いては如何でしょう。

 

2024年5月12日 (日)

つばめ

複々線の小田急が多摩川を渡って最初の駅である登戸は、JR南武線との乗り換え駅でもあります。

20240508_0001_16

ここから隣の向ケ丘遊園駅までは上り線が複線、下り線が単線と言う状態ですが、複々線化に向けて山側(右)の区画整理も進みました。

20240508_0003_16

その登戸駅、改札口を監視する防犯カメラにツバメが!

20240508_0008_16

改札口のコンコースにはツバメの巣が見られます。

ツバメは、カラスやヘビ、猫などの天敵が近づきにくい人通りの多い場所に巣を作る習性がある一方、多摩川ではツバメのエサになるハエやハチなど飛翔性昆虫が多く発生するため、登戸駅はツバメの巣作りに適しているようです。

20240508_0007_16

クラウドファンディングを利用して集めた資金で製作された「ツバメのフン受け」が設けられています。この活動は2014年から続けられていたのですね。ツバメの飛来調査や観察を続けるNPO法人バードリサーチの活動です。

JR駅の構内にも同様の巣があるようですから、乗降機会には是非とも可愛い姿を楽しんでは如何でしょう。

 

 

 

2024年4月28日 (日)

豪徳寺

小田急線は新宿から各駅停車で9駅目の豪徳寺駅。

20240322_0048_16 

駅の名前は大谿山豪徳寺という寺院から。彦根藩主・井伊家の江戸における菩提寺で、井伊直弼ほか井伊家の墓所が。

20240322_0009_16

城山通りからの参道を進むと山門。

20240322_0010_16

山門をくぐれば仏殿が。

20240322_0015_16

その左には三重塔と、立派な建築物も多く見られる寺院です。

20240322_0016_16

その中、招福殿がこの寺のシンボル(失礼)かも知れません。

20240322_0022_16

鷹狩り帰りの井伊直孝が、寺の門前にいた猫に手招きされ立ち寄ることに。その後の雷雨を避けられた上、和尚との話も楽しめ、その幸運にいたく感動したことから、福を招いた猫を「招福猫児(まねきねこ)」としてお祀りするようになったとか。

20240322_0019_16

招福殿には、家内安全、商売繁盛、開運招福を願う多くの参詣者が訪れ、願が成就したお礼として、数多くの招福猫児が奉納されています。

20240322_0020_16

その豪徳寺、複々線の小田急線が行き交いますが・・・、

20240322_0050_16

ほぼ同じ場所で撮っていた50年前の写真。新宿行4両編成の1800形がホームを後にするところです。

19741005_0010__13 

 半世紀を経て小田急線の姿は様変わりしましたが、井伊家菩提寺の豪徳寺も少しづつ変化していたようです。

 

 

2024年4月22日 (月)

変わり行く新宿西口

新宿・グランドターミナルを目指して再開発が進められている新宿西口。このブログで前回取り上げたのが3月21日のことでしたが、3月25日に「A地区」での新築工事が着工されたと発表されています。解体から着工と、この目で見て来た光景をまとめてみます。

先ずはまだ何も始まっていなかった2021年3月の姿。

20210319_0015_16

それが2022年4月には仮囲いで覆われ、クレーンが動いていました。

20230409_0003_16

2023年8月には、北(左)側の地下鉄ビルの姿は無くなっていて、14階建てだった小田急ビルの解体が進められていました。

20230808_0035_16

そして今年に入り先月には、すっかり元の小田急百貨店のビルは姿を消し、東口のルミネが見渡せるようになっています。

20240308_0008_16

地下広場へのロータリーを跨ぐ形で、新しい道路の建設が始まっていました。

20240308_0013_16

で、いよいよ今月。4月18日の状況です。クレーンの姿は無く、新しい道路の整備も進んだようです。

20240418_0011_16

「定点観測場所」としていたデッキから眺める光景は、昭和30年代を思い出させます。

20240418_0017_16

良くTVニュースで、新宿でインタビューというと、必ず小田急百貨店に沿っていた歩道でしたが、その歩道は道路と共に大きくバスロータリー側にせり出しました。

20240418_0019_16

南口のミロードも、ミロードから西口に抜けられたモザイク通りも見渡せます。ぱっくり口を開けたような光景で、この後小田急線ホーム上部の工事はどうなるのでしょうか?

20240418_0021_16

小学生の時に見ていた光景が蘇ってくるような、不思議な時間でした。

 

2024年4月12日 (金)

京都鉄道博物館へ(プロローグ)

この日、のぞみ291号の乗客となり、ここ梅小路京都西には10時前に到着しました。お多福のように見える先頭車間転落防止幌はどうも気に入りませんが “前パン”はカッコイイ。

20240301_0041_18

梅小路京都西駅の東側(西の東?)には京都市電の2001号が保存されています。

20240301_0043_18

現役時代の写真が無いかと探してみましたが・・・、残念ながら2001号はありませんでした(涙)。活気があった京都駅前の画像で我慢。背後のビルは京都中央郵便局ですね。

19760905_040614__14

日立KL-11形台車もしっかり見ておきます。

20240301_0044_18

初めて訪れることになる京都鉄道博物館、正面入り口横には風格ある建築物が。明治37年建設で京都市指定有形文化財に指定された旧二条駅舎です。

20240301_0048_18

その前には動輪が。残念ながらこの動輪に関する説明が立ち入り可能な場所に無く、詳細は判りませんでした。

20240301_0049_18

その二条駅、現在は高架島式ホームになっているのです。

20130124_0021_33

周辺を見てからいよいよ入館することとします。早くに到着したので、駐車場もまだ空いています。

20240301_0042_18

ゲートから直ぐ、懐かしい車両の姿が見えます。

20240301_0047_18

ここに入館したらいったいどのくらいの時間が経過するのか? 以後の予定は無計画として、JR東の鉄道博物館、JR東海のリニア・鉄道館、JR九州の九州鉄道記念館と比較してみたいと思います。(以後不定期掲載)

 

2024年4月10日 (水)

京都駅の変化

写真整理していて見つけた京都駅。半世紀の変化が確認できました。

50年前の1974(昭和49)年は未だ市電がありました。この写真に市電乗降場は写っていませんが、右のバスの向こうにありました。駅舎は一部に8階の塔のような部分があったものの、他は3階建てでした。

19740312_2404__13

昨年秋に撮った画像ではこんな状況に。

20230920_0004_16

だいたい駅舎など、OER3001氏にとっては“序での一コマ”なのでしっかり撮ったものではありませんが、こうして比較してみると様々なことが思い出されるものです。

 

 

2024年4月 8日 (月)

ひたちなか海浜鉄道へ

またまた京王OB会さまからのお声掛けで、バスツアーに参加させて頂きました。

今回の行先は茨城県のひたちなか海浜鉄道。京王の譲渡車は居ませんが、DMH17Cエンジン音を楽しむことでした。八王子から圏央道~常磐道経由は渋滞も無く10:45には那珂湊に到着、概ね3時間の所用でした。

20240406_0001_16

ひたちなか海浜鉄道の駅名標は2015年のグッドデザイン賞を受賞したユニークなものです。那珂湊は反射炉、ケハ601、駅ネコが描かれています。

20240406_0031_16

那珂湊は上下列車交換駅。その横の留置線に、貸切のキハ205が待機しています。

20240406_0003_16

先ずは阿字ヶ浦行き定期列車を撮ります。JR東海および東海交通事業から譲受したキハ11形で、写真の11-6は元東海交通事業203。

20240406_0008_16

貸切列車の出発前に、車両基地外を一回り。駅名標にも描かれたケハ601廃車体は変化なく一安心。

20240406_0016_16

貸切列車は定期列車として運行する新型のキハ37100形への併結となります。オリジナルカラーで登場した筈のキハ37100も、今はご覧のようなラッピング。広告収入は重要な収入源なのです。

20240406_0032_16

対して貸切したキハ205は、車体のいたるところに経年劣化が確認できる悲しい状態。

20240406_0035_16

1965(昭和40)年の帝国車両製造なので御年59歳。いやいやサラリーマンの定年退職まであと1年は頑張らなくては。最近は雇用延長もありますから。

20240406_0052_16

その2両編成が運行に向けて入れ替えを始めました。

20240406_0049_16

キハ205の出自は1996年に水島臨海鉄道から譲受したキハ20形キハ210。国鉄→JR西日本からの譲受車で、元車号はキハ20-522、そうキハ20形のラストナンバーであり、元国鉄キハ20形で唯一の現役車両という価値あるものです。

20240406_0054_16

那珂湊12:17発の列車内でお弁当とお茶を頂きます。「食べる門(かど)には多幸(たこ)来る!」と言う「みなとのたこめし」。

20240406_0055_16

具だくさんで満足のいく美味しい弁当でした。

20240406_0056_16

阿字ヶ浦には12:29着。近くにある温泉、釣り針と海藻、あんこうが描かれた駅名標が迎えてくれます。

20240406_0059_16

元羽幌炭礦鉄道キハ22(222)であったキハ222がご神体として祭られた「ひたちなか開運鐵道神社」に“お参り”して・・・、

20240406_0060_16

ひたちなか海浜公園への延伸が決まっているので、間もなく見られなくなるであろう線路終端の車止めを撮っておきます。列車は12:37折り返し。

20240406_0062_16

それにしてもこのキハ205、外された蛍光灯のグローブは開いたまま、球切れの蛍光灯もそのまんまという荒れ放題の車内(涙)でした。

20240406_0068_16

勝田には13:06着。駅名標はひたちなか海浜鉄道のシンボルカラーであるオレンジ色で、車両とロゴマークが描かれたものです。

20240406_0070_16

13:17に折り返し、那珂湊着13:31で、DMH17Cエンジンの音を楽しむ乗車を終えました。

復路も道路渋滞なく、なんと14:45には八王子に戻ることができたという素晴らしい行程でした。京王OBの幹事の皆さま、関係者各位に感謝申し上げますとともに、お知り合いになれた方にお礼申し上げます。

 

2024年3月23日 (土)

東急世田谷線

“玉電”が無くなって、三軒茶屋-下高井戸間だけが世田谷線として残りましたが、車両の世代もすっかり入れ変わり、1999(平成11)年から2001(平成13)年にかけて登場した軽量セミステンレス製車体、IGBT-VVVFインバータ制御の300系になっています。

高校時代から慣れ親しんだ下高井戸駅、過日の「池袋 鉄道模型芸術祭」に出展されていた1/80の模型を見て、久しぶりに出掛けてみました。京王線の高架化工事も進んでいるので、線路を斜めに横断する踏切も見られなくなります。

20240322_1047_16

軌間1,372㎜という共通点を持つ歴史から、世田谷線は京王線下りホームに寄り添うカタチになっています。

20240322_1059_16

この雰囲気を上手く縮小されています。

20240316_0002_n16 

20240316_0001_n16 

一方の三軒茶屋駅は、1996(平成8)年に完成したキャロットタワーに隣接。

20240322_1076_16

レンガ調外壁のモダンな雰囲気です。

20240322_1067_16

アーチ状の上屋が特徴です。

20240322_1074_16

それを模型ではかなり簡略化。今後アーチ状上屋を製作するのでしょうか?

20240316_0006_16 

中間には車両基地のある上町駅が上手く配置されていました。

20240316_0005_16

実際の上町駅は曲線部で用地に余裕が無く、上下線でホームは踏切を隔てて配置されています。

20240322_1135_16

車庫のに徒歩で近づくことができないので、先の踏切からズームせざるを得ませんでした。

20240322_0004_16

下高井戸から世田谷線で三軒茶屋に向かい、そこから線路に沿って歩いて小田急線豪徳寺駅まで。この日はそこで小田急に乗って帰宅しましたが、世田谷線全線徒歩もそう苦ではありませんよ。良いウォーキングになります。

 

2024年3月21日 (木)

新宿駅西口

新宿グランドターミナルの実現に向けた基盤整備が進む西口、2年前まではこんな風景でしたが・・・。

20220629_0006_18

西口を象徴する風景はすっかり変わって来ました。3月8日時点の記録です。

20240308_0014_18

地上に上がってみれば、小田急百貨店の本館はすっかり解体され、東口のビル街が見渡せます。

20240308_0013_18

左が小田急ハルク、右に京王百貨店。その真ん中にあった小田急本館の姿は無く、東口のルミネ エスト(旧新宿ステーションビル)が見通せます。

20240308_0008_18

解体前の光景は、海老名のロマンスカーミュージアムのジオラマで今も見ることができます。(3月6日)

20240306_0097_18

東側からの光景ですが、南口(左側)のミロードも、まもなく解体工事が始まります。

20240306_0094_18

渋谷も大工事が進み、新宿も。池袋は西武百貨店がヨドバシカメラ資本が投入されてと、東京のターミナルがどんどん変貌して行くようです。楽しみというより・・・寂しさを感じます。

 

より以前の記事一覧

フォト
2024年6月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

他社線ご案内

無料ブログはココログ