鉄道(大手民鉄)

2022年9月16日 (金)

遠い日の記録から

OER3001氏が通った中学は、あの大女優になった吉永小百合さんと同じ、渋谷区立中学校でした。とは言っても、吉永さんを見たのは中学1年の時。既に高校生、いやもしかしたら高校卒業後? 校庭で黒山の人だかりでした。

その想い出深い中学の修学旅行は、155系「ひので」での京都・奈良でした。

宝もののハーフサイズカメラCanon・Demiで、バスの車中から慌てて撮っていた一枚がなんと貴重な記録。バスは四条通りを東に向かっていたのでしょうか、いや五条通かな? 鴨川沿いを走る京阪は1000系ではないですか!

1965

もう一枚、電車が写っていました。フィルムの巻き上げがコマ外れで次のコマとダブってしまっているのが残念ですが・・・。

「34」と車号が読み取れます。複雑な経緯を持つ33-34の2両編成ではないですか! レイルロード刊「

京阪電車形式集.3」の25ページを読んでその経緯を知りました。前方の34は後方の33より側窓が1個多く、全長も1m程長いという貴重な記録。この場所いったいどの辺りだったのでしょうか?

19652jpg

その後、これをご覧になった大津市在住のkoganemaruさまからご教示がありました。現在の琵琶湖ホテル前あたりから浜大津方面を撮っていたようで、当時は軌道際まで湖だったということです。道路と線路の間が用水路のように見えた訳が判明しました。koganemaruさまありがとうございました。(2022.9.18追記)

フィルムを全てデジタル化したお陰で、小さなコマに写った画像も、モニターで大きく見ることができて発見した次第です。せっかくこんな貴重な電車が走っていたのに・・・、ただバスに乗せられて神社仏閣巡りに終わった修学旅行。自由時間があったらどんなに素晴らしかったことか。

 

2022年9月 6日 (火)

今日の一枚 No.146

半世紀以上のお付き合いを頂いているモハメイドペーパーさまのブログにも、遂に登場「今日の1枚 」が! OER3001氏の「今日の一枚」とは微妙に異なる「今日の1枚」という拘り(?)も。

取り上げられた一枚はターコイズグリーンの京阪10000系。2006年10月22日に交野線・郡津での撮影でした。なんと、同じ10002編成を1年前に宇治線宇治で撮っていました。

05102122008980

おそらく撮影後はコレに乗って、反対側の10052の運転台を撮っていました。

05102122009210000_80

OER3001氏もこの撮影が目的で訪れた訳ではなく、京都での国際フォーラムに出張した帰路の寄り道でした。それでもこうした“努力”が、今は見られなくなってしまったターコイズグリーンの貴重な記録となっています。

2022年8月10日 (水)

ちっとも涼しくないよ!

つい、いつも眺める複雑な分岐器。所用で外出したこの日も、乗り換えの合間につい見入ってしまいました。

20220803_0003_15

これ、模型に有ったら省スペースになるのですが。

折り返しの都営車と並んで、ヘッドマークを掲げた8000系も入線して来ました。

20220803_0006_15

ヘッドマークは「高尾」ですが、良く見ればその上に「清涼」の文字が!

20220803_0007_15

いや~、この状況下では高尾山行っても「清涼」なんて無理でしょうね。

 

 

2022年8月 2日 (火)

渋谷の青ガエル

すっかり様変わりを続ける渋谷。こんな日常的だった光景もすっかり過去帳入りに。

20070804_0571_50

これは15年前の2007(平成19)年8月4日、業務での外出時、15時前の記録でした。この時は綺麗な姿でしたが、残念ながらパンタは下がったままでした。今は大館の地ででどうしているでしょう?

 

2022年7月29日 (金)

失敗写真でも歴史の記録

デジタルではなく、高価なリバーサルフィルムを購入して撮っていた時代。それなのに現像があがってみれば、露出失敗のとんでもない写真!

落胆したものですが、フィルムのデジタル化を進めたとき、悩みながらも一応廃棄せずに取っておいた一部を、画像ソフトで補正してみました。

1981(昭和56)年3月、京王永山-若葉台間の電車見橋から。2010系4連+2000系2連の、外観が揃った6連です。

19810300_000000_a_n14

同じ時、電車見橋の東側に移動して撮っていた6739×8は、快速・岩本町行きです。

19810300_000000_c_n14

まだステンレス車体の7000系も登場しておらず、グリーンの車両も6000系も大活躍だった時代。40年経った今では、電車見橋にも高いフェンスが設けられてしまい、撮影にも制約ができ、付近にはビルが建ち、景色が様変わりしてしまいました。

 

2022年7月 6日 (水)

半世紀前の小田急

ちょっとした事情があって、昔の撮影場所を特定しなければならなくなりました。あれこれ調べていて、52年前に撮影した写真に行き着きました。

この写真を撮った記憶ははっきり残っていますが、撮影地点を正確に推測するのは大変です。重要な決め手が2点ありました。画面中央の信号機と線路の先が右カーブ上り勾配となっていること。

19700628_0010_13

信号機は今は無い、国鉄相模線との連絡線を示しています。従って画面左手は厚木ということになります。

この写真の前に撮っていたのが次の写真、近付いて来るNSEの後方にクレーン。

19700628_0009_13

クレーンは現海老名駅の基礎工事のものでしょうか。当時の海老名駅はもっと新宿方にありました。カメラを持って立っていたのは、ほとんど車も人も通らなかった、未舗装の厚木街道なのです。

それが今では、田圃は無くなりビナ・ウォークと称する一大商業施設、高層マンション、ロマンスカーミュージアムが出来た大規模な駅となっているのですから。

沿線を撮影していて良かったと自己満足です。

 

 

2022年7月 2日 (土)

車内防犯

昨年の小田急、京王で発生した、走行する電車内で凶器を使っての殺傷事件は記憶に新しいものです。先月の東京メトロ車内でも、乗客トラブルが発生するなど、本当に迷惑な話です。

そんな中、京王8710の編成で、新たな防犯カメラ等が導入されたのを確認しました。2カ所の側扉上に防犯カメラが設けられました。

20220701_0002_15

それに加えて、防犯カメラ前の照明器具にこれまで見たことがなかった装置が。MOYAIというブランドが確認できます。

20220701_0001_15

調べてみるとこれは、株式会社MOYAIなるところが開発した、LTE/4G回線利⽤で遠隔地からリアルタイム映像の確認を可能にしたLED ⼀体型⾼機能ネットワークカメラのようです。

20220701_0003_15

既に東急も採用しているようですが、急速に広まってくれればと思います。

 

2022年6月29日 (水)

ゆめ70の想い出

小田急開業70周年を記念して、1997(平成9)年に「ゆめ70」とネーミングされたイベント列車が登場しました。

3100形NSE車の第4編成である3161~3171が、先頭車はラウンジ風に、他の座席柄を紺系デザインに変更し、外部塗装は白・赤・紺3色を用いた独特のデザインとなって、各種のイベント列車として2000(平成12)年4月まで走行しました。

19980627_250116__l_35

黒川隧道を抜けて来る上り(上画像)、新百合ヶ丘の小田原線跨線橋の大カーブを走る下り(下画像)と、多摩線内を走行したのも良き想い出となりました。

20000423_0132_13

小田急開業は1927(昭和2)年、100周年まではあと5年。その時はどんな記念列車が登場するのか楽しみです。

 

 

2022年6月17日 (金)

渋谷の心象

日に日に変化して行く渋谷。あまり撮っていなかったのですが、渋谷区立小学校を卒業したOER3001が学んだのは、「渋谷は谷なので、地下鉄がそのまま渋谷に来ると地上高く走る」ということでした。

黄色というかオレンジ色というか、営団銀座線が無くては渋谷の風景は成り立ちませんでした。

19850616_121201__15

まだ2000系が主力だった時代、ビルの上から見下ろすことも出来たのですが。

19850616_121203__n15

それどころか“谷の地下深く”走る地下鉄も出来て、こんな光景だったことが忘れられる時代も、もうすぐそこまで来ているようで。

 

 

2022年5月31日 (火)

想い出の運転会

実は・・・、今回取り上げる運転会に一般来客として来場されていた小学生が、今は何と、OER3001氏らのサークルの中心メンバーとして活躍されているということを知り、驚いています。

その運転会は、我が国の鉄道開業100周年を迎えた1972(昭和47)年、10月に桜木町のゴールデンセンター(現・ぴおシティ)で開催されたものでした。

Img_20201121_00360_15

6階だったか7階だったか、、10月1日から10日までの10日間、上層階の一角に斯様なゲートが設けられてのイベントでした。ゲート左に立つ女性、実はその後、当時の先輩MW氏の奥様となられています。

Img_20201121_00370_15

今と比較すると車両群も寂しいですが、当時の首都圏で活躍する車両を揃えていました。今のようにキットが豊富に出回る時代では無く、その殆どがペーパー自作というものでした。

Img_20201121_00040_15

高架を行く小田急は1800形と4000形の併結5両編成。収用線には開業間近の横浜市営地下鉄1000形や、相鉄6000系のアルミ試作車も見えます。

Img_20201121_00030_15

会場の成約から、レイアウトと来客の間を空けることが難しく、アクリルで仕切られました。

Img_20201121_00080_15

そのアクリル越しに大勢の来客が見入っていました。

Img_20201121_00100_15_20220530145201

この大勢の中に、その小学生は写っているのでしょうか?

Img_20201121_00120_15

学生だったOER3001氏らは、やりくりしつつ10日間現地に通うこととなりました。そして帰りは桜木町発の東横線。8000系が新車でした。

Img_20201121_00130_15

青ガエル5000系もまだ現役。東横線ホームは隣の国鉄・京浜東北線ホームより一段低い位置で、渋谷方は細~いものでした。

Img_20201121_00170_15

多分、この当時の桜木町駅はこんな模様だったと思います。

20210327_0024_15_20220530151501

今年が鉄道開業から150年ということですが、100周年の時より盛り上がりに欠けるような気がするのですが。

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他社線ご案内

無料ブログはココログ