鉄道模型(運転会)

2023年1月19日 (木)

東武ロマンスカー

標題を「東武ロマンスカー」としましたが、「ロマンスカー」の名称は1996(平成8)年12月3日をもって小田急の登録商標となっており、現在では東武を含めて他社では使えなくなりました。

因みに他社で「ロマンスカー」として製造された車両は、2012年に長野電鉄2000系が引退したことで無くなっています。

東武ではデラックスロマンスカー(DRC)1720系が長くフラッグシップでしたが、その前に誕生している1700系は好感の持てる車両でした。某誌からプレゼントされた真鍮キットを組んで、OER3001氏のコレクションに加わった次第です。先日S氏宅で開催された運転会で、久しぶりに走らせることができました。

20230114_0039_15

和室の築堤を走り抜け、複々線区間にかかります。

20230114_0032_15

このレイアウトは全6エンドレス(内2線は未開通)という壮大なものです。

20230114_0029_15

4エンドレスそれぞれが副本線を擁するので、目の前は8線。いったいどれが自分の車両が通過するのかわからなくなってしまいます。

20230114_0026_15

LEDが無かった時代の作品なので電灯類は全て豆球ですが、なかなか良い雰囲気です。

20230114_0020_15

室内灯の効果で、一人分づづシートカバーを掛けた背もたれが映えます。

20230114_0019_15

存分に走り回って、駅に戻って来ました。

20230114_0017_15

それにしてもご自宅に、こんな素晴らしいレイアウトを作った(途上)S氏には脱帽です。楽しませて頂きありがとうございました。

 

 

2023年1月 3日 (火)

フリーを楽しむ

新年開けて最初の模型題材はフリーから。

とある田舎の隠れ家で開催された忘年運転会。参加者間では持参車両の事前調整など無かったのですが、OER3001氏は1971(昭和46)年竣功の8000系(右)5連を持ち込みました。

なんと、ぼっちぼちさまも共通設計車両である2300系の4両編成を。偶然のツーショットが実現しました。

20221229_0001_15

折角なので上方からも。両車とも今では考えられないほどパンタグラフの多い車両です。当時のパンタグラフ、今ほど高価ではなかったのでできたことでした。

20221229_0003_15

若き20代の頃、燃えていましたよ。当時の最新型車両を目指した各人の自由設計車両。

実は、その置き換え車両を造る話もあって、既に完成させているメンバーも居るというのに、OER3001氏含む3人は未着工。2023(令和5)年には何とか竣功させなければいけませんね。忙しくなりそうな年明けです。

 

2022年12月 3日 (土)

9000形走る

シニアの運転会、今回はお仲間のご要望で小田急9000形の走行となりました。

20221201_0031n15

模型は1975年の竣功。当時は今のようにパーツもなく、車体は側扉に真鍮プレスパーツ利用のエクセルアイボリー紙ペーパールーフ。床板はt1.0の真鍮版。クーラーは原型を木片とペーパーで製作し、シリコンゴム型によるポリエステル樹脂による量産品。屋根上の避雷器、ヒューズ箱等も角材から自作。

20221201_0003_15

パンタ車にV-19モーターと14:2ウォームギア、インサイドギア駆動を装備という当時の標準的動力で、力強く快走してくれました。

20221201_0009n15

空気溜以外の床下機器も、カワイのホワイトメタルパーツからルーバー部分だけを切り出して利用するなど、殆ど自作です。

20221201_0023_15

レイアウト中央のトラス橋を行くシーンで、相模川橋梁を思い出します。確かこの鉄橋を架け替えた時の宣伝ポスターで、9000形が渡るシーンを見た記憶があるのですが、残念ながらOER3001氏はここで9000形を撮っていませんでしたので1000形でご勘弁。

20200121_1003_15

9000形だったらこんなシーンだったことと思います。

20221201_0021_15

動力車2両/4両編成だけに、この勾配線も問題無く完走してくれました。

20221201_0024_15

精魂込めて製作した47年前の作品。実車はとっくに引退してしまいましたが、模型はまだまだ活躍してくれそうです。

 

 

2022年10月21日 (金)

刺激を頂いた作品

合同運転会は、走らせて楽しむのは勿論ですが、他の人の作品に出合えることも喜びの一つです。今回はN村さんの作品にから多くの刺激を頂くことができました。

ときわレール倶楽部のレイアウトに並べらた常磐線のステンレス電車、この3編成はどれもペーパー自作です。

20221009_001615

近年パーツも高騰している中、床下機器もその殆どが角材と紙片他の材料を駆使した自作。制御関係機器は実に見事なものです。

20221009_0012_15

交直流電車の集電関連機器は、パーツを買おうとすれば、ほぼ樋口一葉さんが飛んで行くという状況なので、創意工夫を重ねて自作されています。

20221009_001315

この車両の屋根上も同様です。

20221009_001415

このように、創意工夫を重ねて自作する鉄道模型こそ、OER3001氏には良い刺激、お手本になるのです。

20221009_001515

そうして完成した3編成、たっぷりと拝見させて頂きました。N村さんありがとうございました。

 

2022年10月19日 (水)

番外編

3年ぶりの合運なので、つい羽目を外したくなる方もいらっしゃいます。“その時”に備えて、OER3001氏は低重心&車体傾斜装置を備えた高速試験車両クモヤ93000形を用意していました。今夏の第21回JAMでの50m直線に於いて最高速度を競うスピードコンテストでは、実物換算1,208.893km/hを出して出場車中4位となったものです。

対してここでは、曲線エンドレスを3周するというレースで、最高速度がどんなに速くても曲線通過できなければ失格となります。

試合前に3人並んで記念撮影。

3be080f0bc210f4094ba8460750e47c1

I門さんの東海道新幹線試作電車1000形A編成は1686.23km/h(第19回JAM)、2002.557km/h(第21回JAM)の記録保持車です。

K野さんの小田急3000形SSE車は891.95km/h(第19回JAM)の記録保持車。

両車並んで・・・

20221009_0053_15

真鍮製車体の新幹線電車は重心が高くご覧の通り。哀れな結果となってしまいました。

20221009_0052_15

まあ他人のことは言えません。初回の3周ではクモヤ93000形が楽勝だったのですが、再挑戦を受けた2回目では曲線区間での減速に失敗。並走するSSEともども転倒してしまいました。

20221009_0051_15

いい年した大人、しかもシニアが、こんなことに熱狂して良いのでしょうか。反省しなければなりません。

・・・でも、さらに曲線通過性能を上げるためにはどんな施策が、などと考えてしまう次第です。

 

2022年10月17日 (月)

二十歳の頃

「二十歳の頃」という企画テーマが掲げられた「第20回 鉄道模型関東合同運転会in埼玉けんかつ」では、参加者有志がそれぞれの作品を展示しました。OER3001氏が展示したのはこれ。

20221009_0005_15

東急玉川線で活躍したデハ80形の2両編成。デハ80形の誕生はOER3001氏と同じく1950(昭和25)年、そしてこの作品の完成がOER3001氏の20歳の誕生日だったということで、52年前の作品。今回の企画テーマにピッタリでした。

52年前の材料は白ボール。カワイモデル製のブリル台車、カツミのPS16パンタのタスキを張り替えて1本シューに改造。正面のジャンパ受けを真鍮パイプから作り、標識灯や排障器もすべて手作りと、今なら利用できるのパーツがあるのに、床下機器など何もかも手作りでした。

小型の縦型モーターだった動力をパワートラックに換装し、連結器をIMONカプラーに交換して、今も元気に走ります。

 

2022年10月13日 (木)

SE車で愉しむ

コロナで開催が見送られていた「第20回 鉄道模型関東合同運転会in埼玉けんかつ」は、3年ぶりの開催となりました。自分たちで好きなように楽しめる非公開の運転会はサイコーです。「二十歳の頃」という企画テーマに合わせ、昭和に活躍した車両を持っての参加としました。

先ずは小田急3000形SE車。ミュージックホーンも高らかに快走します。

20221010_0002_mvi_moment_50

下北沢を思い出す町並みを行きます。

20221010_0015_mvi_moment2_50

子供の頃、踏切を通過する電車を見るのは楽しかったなぁ。

20221010_0026_mvi_moment2_50

こんな踏切は何処にでもあったけど、高架化や立体化でどんどん消えてしまいました。

20221010_0026_mvi_moment_50

線路脇の桜と言えば、玉川学園前か相武台前付近か。玉川学園の桜はだいぶ伐採されてしまいました。

20221010_0022_mvi_moment_50

伊勢原を過ぎれば、丹沢の山々を背景に、水田が広がっていました。

20221010_0017_mvi_moment_50

大根(現・東海大学前)を過ぎ、トンネル(秦野隧道)を抜けたら、広々とした築堤を行きます。

20221010_0024_mvi_moment_50

今回から登場した築堤モジュールは良い撮影ポイントになりました。

20221010_0016_mvi_moment_50

ということで、モジュールレイアウトならではの走行を堪能させて頂きました。流し撮りにもチャレンジ。

20221010_0011_15

お陰様で鬱憤晴らしができました。サークルの皆さま、ありがとうございました。最後に実車が活躍していた頃の姿を。

196610n

東北沢駅、2600形NHEを退避させて通過して行きました。

 

 

2022年9月13日 (火)

田舎隠れ家運転会2022.9

9月に入って朝夕はだいぶ爽やかに感じるようになって来た中、田舎隠れ家運転会にお招き頂きました。今回は皆さまがあっと驚く車両群を抱えて伺いました。最初は「つばさ51号」、いや客車の走行方向から「つばさ52号」になったかも知れません。

20220910_0018n15

最初はED75牽引です。モデルは常磐線で活躍した機ですが、固いことは言わない。

20220910_0015_15

残念ながらEF71は所有していないので、ED75からはED78に代わります。

20220910_0020_15

そして次は直流機のEF65へ。

20220910_0033_15 

ED78にはぶどう色の10系軽量客車も牽いてもらいました。

20220910_0026n_15

参加した同行者が「電車は?」とか「今日は小田急無いの?」とか。今回は期待に反しての車両で楽しませて頂きました。

 

2022年9月 3日 (土)

小田急1600形

今回のシニアの運転会、やっぱり0-6-0の蒸機2両だけでは物足りず、「電車」も走らせたく持って行ったのが1600形でした。

先ずは持参した3編成の6連で。ペーパー自作は“全検出たて”の汚れのない4両、それにウェザリングが利いた“全検間近”の2両を連結して。大阪在住のT氏がフェニックス製キットを組んだ寄贈車両です。

20220901_0019_15

全車同じパワートラックWB-26B仕様なのに、“全検間近”編成の脚が遅いので切り離して本来の4両編成で。

20220901_0027_15

そもそも1600形が元気だった時代にも、1600形だけで6連を組んだ運用は記憶がありません。1600形から2100形までのABF車が混結して運用されていたのが懐かしいです。

 

 

2022年9月 2日 (金)

0-6-0集合

多摩川畔の模型店2階で開催されるシニアの集まり。今回は、あの天賞堂の歴史ある名機(?)0-6-0タンク機関車を持ち寄ろうということから、OER3001氏は今年になってから入手、整備した7号機、8号機を持っての参加となりました。

20220901_0029_15

フリー客車を4両持ち込みましたが、内2両は昨年12月のイベント装飾のママだったのでここでは出さず。残った2両だけを重連で走らせました。

20220901_0030_15

その後に登場したお仲間の機関車も、それぞれの独自の列車を牽いてエンドレス周回。気付けば全6両の0-6-0大集合となりました。

20220901_0031_15

弊社の7号機、8号機の前後にも同型機。「廃車機が並べられている」と言っていましたがとんでもない。全機現役ですよ。

20220901_0038_15

良い歳した(?)シニアたちが少年時代に帰ったように、大いに盛り上がったひとときでした。

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

他社線ご案内

無料ブログはココログ