鉄道模型(運転会)

2022年9月13日 (火)

田舎隠れ家運転会2022.9

9月に入って朝夕はだいぶ爽やかに感じるようになって来た中、田舎隠れ家運転会にお招き頂きました。今回は皆さまがあっと驚く車両群を抱えて伺いました。最初は「つばさ51号」、いや客車の走行方向から「つばさ52号」になったかも知れません。

20220910_0018n15

最初はED75牽引です。モデルは常磐線で活躍した機ですが、固いことは言わない。

20220910_0015_15

残念ながらEF71は所有していないので、ED75からはED78に代わります。

20220910_0020_15

そして次は直流機のEF65へ。

20220910_0033_15 

ED78にはぶどう色の10系軽量客車も牽いてもらいました。

20220910_0026n_15

参加した同行者が「電車は?」とか「今日は小田急無いの?」とか。今回は期待に反しての車両で楽しませて頂きました。

 

2022年9月 3日 (土)

小田急1600形

今回のシニアの運転会、やっぱり0-6-0の蒸機2両だけでは物足りず、「電車」も走らせたく持って行ったのが1600形でした。

先ずは持参した3編成の6連で。ペーパー自作は“全検出たて”の汚れのない4両、それにウェザリングが利いた“全検間近”の2両を連結して。大阪在住のT氏がフェニックス製キットを組んだ寄贈車両です。

20220901_0019_15

全車同じパワートラックWB-26B仕様なのに、“全検間近”編成の脚が遅いので切り離して本来の4両編成で。

20220901_0027_15

そもそも1600形が元気だった時代にも、1600形だけで6連を組んだ運用は記憶がありません。1600形から2100形までのABF車が混結して運用されていたのが懐かしいです。

 

 

2022年9月 2日 (金)

0-6-0集合

多摩川畔の模型店2階で開催されるシニアの集まり。今回は、あの天賞堂の歴史ある名機(?)0-6-0タンク機関車を持ち寄ろうということから、OER3001氏は今年になってから入手、整備した7号機、8号機を持っての参加となりました。

20220901_0029_15

フリー客車を4両持ち込みましたが、内2両は昨年12月のイベント装飾のママだったのでここでは出さず。残った2両だけを重連で走らせました。

20220901_0030_15

その後に登場したお仲間の機関車も、それぞれの独自の列車を牽いてエンドレス周回。気付けば全6両の0-6-0大集合となりました。

20220901_0031_15

弊社の7号機、8号機の前後にも同型機。「廃車機が並べられている」と言っていましたがとんでもない。全機現役ですよ。

20220901_0038_15

良い歳した(?)シニアたちが少年時代に帰ったように、大いに盛り上がったひとときでした。

 

 

2022年8月23日 (火)

寺子屋運転会

新型コロナ感染拡大の影響から開催が見送られた昨年でしたが、新規感染者数が減少に転じない中での今年、何とか2年ぶりの開催となりました。

1921(大正10)年から使用されている白河駅の駅舎は、東北の駅百選に選定された立派なもの。

20220821_0019_15

その駅から数百メートルの距離にあるお寺の本堂で、早朝から斯様な設営作業です。

20220820_0001_15

そのお寺はここ、大統寺。「夏季寺子屋 鉄道模型運転会」が2日間にわたって開催されるのです。

20220821_0011_15

本堂手前の横には5吋ゲージ線路も敷設され、EF510擬きの機関車も待機しています。

20220821_0014_15

本堂では恒例となった、新白河駅長も駆けつけられての開通式も執り行われます。

20220820_0005_15

始まった運転会、本堂を覗くと普段とは大違いで、なんと賑やかなことでしょう。

20220821_0015_15

南北朝時代の都の仏師の作と推定され、福島県の重要文化財に指定されたご本尊様の下で、母子も走る模型に見入ってくれます。

20220820_0006_15

今年は地元の高校生4人が、1ヶ月半ほどで作り上げたという、白河駅のジオラマを展示してくれました。駅舎はもちろん、カフェ、交番、ロータリー、市立図書館、大福屋(老舗蕎麦店)など、忠実に再現していた素晴らしいものでした。

20220820_0011_15

そして前庭の「北斗星」ヘッドマークを掲げたバッテリー機関車。来場の子どもたちを乗せて周回します。

20220821_0007_15

OER3001氏が持ち込んだ車両群の中で、真面に撮影できたのはこれだけでした。

20220821_0006_15

地元福島県の有志に加えて、宮城県、山形県、茨城県、東京都と、開催に協力させて頂いたメンバーの交流もまた、お寺の導きなのでしょう。楽しい2日間でした。

 

 

2022年8月 7日 (日)

田舎隠れ家運転会2022.8-4

京王帝都を集結させた田舎運転会には、“元京王帝都”も登場です。グリーンの2010系と並んだのは富士急行に譲渡された旧5100系。あのデザイナー氏の手に掛かり、富士登山電車と言う代物にリメイクされてしまった奴です。もちろんペーパー自作ですが、一番苦労したのが彼方此方に施された文字や意匠でした。

20220801_0043_15

あのデザイナーのデザインは全く賛同できませんが、このアテンダントのホスピタリティーは大いに評価できるものです。KATO製品を元に、富士急社員にリメイク。相当な魂をつぎ込んでの作品です。

20220801_0016_15

このアテンダントを2号車に乗せ、エンドレスを快走してくれました。

20220801_0023_15

2013(平成25)年正月には実車とのツーショットを撮るために、誰もいない大月駅のプラットホームで奮闘していたのも良い想い出です。

20130104_0012_20

それにしてもこのデザイナー氏、赤富士をイメージしたカラーリングと言いながら、その後にほとんど同じカラーリングで信濃路を走る電車を登場させるなど、何とデザインの引き出しが少ないワンパターンの方ですこと。

 

2022年8月 6日 (土)

憎きコロナめ

本来なら今日から2日間、3年ぶりに横浜市は野毛地区センターの「鉄道フェスタ」 、斯様な公開運転会だったのですが・・・。

新型コロナウイルス感染症拡大のため、また中止となってしまいました。

20190804_0014_20

掲載画像は3年前の2019(令和元)年。地元に敬意を表して先ずは京浜急行。

20190803_0032_20_20220806080801 20190803_0043_20_20220806080801

そして相模鉄道。

20190804_0016_20_20220806080901 20190804_0017_20_20220806080901

東京急行(東急)と、3社の車両を走らせました。

20190804_0018_20_20220806080901

が、それらはどれも昭和の車両。来場した子どもたちは知るはずもない地元車両で、子どもたちに知られた車両はお仲間に委ねざるを得ませんでした。

春先から漸く平常な活動ができるようになるかと期待していたのに。所属サークルのメンバーでも感染者が複数発生、友人、知人の中でも濃厚接触者や感染者は彼方此方に。そんな現状になってしまいました。

早く収束して、落ち着いた活動が出来る日が早く来ることを、祈らざるを得ません。

 

2022年8月 5日 (金)

田舎隠れ家運転会2022.8-3

京王帝都を集合させた今回の運転会報告。次は帝都編。

このデハ1400形含めて全車両ペーパー自作ですが、ウインドヘッダーとウインドシールのリベット表現には点線引きを使ってみました。台車は川崎車両製のK-3(フクシマ模型)を奮発しました。

20220802_0005_15

サハ1300形とデハ1700形との4連組成です。

20220802_0004_15

デハ1700形は全車が渋谷方向を向いているため、中間に入った1700の運転台は、サハの貫通路に面します。

20220802_0003_n15

加えて荷電のデニ101。1両でエンドレスをグルグルと。

20220801_0013_15

ついつい、時間が経つのを忘れる運転会でした。

 

 

2022年8月 4日 (木)

田舎隠れ家運転会2022.8-2

田舎の隠れ家オーナー氏に敬意を表し、桜上水と杉並区をキーワードに持参車両を決めたので、弊社の京王帝都3編成大(?)集合です。

20220802_0033_15

この中最新作が、日立のKBD-102という独特の台車を入手できたことから製作することになった、OER3001氏と同い年の2600系です。IMONの1527D両軸モーターとMPギアを新宿方デハに搭載した1M2Tで快調な走りを見せてくれました。

20220801_0012_15

なんと言っても京王帝都の花形は5000系。2700形の台車、電動機、制御機器等を流用した“偽新車”5070系を含む2+4の6連は、オーナー自ら楽しまれていました。

20220801_0032_15

桜上水区の光景を想い出しつつ、こんな姿も撮っておきました。

20220802_0037_15

あっ、背後に京王帝都ではない車両。まあイイじゃありませんか。これが仲間内の楽しみの良い所ですから。

 

2022年8月 3日 (水)

田舎隠れ家運転会2022.8-1

またしても田舎の別宅にお邪魔して、仲間内の運転会を楽しみました。とりあえずの第一報です。

20220801_0005_15

左は2600系の3連、右は2010系にttを挟んだ4連。その間を疾走する5000系6連の特急。京王帝都時代の京王線を楽しみました。

2022年7月11日 (月)

刺激を頂いた作品

運転会でお仲間がペーパー自作された車両を見ると、大いに刺激を頂けます。

今回は先ず東武のDRC。K田さまの作品で、全体の印象もバランス良く纏められています。

20220707_0009_15

屋根上配管なども要領良く綺麗に作られていました。縦型モーターとインサイドギア駆動を編成中2両に装備、軽快に走り回っていました。

20220707_0010_15

K田さんは続いて1700系特急車も。これにも惹き付けられてしまいました。

20220707_0015_15

 

運転室の中に目が止まりました。O谷さんの作品を初めて見ることが出来ました。

20220707_0051_15

方向幕、サボなどは全てパソコンで作られたとのことですが、プリント仕上げも見事です。

20220707_0054_15

183系「あずさ」の9両編成も、編成中2両に縦型モーター&インサイドギアという動力で、これまた軽快な走りを披露してくれました。

20220707_0061_15

さらにO谷さんは、キハ81も。独特な前頭部もペーパーだそうで、綺麗な塗装でお見事な作品でした。

20220707_0063_15

こういった作例に接すると、胸騒ぎが。

とは言っても、決して同じ形式を作ろうとは思いませんが。

 

より以前の記事一覧

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他社線ご案内

無料ブログはココログ