鉄道

2021年10月19日 (火)

桜木町駅のイベント

友人ノッチさんから斯様なイベントがあることを知り、わざわざ出掛けるべきか悩みながらも、客車内に入れるということで出掛けることにしました。

246039184_407101457698314_73092027574412

ところが、なかなか手強い。簡単には行かせてくれません。この謎解きとかいうものにチャレンジしなければならず、あの東大出の柔らかい頭が必要です。謎1だって「テイキケン」と判明するのにかなり時間が要ったし、これ全部解くのにいったい何分必要なのか?

245713809_407101514364975_59966862396937

でもなんとかクリアして、1872(明治5)年10月14日、新橋からここ横浜(現・桜木町)に走った列車に。

20211017_0017_15

1号機関車と呼ばれる機関車ですが、展示されているのは110。これは当時イギリスから輸入した10両の機関車の内の10号機で、後に110形とされたものです。

20211017_0031_m

その当時の客車というのがこれ。レプリカではありますが、念願叶って車内に立ち入ることが許されました。他の見学者が居なくなるのを気長に待って撮れました。

20211017_0023_m

天井照明はガス灯を模したLEDが、いかにも頼りなく、明るさ不安定な様子を再現していました。

20211017_0018_m

だ~れも居なくなったところでこの一枚。

20211017_0027_m

機関車にしっかり連結されて、桜木町に展示されています。

20211017_0030_m

この客車の側面には良く判らない表示。しかし英語標記をみて解りました。二等車ですから上から2番目のクラスだったようです。

20211017_0011_15

そうですよね、この背もたれの無いロングシート状の客席。

下等車だと前後方向に移動できない左右の側戸から乗降する向かい合わせ座席でしたからね。なんだかこんな模型もイイものだななどと・・・危ないアブナイ、明治の汽車に手を出したら大変大変。

 

 

2021年10月12日 (火)

1964年田端

前回の東京オリンピック“TOKYO 1964” の開会式は、忘れもしない10月10日。統計的に“天気の良い日”として決められたからでした。IOCが今のような商業主義ではなく、米国の都合に合わせる必要も無かったからこそで、前日までの雨が止み、青空にブルーインパルスが描いた5色の輪を見たものでした。

そんな1964(昭和39)年10月に、父が撮影していた写真の中から田端機関区を見付けました。EF80 34と読めるようです。

Ef80_n

もう一枚はEB10の1号機、パンタはPS13ですね。

Eb10_n

父は何をしていたのか、仕事では結構外回りをしていたようで、その途中で撮った東京のシーンが興味深いです。画像は何れもハーフサイズカメラによるもので、画像修正ソフトで加工しています。

 

 

2021年10月10日 (日)

C5631号機

立派な建物の中に保存されたC56 31号機を見てきました。

20211009_0017_m2

日頃はあまり近寄りがたいとは思わない靖国神社の中にある遊就館。1階入口部分だけは無料で見学できると聞き、出向いてみました。

20211009_0005_m

ご存知のファンも多いことでしょうが、第二次世界大戦では90両のC56が南方に徴用されたそうで、この31号機は七尾機関区所属だったと。

20211009_0007_m

あの泰緬鉄道の開通式に参加した機関車と紹介されています。

20211009_0009_m

1977(昭和52)年までタイ国鉄で活躍した後、関係者の尽力によって1979(昭和54)年に「靖国神社に奉納された」と紹介されています。タイ国鉄時代の連結器と、なんだかよく判らない空気管が付いたままの姿です。

20211009_0010

動輪周りは良く研かれていて今にも動き出せそうです。

20211009_0014_m

「神社に奉納された機関車」ですから、なかなか理解しづらいこともありますが、鉄道ファンとして見学できることにはそれなりの価値があると思います。

説明パネルには美しそうな文章が記されていますが、全長415㎞の泰緬鉄道建設は1年3ヶ月という早さ。これに鉄道第5、第9聯隊を中心に、連合軍捕虜や現地住民など約17万人が従事したということを知ると、随分酷いこともしたのだろうと、心が痛みました。

保存機関車を見て、複雑な思いになり、次に向かった場所は「昭和館」でした。

 

 

2021年3月18日 (木)

マンサードルーフの駅舎

先日、東急線ワンデーパスを使って出掛けた折、乗り換え以外ではほとんど乗降した記憶が無い駅で下車してみました。NHK大河ドラマで注目が集まる渋沢栄一らによって開発された高級住宅地、世田谷区だと思っていたら大田区だったのですね。

小田急沿線で育ったOER3001氏にとって、「調布」は1913(大正2)年の京王電気軌道開業以来京王の駅だと信じていましたが何と、その10年後の1923(大正12)年、目黒蒲田電鉄開通の時の駅名が「調布」だったとか。1926(大正15)年1月1日に「田園調布」に改称したということです。

1923年から1926年までの3年間、多摩川左岸に2カ所の「調布」が存在していたことを知りました。

20210304_0024_15

東横線、目蒲線の地下化に伴って1990(平成2)年に解体されたマンサードルーフの旧駅舎は、2000(平成12)年に見事に復元、街のシンボルとなっています。

20210304_0025_15

マンサードルーフと言えば小田急にも。向ヶ丘遊園駅は1927(昭和2)年開業以来の駅舎が現役です。

20180710_0005_25(2018年7月撮影)

とは言いますが、1997(平成9)年5月撮影の画像とは少々異なるようです。当時は2階窓下の立体感、窓左右に2本づつ縦に装飾があったのですが・・・。

19970510_0015_15(1997年5月撮影 )

折角大切に残すなら、もう少し心遣いが欲しかったのですがね。東急さんの復元は立派です。小田原急行鉄道の社紋を残していることだけは良しとしましょうか。

因みにこちらを向いている女性は、面識の無い単なる通行人でした。

 

 

2021年1月13日 (水)

今日の一枚 No.95

1966(昭和41)年6月のようです。 新宿駅3番線に停車するクハ76 057を最後とする37M列車、甲府行を撮っていました。 勿論カメラはハーフサイズのCanon demiなのでアップに耐える画像ではありません。

19660600_25

ただこれだけの写真なのですが・・・、クハの正面背後に見える“Keio”の文字は京王線新宿駅上の京王百貨店で、画面右上には、その後小田急百貨店の一部となる地下鉄ビルが建設中(帝都高速度交通営団建設)で、その間にはまだ小田急百貨店の本館となるビルの姿は見えません。

現在小田急百貨店となっているビルを含む一体が2029年、48階・高さ260メートルの高層ビルに生まれ変わるというニュースが発表され、今の西口開発の歴史を見て育った立場として年輪を感じます。 ちょうど先週から書店に並んだ雑誌に、興味深い記事が掲載されました。

136119418_1698040880375888_2925639446976

著者は建築家の乾純氏。 多面的に活躍されて居られる方のようですが、まさかあの方と同姓同名の方がいらしたとは驚愕です。

135602783_1698040850375891_5702624861101

その雑誌がこれ、なかなか読み応えある内容です。

136186858_1698040670375909_1366853643674

鉄道好きには駅は魅力的な場所ですが、「駅」の捉え方だけでも多くの視点があります。 その駅について、コロナ禍で利用が自粛されている折、知識を広め、深めてみるのも一興かと思います。

 

 

2020年12月10日 (木)

再び_凄いポイント

2019年6月19日付け「凄いポイント」の続編ですが、今度は下りホームの先端から。 再び乗り換えの時間があったものですから、ゆっくり観察しました。

20201206_1045_18

複合分岐器と呼ぶらしい手前の左右2器は、その先でダブルクロスに繋がります。 なんだかんだでここで20分ほど見入ってしまいました。

模型で省スペースを余儀なくされる場合、随所に斯様な配線を採り入れることができればかなり効果があるのですが・・・。

2020年12月 3日 (木)

MSE

MSEと聞いて思い浮かべるのは青いロマンスカー。

「多彩な運行が可能な特急列車」という意味で "Multi Super Express" の頭文字を取ってMSEと名付けられましたが・・・。

20201130_1020_18

ほぼ改良工事を終えた代々木八幡駅を、上り方の踏切から撮っていました。

20201130_1022_18

ふと、その遮断機に目が止まりました。 見慣れた遮断機ですが付けられているプレートに目をやれば何と!!

20201130_1024_18

日本信号株式会社製造の「MSE形電気踏切しゃ断機」と言うのだそうです。

20201130_1023_18

折角なので、「MSE形電気踏切しゃ断機」が下りた踏切で、MSEを撮りました。

20201130_0035_18

「MSE形電機踏切しゃ断機」のMSE形とはどう言う意味なのか、日本信号株式会社のHPで製品情報を調べてみましたが、残念ながら判りませんでした。

 

 

2020年10月 1日 (木)

ロムニー鉄道

英国のドーバー海峡沿岸の海岸線を走るロムニー・ハイス・アンド・ディムチャーチ鉄道ではありませんが、同社とともに美しい湖水地方の森林を走るレイブングラス・アンド・エスクデール鉄道の2社の協力を得て、1990年に修善寺に開園した「虹の郷」園内を走る軌間15インチ、全長2.4㎞の鉄道です。

なんと言っても目玉は蒸気機関車(OER3001氏はSLとは言いたくありません)です。 この機関車はNorthern Rock II(ノーザン・ロックⅡ号 )と名付けられたもので、1989年レーブングラス・アンド・エスクデール鉄道製とありますが、同社で使用されていたものを譲渡されたものなのでしょうか。

19930806_190606__15

OER3001氏は、開園から間もない1993年8月に初めて訪問しました。

19900823_170313_15

きれいに磨かれた蒸機は、電車好きのOER3001氏でさえ気に入ってしまいました。

19930806_190611__15

蒸機は投炭、給水などの運転整備に時間がかかるようで、朝方はディーゼル機関車が登場することが通常のようでした。 当時「SL列車が走る虹の郷」と宣伝していたこともあり、開園時間早々に訪れたのに、走っているのはディーゼルのみ。 事務所にクレームを付けに行ったら、午後から走らせますとの回答でした。

19900823_170312__15

とは言えこちらのディーゼル機関車もなかなかのもの。John Southland II(ジョン サウスランド Ⅱ号)と名付けられ、1988年のT.M.A社とあります。

19930806_190609_

赤い客車を牽いて走る姿は好感が持てます。

19900823_170317_15

昨年、運営していた「伊豆市振興公社」が、同園の経営難を理由に運営から撤退したことから、存続が危ぶまれましたが、新たな指定管理者の元で運営が継続されたようで一安心です。

機関車は蒸気機関車2両、ディーゼル機関車2両の4両が在籍、常時2両で運行している筈です。 既に子供も親となったので、今度はゆっくり訪問してみたくなりました。

 

2020年8月21日 (金)

今日の一枚 No.73

グリーンピア二本松が閉園になるとの情報を得てから、最後の活躍を綺麗な姿でとの願いから、有志と「あだたら号」の化粧直しを申し出てた思い出がありました。

開園前の機関庫での整備の際、機関車をピカピカに磨き上げ、前梁の剥げていた塗装を綺麗に赤く塗装してあげました。

残念ながらこの日はしとしと雨で、「あだたら号」の涙だったのかも知れません。

20020623_20190305_0031_15

梅雨未だ明けない季節、園内は黄色い花が鮮やかでした。 ご一緒した皆さま、その節は大変お世話になりました。 この日のこと、深く思い出に残っています。 

2020年8月 8日 (土)

今日の一枚 No.69

気軽な工作に取り組んでいる筈なのに・・・、参考にしたくなってしまいました。

20010902_0025_15

グリーンピア二本松で走っていたナローの「あだたら」客車。 このとき結構しっかり観察するとともに、ディテール撮影をしていました。 まさか今になってこの写真が役立つことになるとは・・・。

 

より以前の記事一覧

フォト
2021年10月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

他社線ご案内

無料ブログはココログ