鉄道模型

2022年9月12日 (月)

ケーブルカーとジオラマ

サンフランシスコは坂道と霧で有名なアメリカ西海岸、カリフォルニア州の北部に位置する都市です。日光・いろは坂どころではない、曲がりくねったロンバード・ストリートの勾配には驚きます。

19880081_13

こうした地形から、市内交通として運行されているケーブルカーは、日本の鉄道開業の翌年1873年の開業と言うから来年で150周年ということに。

19880090_13

寺子屋運転会」の帰路に立ち寄った東北自動車道那須高原サービスエリアでは、そのケーブルカー車両を見ることができます。多分ホンモノかと思われますが、経緯などの詳細はわかりません。ただ悲しいことになんと、ここでは「トロリーバス」と呼んでいるのです。

20220821_sov43_dsc_1074_60

フードコートに立ち入ったところで、これを発見! Nゲージの東北新幹線E-5系が走り回っています。

20220821_sov43_dsc_1072_60

那須のポイントを凝縮したジオラマでした。

20220821_sov43_dsc_1070_60

このジオラマに沿ってテーブルが設けられ、走るNゲージを見ながらの食事が楽しめます。

20220821_sov43_dsc_1071_60

「制作 川島工房」とプレートが貼られていました。

20220821_sov43_dsc_1069_60

調べて見ると、福島県いわき市にある会社のようで、ホームページでもこのジオラマが紹介されていました。ほっとできる空間演出、大歓迎です。

 

 

2022年9月 8日 (木)

この日のお買い上げ

怪しい天候の中、都心までお出掛け。いつものように複数箇所に向かえるように、フリーきっぷを使って交通費節約です。

そして最後に立ち寄ったところでゲットしたのはこれら、合計301円(税込)です。

20220907_0025_15

黄色いのは直径14㎜の26枚歯。白いのは直径5.1㎜で8枚歯。組み合わせれば歯数比3.25となりますね。さてどうしたものか・・・。

 

 

 

2022年9月 4日 (日)

ギア入手

昔ながらの“模型屋”として根強い支持を得ている「いさみやロコ・ワークス」で、ちょっと相談してみたら在庫しているではないですか、ギアの数々が。その中からこれらを買って来ました。

20220902_0002_15

直径18.2㎜で歯数34、内側は直径6.1㎜で歯数10。本体価格100円/1枚は高いか安いか? まあこんなモノまで用意している小川社長の熱意に感謝し4枚購入。

0番の動力に使えるかも知れません。

 

 

2022年7月28日 (木)

お買い物

友人との約束があった日、残念なことにご家族が体調不良とのことでキャンセルに。それならばと、雨降るなか買い物に出掛けました。

鉄道模型とは異なる売り場を探索し、試しに買って来たのはこの3点。右二つはいろいろと検討用に。

20220726_0001_15

左のは拡大すると□□□が並ぶメッシュであることが判るかと。これを床下器具の一部に利用することを計画しています。

20220726_0002_15

そしてもう一つは高価なもの。音が鳴るのを製作したら、止められなくなりました。いつ店頭から消えるかも知れない代物だけに、有るうちに確保しておこうかと。

20220726_0003_15

ということで、帰宅後はいろいろ頭が・・・。

 

2022年7月18日 (月)

お買い物

雨の日のお出掛けは青猫書房だけではありませんでした。

実は、土曜日にしか営業しない店に寄ってみて、こんなものを買ってしまいました。

20220717_0002_15

しかも何を考えたのか、帰宅して取り出したらこんなにも。

20220717_0003_15

さてさてどうしたものか?

最近どうした訳か、OER3001氏の回りにこんなことをさせる友がちょろちょろされているものですからつい、具体的な計画も無いのに。当分は、いや若しかして永遠に? 不良在庫となるでしょうね。

 

 

2022年7月 5日 (火)

東海道本線

auの電波障害は3日目に入りました。途中で連絡が入ったらどうしようと、不安を抱えながら、東海道本線51キロポストの先から乗車します。

20220704_0004_15

ここは藤沢。小田急から乗り換えましたが、こういうJKが湘南ギャルとでも言うのでしょうか?

20220704_0005_15

目的地に到着。少々時間的ゆとりがあるので後の電車を撮っておきます。

20220704_0007_15

この日の所要はこれでした。鉄道ジオラマの制御系修理。

20220704_0010_15

これでまた、明日から完全な状態でお客さまをお迎えできます。

 

2022年6月21日 (火)

マッハ模型店 鉄道調色塗料

マッハ模型の鉄道調色塗料の内で、在庫限り、生産休止品がかなり出現しているとこのブログに掲載してからほぼ一年。そして遂にマッハ模型が全ての事業を終えると発表された今、市中在庫の買い漁りが進行しているようです。

既に必要なものは一生分(?)確保している筈なので今更、とは思っていたものの、立ち寄った模型店にこれが残っていて。

20220620_0001_20

とりあえず確保しておくことにしました。缶入りのものも相当量有るのに、一応、念のため。それにしても「小田急電鉄イエロー」と「小田急ブルー」って、こういう不統一な所もマッハですな。

思えばこの塗り分けが、OER3001氏にとっては最も思い出深く、好きだった時代でしたから。

 

2022年5月26日 (木)

電子工作中

胴張積層板(1.6t)の端材から適当なサイズに切り出し、Pカッターで斯様な溝切りを施しました。

20220525_0001_20

一方、1608サイズのチップLEDにウレタン線をハンダ付け。

20220525_0003_20

このLEDを結線するための基板(右)も切り出し、それぞれに抵抗とCRDを結線しました。

20220525_0004_20

鉄道模型の香りが漂わない作業に取り組んでいます。

 

2022年5月 8日 (日)

ウォームギア抜き

ピンポ~ン、玄関のチャイムが鳴りました。待っていたモノを、クロネコヤマトが斯様な封筒で届けてくれました。

20220507_0001_20

中から取り出したのはこれ、ユニバーサルピニオン抜きと称するもの、送料込みで1,870円でした。

ヤフオクで入手した天賞堂の0-6-0タンクロコ、動かないモーターに付いているウォームギアを新しいボーターに付けなければなりませんが、そのウォームギアは圧入されているため容易に抜くことが出来ません。

20220507_0002_20

このようにして使います。ギアの付いたモーターをアダプタに挟み、スクリュー先に取り付けたシャフト押しピンをグイグイ回します。

20220507_0003_20

シャフト押しピンがいっぱいまで押し込まれましたが、まだギアは抜けません。シャフト押しピンの長さが足りません。

20220507_0004_20

そこで、手元にあった真鍮丸棒を適当な長さに切断して、間に挟むことにしました。

20220507_0006_20

で、見事にウォームギアを抜くことが出来ました。

20220507_0005_20

骨折した右手首のギプスはまだ外されないため、出来ることも大幅に限られていますが、これもリハビリになるかと思ってやってみた次第。

新モーターは取付寸法が異なるため、アダプターを自作しなければなりませんが、1.0t真鍮板の切断やビス穴開け作業はまだ出来ませんので、チップLEDの前照灯と共にいつになったら復旧できるか。のんびり進めることに致します。

 

 

2022年4月 6日 (水)

E5系“はやぶさ”復帰

3月16日の地震で脱線、那須塩原-盛岡間で不通となっていた東北新幹線。3月22日からは不通区間が郡山-一ノ関間に短縮されていましたが、なんと4月14日に全線開通させるとのニュースが入ってきました。土木設備、軌道、電柱他、多大な被害を受けながら、1ヶ月以内の全線復旧とは凄いことです。

それに先だって、辻堂海浜公園の交通展示館内HOゲージジオラマでも、修理中だったE5系“はやぶさ”が復帰しました。

20220221_0030_15_20220405144001

先の休館日に調整実施、早速公開となっています。

20170507_0029_20_20220405144101

ただ、これとは別に、設備の老朽化により一部の電源関係が故障しており、別途大幅な修繕、またはシステムの入れ替えなどが必要な状況。

007_15
完全復旧までには相当な期間が必要ですが、来館する子どもたちの笑顔、歓声を思うと、早く何とかしてあげたいと思うのですが・・・。

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2022年10月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ