鉄道模型

2022年5月26日 (木)

電子工作中

胴張積層板(1.6t)の端材から適当なサイズに切り出し、Pカッターで斯様な溝切りを施しました。

20220525_0001_20

一方、1608サイズのチップLEDにウレタン線をハンダ付け。

20220525_0003_20

このLEDを結線するための基板(右)も切り出し、それぞれに抵抗とCRDを結線しました。

20220525_0004_20

鉄道模型の香りが漂わない作業に取り組んでいます。

 

2022年5月 8日 (日)

ウォームギア抜き

ピンポ~ン、玄関のチャイムが鳴りました。待っていたモノを、クロネコヤマトが斯様な封筒で届けてくれました。

20220507_0001_20

中から取り出したのはこれ、ユニバーサルピニオン抜きと称するもの、送料込みで1,870円でした。

ヤフオクで入手した天賞堂の0-6-0タンクロコ、動かないモーターに付いているウォームギアを新しいボーターに付けなければなりませんが、そのウォームギアは圧入されているため容易に抜くことが出来ません。

20220507_0002_20

このようにして使います。ギアの付いたモーターをアダプタに挟み、スクリュー先に取り付けたシャフト押しピンをグイグイ回します。

20220507_0003_20

シャフト押しピンがいっぱいまで押し込まれましたが、まだギアは抜けません。シャフト押しピンの長さが足りません。

20220507_0004_20

そこで、手元にあった真鍮丸棒を適当な長さに切断して、間に挟むことにしました。

20220507_0006_20

で、見事にウォームギアを抜くことが出来ました。

20220507_0005_20

骨折した右手首のギプスはまだ外されないため、出来ることも大幅に限られていますが、これもリハビリになるかと思ってやってみた次第。

新モーターは取付寸法が異なるため、アダプターを自作しなければなりませんが、1.0t真鍮板の切断やビス穴開け作業はまだ出来ませんので、チップLEDの前照灯と共にいつになったら復旧できるか。のんびり進めることに致します。

 

 

2022年4月 6日 (水)

E5系“はやぶさ”復帰

3月16日の地震で脱線、那須塩原-盛岡間で不通となっていた東北新幹線。3月22日からは不通区間が郡山-一ノ関間に短縮されていましたが、なんと4月14日に全線開通させるとのニュースが入ってきました。土木設備、軌道、電柱他、多大な被害を受けながら、1ヶ月以内の全線復旧とは凄いことです。

それに先だって、辻堂海浜公園の交通展示館内HOゲージジオラマでも、修理中だったE5系“はやぶさ”が復帰しました。

20220221_0030_15_20220405144001

先の休館日に調整実施、早速公開となっています。

20170507_0029_20_20220405144101

ただ、これとは別に、設備の老朽化により一部の電源関係が故障しており、別途大幅な修繕、またはシステムの入れ替えなどが必要な状況。

007_15
完全復旧までには相当な期間が必要ですが、来館する子どもたちの笑顔、歓声を思うと、早く何とかしてあげたいと思うのですが・・・。

 

 

2022年2月23日 (水)

H5系「はやぶさ」復活

昨年春から離脱していた辻堂海浜公園内・交通展示館のH5系「はやぶさ」、この度めでたく復帰となりました。

20220221_0028n_15

白い光りの前照灯を輝かせ、正面中央駅をスタートしました。

20220221_0026_15

線路有効長の関係から、本来の10両編成から2号車を減車した9両編成で運行します。

20220221_0032_15

このカラーはジオラマの中で映えますね。

20220221_0033_15

東海道新幹線を横目に、中央駅を通過していきました。

20220221_0030_15

月曜日は閉館ですが、機会があったら訪れてみて下さい。詳しくは辻堂海浜公園のホームページを。

 

 

2022年2月 7日 (月)

E5系の修理

辻堂海浜公園内の交通展示館にはHOゲージとNゲージのジオラマがあり、ご縁あって2017年から保守・点検をしています。2018年にはHOゲージジオラマにE5系新幹線を導入しています。

20170507_0029_20

来場者がボタンを押せば、自動的に3周回して停車する仕組み。集電性と耐久性の向上のため、編成全車両を引通し線で結線しています。

20220206_0003_20

20220206_0004_20

颯爽と高架を行くE5系“はやぶさ”に、子どもたちは歓声をあげて喜んでくれていました。

20170507_0024_20

それなのに、「走らなくなってしまったので見て欲しい」と連絡を受け、早々に引き取ってきてみたら、原因はこの車両。

20220206_0002_20

パワートラック2台/1両の設計で、その1台が不動となり、暫く休車となっていました。

20220206_0001_20

片方の動力台車には問題ありません。

20220206_0005_20

分解して見るも、モーター交換しか無いと思っても、この類いの製品は交換パーツを分売していないのでやむを得ずメーカーへ。すると、再生産までパーツが無いので補修不能と言うことで返品されていたのですが・・・、

7ヶ月後になって、サポートセンターから「パーツがあったので対応できるかも知れません」との連絡。この対応、大手の家電メーカーなどと同レベルの顧客対応だと感心しました。早々に再度持ち込んだら・・・

動力台車の交換では無く、このギアだけの交換でした!

20220204_0020_15

下段が直径6㎜、上段が4㎜のデルリン製平ギア。

1_20220206105901

外側のギア、矢印の2カ所の歯が妙なカタチに変形しています。

2_20220206105901

モーターから台車のウォームへ下ろす最初のギアだと思われますが、何らかの力が働いてしまった結果のようです。

折り合えず動力車は修復できましたので、近日復帰させたいと思います。来館した子どもたちの歓声が楽しみです。

 

 

2022年2月 4日 (金)

パンタグラフ修復

OER3001氏の所有車両ではありませんが、扱いが悪くパンタグラフを破損しているものが少なくありません。新品に交換してさしあげたものの、取り外したパンタを廃棄するのも切ないので修復してみました。

20220202_0001_20

カツミ製PS16ですが、右が真鍮線とプレス製間接パーツ組み立ての古いもの。左は下枠がプレス抜きとなった後年の製品です。

20220202_0002_20

共に一旦バラし、外れた襷を新たに真鍮線から修復。関節も嵌め直し、カタチを整えて再塗装したらご覧の通り。まだまだ使えそうです。

 

 

2022年2月 3日 (木)

デスクの横に

こんなヤマができています。単純作業が続くとうんざりです。

20220121_0002_18

単純作業が続くと、つい他のことに浮気したくなって、しばしば中断します。

 

2022年1月27日 (木)

単純作業

ここのところ、時間を見て進めている単純作業で嫌気がさしています。

1.0t×30㎜幅の真鍮板を123㎜長にカットして・・・、その端材からさらに小さな部材を切り出して両端中央部にハンダ付け。

20220115_0002_18

そして1.6㎜の下穴を開けてから2.0㎜のタップを切る。

20220115_0003_18

こうして8枚が出来上がりました。床下機器の取付板にします。ペーパールーフの車両では、この程度の重量で台車、車輪と共にそこそこの自重になるので、付随車にも助かります。

 

 

 

2022年1月 2日 (日)

新年早々に悲しい報せが!

元日の夕食は早めのスタートで、いつもは買えないちょっと高価な純米大吟醸で心地良くなっていたとき・・・、地元の趣味仲間ご逝去の報せが入りました。

奇車怪社さんこと柚木明宏氏の奥様からでした。12月17日の朝5時、室内で倒れていらしたとのことで、急性心不全と。享年65歳。なんとも悲しい報せに、言葉が見つかりませんでした。

20200917_0020_15_20220102001901

写真は2020(令和2)年9月、氏のお宅にお招き頂いた時、工房の入口へのご案内のお姿です。

実はその前、奥様が所用でご不在ということで、氏手作りによる感染防止アクリル板を挟んでの会食が行われていました。

20200917_0001_15_20220102002201

手の込んだお料理をご用意頂き、持ち寄った高級酒も含めてワイワイと。

20200917_0006_15_20220102002201 

そして工房見学となったのでした。工房は玄関横の専用ルーム。机上には専用カッター台がセットされていました。

20200917_0028_15_20220102002201

ここでこうやってスーっとね、ってご教示頂きました。これは確か収納箱の製作だったかと。

20200917_0025_15_20220102002301

出来上がった車両はちょうど良い高さにセットされた試運転線で、いつでも走らせることができます。背景のシールがイイですね。

20200917_0031_15

完成した車両群は、これまた手作りの収納箱に入れられて、試運転線路の上部に整理されています。

20200917_0022_15_20220102002501

こうして作った未完成の車体、お仲間に差し上げて「この次までに完成させてね」と言われていましたっけ。

20200917_0032_15_20220102002501

あ~あ、その車両の完成した姿をお見せできなくなってしまいました。

折角地元でのお仲間を得られたのに・・・、本当に悲しいことです。心よりご冥福をお祈りします。

 

 

2021年11月27日 (土)

多摩のもレール2021.11

モノレールではなくのもレール。多摩で飲みながらレール談義という集まりが、コロナ禍も収束しつつあることから再開となりました。残念ながら今回は、義父さまの容態芳しくないとのことで急遽の帰西(兵庫県に帰るのに帰阪と言うのはおかしいという方に忖度)されたU氏が欠席、11月中旬に4名での集まりとなりました。

今回の一次会場は“焼売のジョー”、“多摩のもレール”ですから、先ずはこれが無くては始まりません。

Dsc_0583_25

 

早速出現したのはY氏製作の動力ユニット。安価なパーツを使われた見事な設計です。

20211117_0059_17

様々な動力装置を考案し、何処まで軸距を詰められるかと挑戦した車両も登場しました。確か軸距19㎜だったか。

20211117_0065_17

続いて凸型機関車ですが・・・、

20211117_0067_17

なんと車体はキャブ、ボンネットがそれぞれバラバラにと。

20211117_0068_17

 

続いてはI氏から、エコーモデルのキットを組まれたという汽車会社製35t 1C1タンク機関車。キットの値段は52,000円と高価なものです。見事な出来でした。

20211117_0070_17

すると、この機関車に繋げるのがお似合いと、K氏が取り出したのは郵便車。細かい説明はビールのせいで忘れましたが、前回の多摩のもレールでは真鍮地肌だった代物です。

20211117_0072_17

 

蒸機と古典客車談義の後に登場したのはY氏製作の京王井の頭線? 17メートル4扉なんて居ませんでしたが、戦争被害が大きかった同線に、こんな車両が登場していたとしても違和感なしです。

20211117_0075_17

 

すると今度はK氏から正当京王帝都2010系が。京王のグリーンと東急グリーンは違うよと、5000系青ガエルまで。京王はアマミヤ、東急は谷川だったかと。OER3001の上田丸子の左右は、いつもながらに素晴らしい出来でした。

20211117_0076_17

 

今日はこのくらいかと思っていた矢先、さらにK氏の作品が続きます。塗装までも大変そうなDF91。

20211117_0077_17

真鍮工作派だとばかり思っていたら、K氏はペーパーまで! あの秋田の電車を作ってしまいました。

20211117_0078_17

と思った矢先に登場したのは2両のクモヤ。この頃になると、ビールも回って話しの詳細を記憶していません。

20211117_0083_17

 

お仲間との模型談義は実に楽しく、一次会場だけで終えるのはもったいないということで二次会場へ。またまた楽しい談義が続きました。

Dsc_0584_25

いや~今回もまた、刺激を多く頂きました。0番運転会の余韻に・・・だけではいけませね。手を動かさなければです。

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2022年5月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他社線ご案内

無料ブログはココログ