鉄道模型

2021年4月30日 (金)

ロマンスカーミュージアムのジオラマ -3

ロマンスカーミュージアム2階のジオラマパーク、前回までにご紹介しきれなかった箇所です。

これは江ノ島。江ノ島上空から境川や竜宮城のような駅舎の片瀬江ノ島駅、右奥に藤沢の街並みが展開されています。

20210421_0091_15

ちょっと東側にまわって見渡せば、矢印の片瀬江ノ島駅が確認しやすくなります。

20210421_1040_15

EXE「えのしま」の到着です。このEXEは、相模大野駅との間を往復していました。本来は藤沢でスイッチバックするので、この画像の先頭車は後ろ側となる筈なのですが・・・、そこは多めに見ましょう。EXEは直進してきますが、線路だけは右方向にカーブ、藤沢駅が作られていました。

20210421_0089_15

小田急グループなので当然江ノ電も走らせています。この江ノ電は来場者が運転できる仕掛けです。鎌倉高校前を出た電車は、併用軌道を通って藤沢に向かいます。

20210421_0092_15

こちらは小田原。JRの駅舎ですがしっかり作られています。背後の高架線左に新幹線車両が確認できますが、その複線線路には来場者の運転体験用GSEが走ります。

20210421_0085_15

ロマンスカーが到着する箱根湯本駅も見事に再現されています。

20210421_1044_15

驚きはこれ、駅横の国道は箱根駅伝コース。目を凝らせて良く見ると・・・、ランナーの襷が出場校のカラーではないですか! これが山に向かって動くのですから。

20210421_0173_15

箱根湯本から先は登山電車。ここはそれなりに簡略化しつつ、Nゲージアレグラが自動スイッチバックで往復しています。

20210421_0081_15

大涌谷の噴煙を、箱根ロープウェイが。残念ながらこれは動いていないように見えました。赤い鳥居は箱根神社なのでしょう。

20210421_0080_15

ロープウェイは大涌谷から芦ノ湖畔の元箱根まで。

20210421_0078_15

湖畔の小田急山のホテルを横に、芦ノ湖では海賊船を模した遊覧船が、なんと湖上を動いています。

20210421_0079_15

俯瞰すれば斯様な様子。箱根の関所もしっかり作られています。

20210421_0077_15

このジオラマ、流石にレイアウトでは無く正しくジオラマです。必ずしも鉄道好きとは言えない女性客の目も惹き付ける、素晴らしいジオラマと言えましょう。

 

 

2021年4月27日 (火)

ロマンスカーミュージアムのジオラマ -2

小田急沿線を模したロマンスカーミュージアム2階のジオラマパーク、その濃い内容のいくつかをご紹介したいと思います。

複々線となる代々木上原を出ると、山側(北)に東京ジャーミーというイスラム教寺院が見えます。

20210421_0100_15

「東京ジャーミーの歴史」に、東北沢にあったホッパー線横を通る2200形、2400形の向こうに、当時の東京ジャーミーが見える写真が掲載されていました。

History_04

その今の姿が、見事にしっかり再現されています。

20210421_0113_15

代々木上原ー登戸間複々線化工事での最大の難関となった下北沢は、シールド工法で掘った急行線の上を、開削工法で掘った緩行線という2層構造がしっかり表現されています。下段の壁面はシールド工法の丸い壁。現状と同様に緩行線だけホームドアです。

20210421_0127_15 

下段をSE車が通過、上段は5000形各停。模型ならではの愛嬌です。

20210421_0119_15

長~いエスカレーターで上に上がれば、やっと京王井の頭線のホーム。

20210421_0132_15

上空から見下ろせばこの通り。小田急の線路跡には商業施設が展開されています。

20210421_0114_15

下北沢には夜景の方が似合うかも知れません。

20210421_0099_15

下北沢を出て地上の高架線となり、豪徳寺では東急世田谷線を越えますが、ここはしっかり複々線になっています。

20210421_0135_15

成城学園前では再び地下線となりますが、その地下から再び地上に顔を出します。

20210421_0116_15 

複々線は多摩川を越えた登戸で終わり。その多摩川に沿って敷かれた複線はJR南武線でしょう。

20210421_0136_15

駅上に小田急百貨店が建つ町田駅を出ると、下には懐かしい103系の横浜線も。手前のビルは丸井でした。

20210421_0095_15

江ノ島線との分岐駅、相模大野。駅上のステーションスクエアまで正確に。

20210421_0094_15

海老名です。奥には電車基地、手前の線路は相鉄ですが、残念ながら相鉄の車両は見当たりませんでした。

20210421_0090_15

海老名をよく見れば、ロマンスカーミュージアムの建屋も確認できます。そして相模川を越えて・・・。

20210421_0086_15

とにかく中身が濃いのでご紹介しきれません。つづきをお待ちください。

 

 

2021年4月25日 (日)

ロマンスカーミュージアムのジオラマ

開業3日目の4月21日に訪れたロマンスカーミュージアム。なんと言っても保存展示された歴代のロマンスカー実車が目玉ではありますが、2階のジオラマパークがまた凄いのです。

小田急の起点は新宿駅。西口の模様が克明に再現されています。左手前の小田急ハルク、その向こうの小田急百貨店本館、お隣はライバルの京王百貨店。そしてバスターミナル。

20210421_0111_15

実際の光景と比べてみると、その再現ぶりに驚きます。

20210319_0011_15

少々上空に上がって見渡せば、南口のミロードまで見渡せます。

20210421_0110_15

夜景もこの通り。手前のハルク塔屋の看板は照明付なのに、ライバル京王には照明が無いのが面白い。

20210421_0104_15

東側のJR駅上空辺りから眺めてみます。手前の小田急百貨店本館と右に続くユニクロ看板のメトロビル、その向かいのハルクと続きます。

20210421_0112_15

西口の奥にはホテル小田急が経営するハイアットリージェンシー東京と共に、ライバル京王プラザホテルもしっかり。

20210421_0106_15

夜景ではこの通り、背後には都庁が。

20210421_0105_15

少し左(南)に移動してみれば、小田急新宿駅の象徴的なガラス窓とモザイク通りが。

20210421_0122_15  

ここで視点をず~っと下げると、実際には見ることが出来ない上下2層式のホームが見えます。上(地上)からは優等列車、下(地下)からは各駅停車となっています。

20210421_0124_15

南口に移動してみます。ミロードからサザンテラスに至るデッキ、その向こうにルミネ、そして交差点角にヨドバシカメラが。実際とは少々異なる配置ですが、これがこの地域の特徴なのでしょう。残念ながらIMONビルはありませんでした(笑)。IMONさん、ちょっと出資してビルを寄付されては如何でしょう。

20210421_0154_15

夜の甲州街道から西方を眺めればこの通り。都庁ではコロナ対策会議でもやっているのでしょうか。

20210421_0103_15

おっと、交差点をヘッドライトを点けた箱根高速バス(矢印)が右折します。このバス、道路を走っています。

20210421_0161_15

見所満載、新宿のジオラマだけでもたっぷり楽しませて頂いた次第です。

 

2021年3月21日 (日)

池袋へ

21日をもって、1月8日からの緊急事態宣言解除が決定した東京。間違いなくコロナはリバウンド第4波襲来となるのしょうが、緊急事態発令中最後の土曜日となった3月20日、池袋に出掛けました。

久しぶりに東武の電車を山手線ホームから撮りました。ホームドアが設置されたら、こんなに低い位置でカメラを構えることは出来なくなります。

20210320_0001_16

そうならないうちに、先頭車も改めて撮っておきました。

20210320_0002_16

で、向かった先はここ、鉄道模型芸術祭。鉄道模型は芸術なのか?

20210320_0003_16 

第6回となる今回の人出は、これまでと違って相当少なく感じましたが、こてはし鉄道さまの出展だけはゆっくり鑑賞できたことが良かったです。「山手線開通50周年」の装飾をしたペーパー自作の73系が快調にエンドレスを回ります。

20210320_0006_16

すれ違う電車は1940(昭和15)年の“幻の東京オリンピック”塗装の山手線。

20210320_0011_16

何と、エンドレスに設けられたホームは「浜松町」。浜松町と言えばこれ、小便小僧を見事に。

20210320_0004_16

アップで撮ると、それは余りに太いオシッコですが、LEDで色が変わります。赤くなったら即病院へだそうです。

20210320_0007_16

他に除草タンク車なども新規製作。「まむしに注意」なんて表示に、線路からマムシが?と期待したのですがそれは叶いませんでした。

20210320_0009_16

「芸術」を堪能した後は東口にまわり、電車が鎮座するビルへ。

20210320_0016_16

藤久ビル東五号館です。最上階で開催の写真展に向かいます。

20210320_0015_16

ビルの入口には斯様なプレート。

20210320_0017_16

反対側には5インチゲージのジーメンス製電機の模型が。

20210320_0018_16

ギャラリー路草で開催中の、鉄研三田会メンバーの力作を堪能させて頂きました。

20210320_0019_16

併せて反対側ホールで開催中の鶴田裕氏写真展もまた、懐かしい光景に触れることができ、豊かな時間を過ごすことが出来ました。

 

2021年3月 8日 (月)

屋根上製作法

近年の新型車両模型製作における悩み事の一つが、ステンレス製車両の屋根に通ったビード。正式には何と呼ぶのか知りませんが、板厚の薄い屋根材を使用するために、その強度を増すための方法と思われます。アルミ製車体にはほぼそれが無いのは、ダブルスキン構造だからと理解しています。

20

そこで、ペーパー車体を製作するのにあたっては、その表現法に悩まされます。今回は、A-4サイズのラベルシール(エーワン・品番31271)を利用することとして、27本のビードをブルーでプリント、それを屋根に貼りました。これまではクロで印刷したものを使用していましたが、白い紙にクロの細い罫線が並ぶのは、とにかく目がチカチカして疲れます。そこで今回はほぼビードの幅(太さ)の青い罫線とした次第です。

20210303_0001_15

ここからが根気の要る作業。24.5㎜幅の中にビードが27本あるので、ハズキルーペのお世話になっても目がチカチカします。青い部分を残すようにステンレス定規を当てて、軽くカッターを入れます。

20210303_0002_15

これは1本1本やらないと間違いの元。カッターを入れたらピンセットで端をちょんと摘まみ、このようにゆっくりゆっくり、剥がして行きます。

20210303_0004_15

気が遠くなるのですが、剥いたカスが溜まると達成感が味わえると言うものです。

20210303_0005_15

とは言え、出来ればこんな作業はしないで済ませたい。新型車両はアルミ車体に限りますね。

 

 

2021年3月 6日 (土)

鉄道模型趣味 93

東急線ワンデーパスで向かった所のひとつはここでした。

20210304_0040_m

蒲田行きから降りたので、上の画像とは違う改札口を抜けました。振り返ればここ「発展門」と称するゲートの中に有ったのです。凄いネーミングです。

20210304_0034_m

立ち寄った先がこの小さなアンティークショップ。画像の右側だけがそのショップで、小さいけれどなかなか濃厚な掘り出し物があるのです。

20210304_0032_m

今回入手してきたものの一つが、何かと気をかけて頂いていた “三浦慶一”さんのゴム印が押された鉄道模型趣味93号、1956年4月号です。天賞堂に居られた紳士、三浦慶一さんのコレクションだった1冊なのです。表紙はキハ17ではありません。キハ45000なのです。

20210305_0001_17

表紙をめくってみれば、天賞堂、つぼみと、大阪の百貨店模型売り場の広告。右には三等寝台車ナハネ10の写真! ここだけでも見入ってしまいます。(画像は全てクリックで拡大できます。)

20210305_0002_17

当号掲載の作品グラフを見れば、これまた吉村光夫さんの0番自由形電車が!

20210305_0003_17

目次を見れば、どれもこれも当時の大御所たちの執筆ばかりではありませんか。

20210305_0004_17

「EF57の製作法」は連載記事で、なかお・ゆたか氏。

20210305_0005_17

高校時代に出会って以来、結婚披露宴司会までお願いするというお付き合いを頂いていたOER3001氏としては、吉村光夫氏の「山急電鉄に新車登場!」に、より興味が沸いてしまいます。

20210305_0006_17

右ページの「ミキスト」も山崎喜陽氏の懐かしい連載です。

20210305_0007_17

筆者の吉村光夫さんの若いときの一コマ。交通博物館での運転会で、ご自身作京浜急行をバンバン飛ばす時は満面の笑みでした。

19700802_0134_15_20210306073801

当時の新型電車が紹介されていたページ、左の川車製アルゼンチン国鉄向け電車が、当時印象的だったことを思い出しました。右の大阪地下鉄もいい味です。

20210305_0008_17

巻末の広告ページ、掲載されている模型店がどれも懐かしい! 小学生の時に自転車こいで向かったのは「北沢模型店」だったんだなと、想い出が蘇ってきました。

20210305_0009_17

そして裏表紙の広告、カツミはNMRA型と称する真鍮プレス製0番用カプラーを“新発売”しているのです。

20210305_0010_17

僅か40ページほどの薄い1冊であるにもかかわらず、思わず読み更けてしまう濃い中身でした。

 

2021年2月26日 (金)

罫書きと窓抜き

ペーパー車体製作の原点は罫書きと窓抜きですが、最近はCADやカッティングロボやレーザーカッティングが出現したお陰で、その原点が忘れ去られようとしています。他人様の設計によって、機械的に窓抜きされた材料を組み立てることを否定するつもりは毛頭ありませんが、本来の「自作」とは、自ら寸法を割り出し、罫書いて窓抜きするという工程が原点かと思っています。

とは言え、やはりこの作業は大変です。

20210223_0001_16

調達し過ぎて永年の在庫で、変色している材料もありますが、これももうじき在庫一掃となりそうです。

20210223_0002_16

2列だけ窓抜きを終えました。最初は4隅のRに彫刻刀を入れ、次に直線部。左にステンレス定規を置いてガイドとし、カッターを入れて行くという単純作業。マイペースで進めながら、なんだかんだで切りカスが溜まるのは達成感があるものです。

20210224_0002_16

とりあえずこの作業はなんとか完了、切りカスの数量は160枚でした。

20210224_0001_16

さて、この先はどう進めますかね。のんびりマイペースで進めることといたしましょう。

 

 

2021年2月19日 (金)

運休

2月13日(土)23時8分発生の福島県沖を震源とするM7.1、最大震度6強の地震被害ではありませんが、弊社箱根登山線の架線柱が損傷し、運休となっています。 ベルニナとアレグラは、向かいのホームに停車したままとなっています。

20210218_0002_15

手前の複線用コンクリート柱の左が根元から破断、ビーム右側も破断してしまいました。

20210218_0001_15

これらの事故はあくまでも人為的なもの。 つまり清掃中にハンディクリーナーをぶっつけて折ってしまったと言うことなのですが、交換用在庫が無いもので・・・。

そうか、この交換は不要不急では無く必須至急だから、模型店に出掛けるとしますか。

 

2021年1月 4日 (月)

〇〇初め

コロナ感染拡大で明けた2021年、1月2日から開始しました、模型製作を。

今回はその成果(?)を。

20210103_0001_17

使用した道具はこれら。

丸刃彫刻刀は、左から4.5㎜、3㎜、1.5㎜、左2本は2002年、右は2006年の購入でした。

20210103_0002_17

ペーパー工作の成果はこの切れ端多量排出ですが、まだまだ続きます。

 

 

2020年12月31日 (木)

2020年の作品

今年の漢字は「密」。 新型コロナにかき回された2020年でしたが、最終日を迎えてしまいました。

趣味生活の面では、外出の機会を制限されたことから始めたフィルムのデジタル化を終えたこと、そして模型は3作品を完成させて、2021年に向かうこととなりました。

完成作品その1は、2月14日完成のクモヤ93。 細部スケールにはこだわらないペーパー自作で、実車にはない車体傾斜機構を備えて、急曲線も快走できる運転本位に仕上げました。

20200214_0001_15_20201228223101 

7月15日には、永年の夢だったSE車3000形を完成させました。 長い間保管していたモデルパーツMIKIのキットを利用しつつ、足回りは完全にオリジナルで8両全車引通し通電。 サウンド装置搭載によりミュージックホーンを鳴らして走ります。

20200715_0005_15_20201228223401

相当気合いを入れてSE車を創ったことから気休め作品を創りたくなり、8月19日に自由形の蒸機列車の完成となりました。 オークションで入手したエンドウのB20に牽かせる観光用のダブルルーフデッキ付き客車を4連で製作。 半世紀近くストックしていたベッテンドルフなど、3種の台車を活用しました。

20200823_0030_20

因みに今は無き、福島県に存在したグリーンピア二本松で走っていた762㎜ゲージの実車をイメージして創ったものです。

20010903_0006_15_20201228225701

さて、来る2021年にはどんな模型作品ができるか。 製作中の仕掛かりに加えて次々に、作りたいものが頭を過ぎります。 まあ気楽に取り組んでいきたいと思っています。

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ