鉄道

2024年6月27日 (木)

神戸・川崎車輛

OER3001氏が鉄道に興味を持ち始めた小学生時代、3年生だか4年生の時だったか、車内妻板上部に製造所のプレートが取り付けられていることを知りました。当時の小田急線では吊り掛けのABF車までは真鍮エッチング製、カルダン車からはアクリル製に変わりましたが、2200形の1次車は真鍮だったかな?記憶がはっきりしません。ABF車でも車体更新されて車内が化粧板になったのはアクリル製でした。

そして覚えたのが「日本車輛」「川崎車輛」「東急車輛」。何れも学校で習った「車両」ではなく「車輛」だったことを鮮明に記憶しています。

神戸に行ったのなら、「川崎車輛」をこの眼で確認しないわけには行きません。和田岬線に乗ったのも、それが理由でした。和田岬駅から歩き始め、神戸市電を見たら直ぐ運河。「兵庫運河」だったのです。運河の右手に、青いシートが掛けられた完成車両が何両か見えました。

20240615_0149_15

兵庫運河を渡ると左側が川崎車輛の工場地。その先の“隙間”を、和田岬線の207系が通過して行きました。

20240615_0150_n15

この先を左折すれば、工場の中央を横切れる公道なのですが、そこから工場方向へは「撮影禁止」と大きく表示されています。

紳士的なOER3001氏は、首から下げたコンデジで隠し撮りなどと言うことは致しませんでしたが、EF510、JR北のH100、JR西227系のような姿を確認しつつ通り抜ければ、もう一つの橋向こうに、社屋の前に0系新幹線と憧れのこだま型電車が並べられているのが見えます。

20240615_0158_15

残念ながら土曜社休日と言うことでもあり、敷地内には立ち入ることはできないので、公道からその姿を眺めるしかありません。

20240615_0161_15

それでも社屋のロビー内、ガラス越しに台車や模型が展示されているのが見えます。台車は1949(昭和24)年に製造され山陽電気鉄道831に装着されたOK-3形だと言うことです。

20240615_0163_15

結局この日は、和田岬駅から兵庫駅を通り過ぎ、神戸高速線大開駅まで歩くと言う、良い運動になりました。

 

2024年4月12日 (金)

京都鉄道博物館へ(プロローグ)

この日、のぞみ291号の乗客となり、ここ梅小路京都西には10時前に到着しました。お多福のように見える先頭車間転落防止幌はどうも気に入りませんが “前パン”はカッコイイ。

20240301_0041_18

梅小路京都西駅の東側(西の東?)には京都市電の2001号が保存されています。

20240301_0043_18

現役時代の写真が無いかと探してみましたが・・・、残念ながら2001号はありませんでした(涙)。活気があった京都駅前の画像で我慢。背後のビルは京都中央郵便局ですね。

19760905_040614__14

日立KL-11形台車もしっかり見ておきます。

20240301_0044_18

初めて訪れることになる京都鉄道博物館、正面入り口横には風格ある建築物が。明治37年建設で京都市指定有形文化財に指定された旧二条駅舎です。

20240301_0048_18

その前には動輪が。残念ながらこの動輪に関する説明が立ち入り可能な場所に無く、詳細は判りませんでした。

20240301_0049_18

その二条駅、現在は高架島式ホームになっているのです。

20130124_0021_33

周辺を見てからいよいよ入館することとします。早くに到着したので、駐車場もまだ空いています。

20240301_0042_18

ゲートから直ぐ、懐かしい車両の姿が見えます。

20240301_0047_18

ここに入館したらいったいどのくらいの時間が経過するのか? 以後の予定は無計画として、JR東の鉄道博物館、JR東海のリニア・鉄道館、JR九州の九州鉄道記念館と比較してみたいと思います。(以後不定期掲載)

 

2024年2月26日 (月)

お茶の水で

買い物に出掛けた折、ちょっとだけ足を止めて。

もう全て置き換わってしまったのかと思っていたら、現れたのは02系。水面に写る聖橋と一緒に撮りました。

20240220_0102_18

どうせなら赤い奴もと待っていたら3本目。02系はまだ健在だったようです。

20240220_0129_18

中央線のE233系も撮っておかねばなりません。

20240220_0118_18

総武線のE231系も来てくれましたが、こういう時に地下鉄は通らないのですね。

20240220_0120_18

この辺りは出掛けたたびに撮ることが多いですが、JRとメトロが両方撮れたことなど残念ながら記憶がありません。まあ絵本ではないからそんなものですね。

 

 

2024年1月29日 (月)

JIDA DESIGN MUSIUM Vol.25展

現役時代には主に夜だったが、真昼間の六本木に行ったのは何年ぶりのことか? 懐かしく思い、東京メトロ日比谷線の駅を降り、地上に上がればキョロキョロ。随分変わりましたね、六本木。飯倉方向に歩くと右手にあったロアビル(共同ビル)は仮囲いで覆われていて、近いうちに解体されるようです。

OER3001氏の目的はここAXIS。定年退職後の仕事で関係が出来たJIDA公益社団法人日本インダストリアルデザイン協会 )が本部事務所を構えるおしゃれなビル。ここで開催された「JIDA DESIGN MUSIUM Vol.25展」を見る目的でした。

20240119_0023_20

1階の入り口。ブラッセリー・ヴァトウの横の空間を通り抜けます。

20240119_0024_20

早速展示アイテムのひとつ、黄色いトヨタ・プリウスが中央に。エレベーターで4階へ。

20240119_0020_20

優れたデザインのアーカイブを目的として1998年に発足したJIDAデザインミュージアム活動の25回目となる今回は、219点の推薦から60点がセレクションとして選定され、4階の会場他に展示されました。

20240119_0017_20

対象は日用品や家具、モビリティなど、多岐にわたります。

20240119_0018_20

1点1点見入りましたが、中でもとりわけこれが。とても会場に持ち込める代物ではないのでパネルですが。

20240119_0004_20

京都市交通局・地下鉄烏丸線に登場した20系車両。比較的大人しく見える車両デザインは、工業デザイン専門家や公募委員などをメンバーとする懇談会を経て、市民や利用者の投票で決められたもので、近畿車輛が製造を担当しています。

20240119_0002_20

先頭部のクレーモデルも展示されていました。東京に住む身には遠い存在なのですが、色々なところに気が配られた車両です。

20240119_0016_20

もう一つの鉄道車両は大阪メトロ・中央線の400系。奇抜なスタイルはGMやポルシェ、フェラーリ・エンツォフェラーリ、マセラティ・クアトロポルテなどのデザインで有名になったケン・オクヤマこと奥山清行氏によるもの。大阪・関西万博に向け、「活力インフラ」の中心となる夢洲へのアクセス路線に相応しい近未来的な宇宙船イメージのデザインとしたらしく、日立製作所が製造。

20240119_0003_20

財政が厳しい大阪市から民営化された途端に、高額なデザイン料が払えるようになったのですね。しかしOER3001氏にはどうも・・・。わざわざ乗りに行きたいとは思いませんが、乗ってみたら気に入るのだろうか?

時には視点を変えて、車両デザインを見るのも良いですよ。

 

 

2023年10月28日 (土)

JAPAN MOBILITY SHOW 2023

隔年で開催されてきた「東京モーターショー」から「Japan Mobility Show2023」と名称変更、自動車業界だけでなく、様々なモビリティ産業も一緒に多くのお客様に「未来の日本」をご体感いただく場としての開催だそうですが、縁あってプレスデーにご招待頂けました。

Dsc_1735_25

ガソリン車からハイブリッド、そしてEVへとシフトしている自動車分野。

20231026_0001_16

トヨタも日産他各社ともコンセプトカーを並べています。

20231026_0010_16

そんな中、スバルは“空飛ぶクルマ”も。クルマに似せた外観ながら実態は“ドローン”のようです。

20231026_0007_16

出た、ホンダはジェットです。

20231026_0013_16

また、先のスバルのようなドローンをベースにしたような乗り物も展示していました。

20231026_0018_16

「空を飛ぶ」ということには多くの企業が取り組んでいることがわかりました。

20231026_0032_16

OER3001氏にとってはこちらです。やはり線路の上を走る乗り物ですよ。

20231026_0031_n16

5月下旬に、鶴見線で試験走行する姿に出合ったFV-E991系です。

20230531_0059_16_20231027104901

その内のFV-E990-1だけ展示されています。動力を持たない制御車(クハ)だけが展示されています。

20231026_0020_16

この「クハ」に、水素タンクや燃料電池といった新時代の武器が搭載されているのですから。

20231026_0025_16

それでも37.3トンという自重です。試験走行時にはじっくり観察できなかった床下機器、ゆっくり観察・記録することができました。

今回のイベントでマスコミ各社から注目されたのがこれ、ツバメインダストリの登場型ロボット「アーカックス」でした。

20231026_0035_16

これが「乗り物」かとも思うのですが、300万ドルでの発売だとか。一体どんな活躍を見せてくれるのか楽しみです。

この“JAPAN MOBILITY SHOW 2023”は11月5日まで。ご興味ある方は是非、東京ビックサイトへお急ぎください。因みに東京ビックサイトへの移動には、新橋か豊洲からゆりかもめを利用するのが主流でしたが・・・、

今回は帰路にBRTを利用してみました。運賃が220円とゆりかもめより安く、新橋までの所要は20分弱と便利です。因みに車両はこのデザイン。

20231025_0195_16

連接バスもありますが、残念ながらこの日に利用したのは普通の車両でした。

 

2023年9月22日 (金)

「ひかり」は西へ

そんなコピーがあったことを思い出しながら、久しぶりに「ひかり」に乗ります。

20230918_0012_16

高校の修学旅行で降りた姫路で下車です。

20230918_0052_n16

姫路と言えばほとんどの人は世界遺産である姫路城、白鷺城とも言われる白い外観を思い浮かべるでしょう。その姿は姫路駅の改札を出ればすぐ見ることができます。

20230918_0056_16

OER3001氏には城見学予定は無く、駅コンコースの模型で済ませます(笑)。

20230918_0053_16

目指すところはこちら。改札は百貨店が入るターミナルビルの2階。

20230918_0057_16

小田急、京王、東急、西武、東武など、東京の大手私鉄にもターミナルビルから発着する姿がありましたが、近年地下化されたり通り抜けスタイルになるなど、“正当ターミナル”の姿が無くなりつつあるようですが、こちらは堂々としたものです。

20230918_0058_16

改札を抜ければ4線の櫛形プラットホーム。OER3001氏が好きなカタチの電車が停まっていました。

20230918_0060_16

その内の1本が発車して行きましたが、3両編成というのも模型的で好感が持てます。

20230918_0063_16

ところが、乗車予定していた特急はなんと、6両編成の他社車両です。

20230918_0070_16

しかも、こんなプレートが掲げられているではないですか!

20230918_0072_16

側面に目をやれば、窓ガラスにも。

20230918_0075_16

「あれ」ですか、「A.R.E.」(Aim! Respect! Empower!)だそうです。

20230918_0076_16

車内にもこれが。まあ時期が時期だけに、これも良い記録だとしましょう。

20230918_0077_16

そんな電車で山陽路を楽しませて頂き、車窓に広がる瀬戸内海を眺めます。

20230918_0083_16

天気にも恵まれ、明石海峡大橋や須磨辺りからの眺めは気持ち良いものでした。

20230918_0085_16

地下に潜った新開地で阪神車にさようなら。阪急車に乗換えようとすれば車番が1000ぴったり。SDGsトレインだそうです。

20230918_0090_n16

久しぶりの関西訪問。先ずは山陽路の「乗り鉄」から始まりました。

 

 

2023年2月28日 (火)

近隣の変化

一度もお話しする機会はありませんでしたが、きっと相当なファンなのでしょう。OER3001氏の自宅から直線距離で1キロ程の場所に、廃車となった貨車が奇麗な姿に保守されて、しっかりした軌道上に永年置かれていました。腕木式信号機もあり、併設された立派な小屋と共に、時折集会が持たれていたようです。

Eukfhukvkamtind_202102(画像はtwitterより

その「ヨ5001」が、突如移動することになったようで、1月17日に搬出されたとのこと。

Fmpxigfakaqfbmm_20230123(画像はtwitterより

ヨ5001が搬出された後です。

20230124_0003_16

そして、斯様な地に引き取られて行ったと、後にtwitterで知ることになりました。

Fmuomjbacaacgg1_20230118(画像はtwitterより

これがどのように活用されるのか楽しみです。

ヨ5001が去った地にはまだ、ワラ16687と書かれた車体が残っているのですが、ワラの左妻に怪しいものが無造作に立て掛けられていました。

20230124_0004_16

妻側に回ってみればこんな状況です。

20230124_0006_16

一応私有地なので立ち入ることは控え、敷地外からズームアップしてみたら・・・

20230124_0007_16

上野駅の常磐線発車時刻表ではありませんか。いつのものかは過去の資料で調べなければなりませんが、昭和50年代のようです。

20230124_0008_16

これを、管理者から譲ってもらうことになった友人が引き取りに来るというので、現地に行ってみると・・・。

Get出来た喜びで満面の笑みではないですか。全部で何枚あったかこんな大きなアクリル板、全てをこのワゴン車に積むのだと。

20230126_0065_16

なんだかんだ悪戦苦闘して、欲しいだけ積み込み完了。その満足げな表情と併せ、緩むおなかも少々消しておきました。

20230126_0068_16

これだけの物量、いったいどうするのでしょう?

先が心配楽しみです。

 

 

2023年2月26日 (日)

明治に会って来ました!

とある事情から、曇天下の都心で生じた3時間余りをどう過ごすか。

定年後2年半にわたり利用していた“ゆりかもめ”に乗ることにしました。五輪談合の根源・電通本社を背に、新橋駅へ入線して来たのは44編成。

20230224_0029_16

豊洲方先頭の7341、ゆったり最前部席を確保しました。この風景も懐かしく思うようになったのが不思議です。

20230224_0030_16

下車したのは終点・豊洲の一つ前、新豊洲。芝浦工業大学付属中学高等学校100周年記念事業として、西武鉄道から寄贈を受けた「旧鉄道院403号蒸気機関車」が、2022年11月から復元保存公開されています。先ずは校舎側から。

20230224_0032_16

校舎を背後にした姿がこの地での主なのでしょうが、どうも公式側ではないので違和感があるのは仕方ないことなのか。

20230224_0033_16

それでもこんなに奇麗になったのは素晴らしいと思います。復元と言えども自動連結器や前照灯形状に違和感ありですが、これも我慢しましょう。

20230224_0034_16

機関室内は、アクリル板で防御されていますが奇麗です。

20230224_0039_16

正面左には、簡潔ながら適切にまとめられた案内板。

20230224_0037_16

併せて機関車の土台が、「高輪築堤」の築石を港区教育委員会と東日本旅客鉄道株式会社の寄付により、オブジェとして設置したとの説銘板も。

20230224_0038_16

この築堤オブジェに乗った機関車の姿、その時代に心を寄せると見飽きません。

 

20230224_0055_16

メトロ有楽町線・豊洲駅からも徒歩10分弱なので、わざわざ“ゆりかもめ”を利用することもありません。とは言え、これを見るためだけにここまで足を運ぶのはちょっと、と思っていたのですが、今回はちょうどよい時間つぶしとなりました。

 

 

2022年9月22日 (木)

鉄道150年 記念切手

発売となった9月21日、一応買っておきました。折角なので2シート。

20220921_0001_15

シート左下の標記を見たらなんと、OER3001氏が勤めていた会社。他所の会社でなくて良かった。やはり嬉しいものです。

20220921_0002_15

取り上げられた車両で一番は当然これです! ただ、おそらく経堂工場に搬入直後の写真から起こした画と思われ、パンタグラフが上がっていないのが残念。こう言う所、しっかり監修して欲しいですね。

20220921_0003_15

二番目はこれですよ、151系特急電車。運転台が2階にと宣伝され、パーラーカーを含む豪華さは夢のような存在でした。

20220921_0004_15

そして三番目はモハ90、暗いチョコレート色ばかりだった国鉄電車の中、オレンジ色を纏って現れた101系は衝撃的でした。

20220921_0005_15

夢の超特急と言われて登場した0系新幹線は、当時はイマイチ好きになれない存在でしたが、1号機関車から新幹線に加えてED75とEF510の寝台特急までが描かれた切手シートが、またコレクションに加わりました。

2022年9月 9日 (金)

東京駅

小学生の頃、「国鉄の駅で、日本で一番高いところにある駅は?」という問いかけがありました。

鉄道が好きだったOER3001氏は、地元の小田急線全駅を暗記していたなど、クラスメイトより“もの知り”だと自信があったので「小海線・野辺山!」と答えたら・・・、なんと「東京」だと。

なんで?? 全ての列車は「下り」で発車するからということで、標高ではなかったのです。それは良いとして、東京駅という存在は何か特別なものを感じざるを得ません。丸の内駅舎は壮観で素晴らしい存在だと思いますが、その全景はなかなかカメラに収めきれません。

20220907_0007n15

背後に高層ビルが建ち、少しアップしなければ威厳が伝わって来ません。

20220907_0006n15

ここまでアップすれば何とか。とは言え、この中央部の屋根は北口、南口のドーム経常に比べると貧相です。

20220907_0008n15

折角なので、和田蔵門まで下がって御幸通りの街灯を入れてみましたが、今度は背後のビルや屋上サイン、クレーンが邪魔になります。

20220907_0022_15

雨が降り出しそうな天気だったので人出が少なかったですが、好天時だと撮影に苦労します。

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2024年7月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他社線ご案内

無料ブログはココログ