日記・コラム・つぶやき

2021年10月19日 (火)

桜木町駅のイベント

友人ノッチさんから斯様なイベントがあることを知り、わざわざ出掛けるべきか悩みながらも、客車内に入れるということで出掛けることにしました。

246039184_407101457698314_73092027574412

ところが、なかなか手強い。簡単には行かせてくれません。この謎解きとかいうものにチャレンジしなければならず、あの東大出の柔らかい頭が必要です。謎1だって「テイキケン」と判明するのにかなり時間が要ったし、これ全部解くのにいったい何分必要なのか?

245713809_407101514364975_59966862396937

でもなんとかクリアして、1872(明治5)年10月14日、新橋からここ横浜(現・桜木町)に走った列車に。

20211017_0017_15

1号機関車と呼ばれる機関車ですが、展示されているのは110。これは当時イギリスから輸入した10両の機関車の内の10号機で、後に110形とされたものです。

20211017_0031_m

その当時の客車というのがこれ。レプリカではありますが、念願叶って車内に立ち入ることが許されました。他の見学者が居なくなるのを気長に待って撮れました。

20211017_0023_m

天井照明はガス灯を模したLEDが、いかにも頼りなく、明るさ不安定な様子を再現していました。

20211017_0018_m

だ~れも居なくなったところでこの一枚。

20211017_0027_m

機関車にしっかり連結されて、桜木町に展示されています。

20211017_0030_m

この客車の側面には良く判らない表示。しかし英語標記をみて解りました。二等車ですから上から2番目のクラスだったようです。

20211017_0011_15

そうですよね、この背もたれの無いロングシート状の客席。

下等車だと前後方向に移動できない左右の側戸から乗降する向かい合わせ座席でしたからね。なんだかこんな模型もイイものだななどと・・・危ないアブナイ、明治の汽車に手を出したら大変大変。

 

 

2021年10月 1日 (金)

10月1日

東京都に生まれ育ったOER3001氏にとってこの日は、“都民の日”として特別な想い出がある一日です。

学校は休みで、“カッパのバッチ”を付けていれば、都が管理する動物園や博物館などの入場が無料に、そして都電、都バス、トロリーバスも無料というものでしたが・・・、その都電は1967(昭和42)年12月9日をもって専用軌道の荒川線以外の路面走行は終了となってしまいました。廃止が始まり、最終的に1972(昭和47)年11月、ほぼ専用軌道の荒川線以外の系統が全廃となります。

Photo_20210930071801

 

そんな10月1日という日に、OER3001氏はどんな記録を残していたかと言えば・・・、それがなかなか見つからないものですね。先ずは昨年2020年は・・・、

武蔵新田でこんなのを撮っていました。この地に開店したアンティークショップ、と言うより中古品を集めた模型店に行ったのでした。

20201001_0007_20

そこで入手したのがこの台車2両分。1両分770円のお買い物でしたが、これはまだ使っていません。

20201001_0016_15

 

その前年2019年、2018年は、10月1日の記録はありませんでしたが、2017年には西大井-大崎間の湘南新宿ラインで。その昔、蛇窪信号所とされていた所が、今は大動脈になっています。愛孫達を遊ばせるために訪れたしながわ中央公園、暫し離れての一コマでした。

20171001_0049_20

 

さらに前年の2016年はここ、東武日光で。この日は高校時代からの♀友人と元職場の♀友人との3人で、浅草からスペーシア個室の旅での一コマでした。

20161001_0008_20

 

その前年2015年は、9月30日をもって完全に退職した翌日でした。小田急多摩センターで電車待ちの8:35、反対側に来た列車を撮っていましたが、この日いったい何処に出掛けたのか、残念ながら記録がありません(涙)。この画像、良く見れば今は無き1000形ワイドドア編成の1253Fではありませんか。

20151001_0001_20

こうしてみると10月1日という日は、それほど記録されていないことに気付きます。何気ない日常でも、後世には貴重な記録となることもあり、ましてデジタルカメラやスマホの時代。コマ目に撮っておくことの大切さに気付かされた次第です。

 

 

2021年9月22日 (水)

中秋の名月

なんでもこの日の月は8年ぶりの満月とか。皆さんが撮られているようなのでOER3001氏も真似してみました。

20210921_0502_17

この国の政治家と称する方々も、心静かにこれを拝まれては如何でしょうかね。

 

2021年9月10日 (金)

都心へ

おそらく銀座天賞堂でしか入手できないパーツを求めて、久しぶりに都心へ。こんな時しか撮らないであろう新幹線をコンデジで。

20210908_0008_13

目の前を進む姿を追ってみました。きっと車内はガラガラなのでしょうね。

20210908_0011_13

で、目的のパーツ(WB26Bケース)は入手できませんでした(笑)。

 

2021年8月25日 (水)

続:くだらない買い物

見付けてしまいました、新種を。

20210823_0001_13

とりあえず店頭にあったのを全部買って来てしまいました。どうするのでしょうね、こんなに買っちゃって。

 

 

2021年8月20日 (金)

くだらない買い物

いったい何に使うのだろう? と思いつつ、つい店頭在庫を全て買って来てしまいました。

20210818_0001_13

手前からグリーン3個。

20210818_0002_13

ワインレッド3個。

20210818_0003_13

そしてスカイブルー4個。

20210818_0004_13

全10個のコンテナ。いやいやコンテナでは無く、コンテナ意匠の金属箱。

いったい何に使えます? こんなもの! と言いつつ、これは・・・、などと考えてしまいます。

 

 

2021年8月 7日 (土)

続けて広島を

折角なので、昨日に続けて広島の話題です。

“被爆電車”として有名な650形は、1942(昭和17)年木南車輌製造で651 - 655の5輌が製造されました。3年後に被爆することになるとは・・・。

現在は651号と652号の2両が、主に朝のラッシュ時に運行されている他、653号が当時の塗装に復刻され、イベント電車として貸切運行されることがあるようです。

2006(平成18)年の出張時には、その651号にも出会い、乗車することができました。

20061019_0109_45

 

宇品へ行ってみたのですが、「広島港」と名称変更された後でした。

20061019_0101_45

 

早速車内に。懐かしさを感じるニス塗りに緑色モケットの座席。

20061019_0103_45

 

運転台を見れば、大きなマスターコントローラーは三菱製。ワンマン対応機器が増設されていますが、このマスコン、ブレーキ弁で被爆したのだと思うと、こみ上げてくるものを感じたものです。

20061019_0104_45

 

車内には当車の由来が掲示されていました。

20061019_0105_45

 

残念ながら6日の平和記念式典でのあいさつで、用意された原稿の重要な部分であった筈の「わが国は、核兵器の非人道性をどの国よりもよく理解する唯一の戦争被爆国であり、『核兵器のない世界』の実現に向けた努力を着実に積み重ねていくことが重要だ」を、読み飛ばしても気付かない首相の国民として、平和維持に一抹の不安を抱えます。

 

2021年8月 6日 (金)

ヒロシマを忘れない!

今日、8月6日という日は人類として忘れてはならない日です。“ノーモア・ヒロシマ”

1945年(昭和20年)8月6日午前8時15分、アメリカ軍のB29爆撃機エノラ・ゲイが、広島市上空約9600メートルで世界初の原子爆弾リトルボーイを投下し、上空約600メートルで爆発してから76年の歳月が流れました。

19771007_050603_

OER3001氏が初めてここを訪れたのは、原爆投下から32年経った時でしたが、それから44年が過ぎてしまいました。

広島の電車は魅力的ですが、年月の流れと共に車両も大きく変っていますね。出張で訪れたこの時は、空いた時間を有効活用。さまざまな電車が走る光景にすっかり魅せられてしまいました。

21年後の1998年にも、出張で広島に行けたようで、帰りの新幹線の時間まで、駅前で何枚か撮影していました。その中に、貴重なものを発見、元京都市電とすれ違う左側は653号!

19880716_141509_13

2006年に一度引退しながらも、“被爆電車”として現在まで大切に保管されている653号現役時代の姿でした。

 

 

2021年7月25日 (日)

自転車ロードレース

不祥事続きながら遂に、TOKYO2020始まってしまいました。

開会式翌日のこの日も、いつものように線路端に向かいましたが、車両の運用を確認して戻ろうと思ったら・・・、このお陰で自転車ロードレースコース上の歩道橋が通行止め。 やむを得ず、野次馬となりました。

まあ目の前を通過する電車のサイドビューを撮るより遙かに楽なものです。地元と言うことが良く判るように、改装工事中のパルテノン多摩前で先頭集団の8人を捉えました。

20210724_1013_20

 

これだけ撮って帰ろうと思ったら、まだ歩道橋の通行止めは解除されません。仕方ないのでさらに10分ほど待つことになってしまいました。暫くして後方の集団が一気に駆け抜けて行きました。

20210724_1040_20

 

天を仰げば夏空にヘリコプター。

20210724_1047_20

 

やっと通行止め解除となった歩道橋から見下ろせば、多摩中央公園前の路上にはこの観戦者。因みにカメラを構えていたこちら側はぼちぼちでしたけどね。

20210724_1050_20

観戦者から感染者が生じないことを願うばかりです。

 

 

2021年7月19日 (月)

梅雨明けと共に

江ノ島は、子どもの頃から親しんだ海でした。

1950年代の夏と言えば、親に連れられ、それはそれは混んだ電車に乗って目指したものです。HB車と言われた1200形、1300形、1400形の3両、時々4両の準急・江ノ島行きの車内は騒然としていたことを思い出します。

正面に掲げる方向板も、夏期には特別意匠のものが掲げられていた記憶が残りますが、その意匠は2220形以降の行灯式の方向幕にも継承されました。

これは1970(昭和45)年5月作成のものなので、車体塗色が黄/青からケープアイボリー&ロイヤルブルー帯に変りつつある時代のものです。

Photo_20210718100001

 

夏期が過ぎれば通常の方向幕に。

Photo_20210718100401

 

各駅停車は△で区別していました。

Photo_20210718100402

 

これらのコレクションを、縁あって先月末から発売されている書籍に提供させて頂いたのを機会に、全て複写しておきました。縮小して模型に使用することを目的に・・・。

Photo_20210718101301

既にご覧頂いた方、購入された方も少なくないこと思いますが、未だの方には一度ご覧頂けましたら幸いです。

 

より以前の記事一覧

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他社線ご案内

無料ブログはココログ