鉄道(大手民鉄)

2021年5月16日 (日)

久しぶりに西武:3

その日は、折良く特急10000系とも出会うことが出来ました。つい先日まではレッドアロークラシックを追いかけている人が多かったのでしょうね。しかしこの車両にはやっぱりこのカラーが良いに決まっています。

20210511_0024_15

線路脇の小道から、特急電車を間近に見られるのは、西武新宿線の魅力ですね。

20210511_0054_15

中井駅から乗った電車は黄色い2523。この車両には女性運転士は似合わないような気がしますが、カッコイイ! 思えばこんなマスコンとブレーキ弁を操作する電車って、首都圏からは西武でしか見られなくなってしまった? 

OER3001氏はマスコンとブレーキ弁が大好きでも、女性運転士には左手ワンハンドルが似合うと思うのですが・・・。

20210511_0065_15

西武新宿に入線すると、隣にさっきの10000系が。

20210511_0066_15

折り返しの整備を終えて発車待ちの後ろ姿を撮って、久しぶりの西武を終えました。

20210511_0068_15

当たり前の情景も、いつかは過去の想い出になってしまうのですから、こまめに記録しておきたいものです。

 

 

2021年5月14日 (金)

久しぶりに西武:2

久しぶりに西武を撮った日、黄色くない電車もしっかり収めています。38106の各停・西武新宿行き。

20210511_0023_15

少し中井方向に移動してみたら、今度は38104の各停・西武新宿行きでした。

20210511_0038_15

下ってきたのは10両口トップナンバーの30001、急行・本川越行きでした。

20210511_0041_15

中井駅を発車して来た各停・本川越行きは38806、最初に撮っていたやつの折り返しでした。

20210511_0052_15

思えばこの卵形フェイスの“スマイルトレイン”も誕生から10年以上が過ぎたのですね。とは言え、未だ西武の主力車両は黄色い方のようです。

 

 

2021年5月13日 (木)

久しぶりに西武

所用で出掛けざるを得なくなった日、ウォーキングも兼ねて往路と帰路でコースを変えてみました。帰路に選んだのは久しぶりに西武を。先ずは行き当たりばったりに踏切で。“田”の字窓の急行・拝島が!

20210511_0029_15

反対側を狙ったら、憧れの前パンではないですか。

20210511_0034_15

隣の駅まで歩いてみると、中野区立第5中学と新宿区立落合公園の間、曇天のお陰で妙正寺川渡る渡る光景が南向きで撮れました。

20210511_0035_15

中井駅方に歩いて再び踏切で。

20210511_0048_15

曇天は逆光を気にすること無くどの方向からも撮れるという利点があります。常時リュックに偲ばせたコンパクトカメラで、それなりの撮影が愉しめました。

 

 

2021年5月 8日 (土)

電車を愛でつつウォーキング

午後は雨との天気予報を聞いた5月7日、曇っていた昼前に一駅だけ電車に乗る。下りたところはここ。

20210507_0007_15

小田急永山駅を“永山隧道”上から一枚撮っておきます。

20210507_0010_15

そう言えば、小田急多摩線開業の1974(昭和49)年6月1日も、ここで撮っていました。当時のカメラ位置はもう少し高いところからですが、今は木々が茂ってその位置からでは撮れません。隣の京王相模原線はまだ工事中で未開通。

19740601_1013__13

トンネルの上を越えて向こうに回りました。ちょうど小田急と京王が併走してきましたが、フェンスやら植木やらで、良いポジションはありません。

20210507_0011_15

京王線の下りだけは、なんとかこんな感じで撮ることが出来ます。

20210507_0015_15

さらに進んで多摩東公園の中に入ります。新緑の木々が茂っていて、“隙間電車”しか撮れません。

20210507_0021_15

それでも一応、小田急、京王の両方を撮っておきます。

20210507_0022_15

当然この後は“電車見橋”にも回って見ます。いつもと方向を変えて、“諏訪隧道”を抜けてくるところを狙ってみました。

20210507_0023_15

しかし折角ここに来たのなら、一応は定番撮影もしておきます。8000+3000の急行でした。

20210507_0024_15

多摩東公園から初めて“弓の橋”を渡り、トンネルの反対側を目指します。

20210507_0025_15

京王はちょうどトンネル上の木々を伐採した直後、邪魔が無い良い見通しです。

20210507_0035_15

ちょっとズームすればこの通り。

20210507_0039_15

このトンネルは“若葉台第一隧道”とのことで、小田急のような地名にはなっていません。小田急の“永山隧道”の隣は“若葉台第二隧道”なのです。

20210507_0048_15

小田急の“諏訪隧道”上は竹林で、根が張っていることからか伐採されていないので真上からは電車が見えません。はるひ野駅を発車した各停を、マンションのフェンス上から狙ってみました。

20210507_0042_15

小田急を撮ってから京王の“若葉台第一隧道”横の歩行者専用道を下ると、若葉台から勢いよく飛ばしてくる準特急が撮れました。

20210507_0055_15

ここからはズームして、向こう側の小田急も撮れます。但し晴天だと逆光甚だしくダメですが。

20210507_0049_15

この場所の小田急多摩線開業日の様子はこれですよ。1700形の横位置を撮っていました。信じられない変貌ぶりです。

19740601_1018_13

若葉台車両基地を見下ろせる上麻生連光寺線という道路を歩き、京王線をアンダークロスするところを“都電”が飛ばして行きました。後ろ姿を押さえておきました。

20210507_0061_15

そう言えばここでも撮っていました。木々が育ち、1980年の撮影のように左に寄れません。車内信号化で線路脇の信号機は無くなり、架線柱も交換されていますね。

19800504_081002__13

“諏訪隧道”を抜けて来た8000+3000の上り急行を撮って・・・、

20210507_1023_15

曇天のお陰で逆光を気にすること無く撮った後は、はるひ野駅から電車に乗って帰りました。

20210507_1027_15

この日のウォーキング、およそ12,000歩。電車を愛でつつの健康維持はサイコーです。

 

2021年4月26日 (月)

電車見ウォーキング

遂に出た3度目の緊急事態宣言。まったくモグラたたきのような現政府の施策に呆れるばかりですが、その緊急事態宣言初日のウォーキングは、線路の方に向かいました。ここまで役4,000歩。最初に来たのは“都電”でした。好みではありませんが、今の季節の新緑にマッチします。

20210425_0004_16

次は向こうの小田急多摩線。綺麗な1000形の急行、気付けば10両固定化された最新の1097Fではありませんか!

これって旧1055F(4連)+1255F(6連)-中間のクハ2両+旧1081Fから抜いたサハ2両という複雑な個性豊かな組成、下回りが綺麗です。

20210425_0005_16

お次は3000形の各停。

20210425_0009_16

その後に京王の区間急行9000系が来ました。ということは、この後直ぐに準特急ということ。

20210425_0013_16

なのでその場で待機、その準特急9000系を取りましたが、こちらは8両バージョンの9000系の後ろに7000系を連結しています。

20210425_0016_16

異形式連結は魅力的なので、振り返って撮りましたが、右の柵は邪魔だし光線最悪。

20210425_0017_16

ここで引き返しましたが、先の小田急1097Fが唐木田で折り返して来るのを、線路の反対側に移動して待ち受けました。

20210425_0020_16

リュックにコンデジ入れての電車見ウォーキング、この日のコースは8,000歩強になりました。

 

 

2021年4月24日 (土)

貸付財産票

「まん延防止等重点措置」発令中の、やむを得ない都心への外出の帰路は、混んだ電車に乗ることを避け、座席指定料金410円を支払うことにしました。

座席はいつものようにスマホで1号車5D席を購入。ホームで到着を待つ間に斯様な撮影をしていたら・・・。

20210417_0032_15

1・2番ホーム先端の柱にこんな表示が!

「貸付財産票」、京王線新宿駅の乗降場として2,124平方メートルが、昭和63年3月8日以来東日本旅客鉄道から貸し付けられていたということを示す内容です。

20210417_0031_15

なるほど、思えばあの戦争で東京が壊滅的被害を受けたとき、それまで“甲州街道上を進んで来た京王線”はと言うより、京王線の始点は国鉄を越えて新宿御苑手前の追分だったのを、急遽国鉄駅隣の小田急駅の西側に設けたのがことの起こりだったと言うことを思い出しました。京王の用地では無くずっと国鉄から貸し付けられていたのですね。

そこで今は、5000系を迎えます。

20210417_0033_15

橋本行き“京王ライナー35号”となるこれで、密を避けてのゆったり帰宅でした。

20210417_0036_15

すっかり快適な座席指定列車まで走るようになった京王線、OER3001氏には地上駅時代の板張りホームから、14m小型車に乗った頃の想い出が蘇ってきました。

 

2021年4月11日 (日)

電車見ウォーキング

平均より温かい日が続いていたが、一転して平年並みの気温は肌寒く感じてしまう土曜日のウォーキングは、電車見とテーマを決めました。

公園を抜けて、最初はここ唐木田駅手前で。ちょうど来たのは廃車が発生している1000形広幅ドア車の1700形。既に方向幕は折り返しの「新百合ヶ丘」とされています。

20210410_0006_16

ということは、この後に新宿からの急行(日中は多摩線内各停)が到着するはず。待っていたら8000形で来ましたが、唐木田到着前に「回送」表示になっています。

20210410_0009_16

もう1本、各駅停車は1000形でした。

20210410_0013_16

足を伸ばして、これまで撮ったことが無かった場所へ向かいました。多摩南部地域病院、正確には公益財団法人東京都保健医療公社が運営する病院ですが、その北側で画像右は府中カントリーの下を潜るトンネル「多摩センター第1トンネル」です。

20210410_0017_16

準特急が行ったということは、多摩センターで待避していた区間急行(各駅停車)が直ぐに来ると思い待機。都営車が来ました。

20210410_0018_16

多摩センター駅方向に向かう途中で「隙間電車」やってみました。「隙間」とは言っても、二子玉川辺りの東急線に比べれば余りに間口が広い。ちょうど交差点を右折しているのは南大沢に向かう京王の高速バス。成田か羽田空港からのものです。

20210410_0024_16

この後は電車とお別れし、公園内を巡って帰宅。歩数計は8,600歩を示していました。

 

 

2021年3月28日 (日)

サクラ満開

連日の暖かさで、東京ではサクラが満開となってきたようですが、昨年は満開に大雪だったことを思い出します。

近所の名所もご覧の通り。満開の枝が、雪の重みで押しつぶされそうでした。

20200329_0003_15

そんな中、ウェディングドレスを纏っての撮影。元々予定していたことなのに雪だったのか、雪が積もったのを利用しての撮影だったのかは知るところではありませんが・・・。

20200329_0013_15

やっぱりこんな情景を収めたいですよね。

20060401_270703__15

しかしもう、この場所で撮ることは出来なくなってしまいました。しっかり立ち入ることが出来ない柵が設置されてしまいました。

井の頭公園のサクラも有名ですが、最寄り駅の井の頭公園駅も見事なサクラでした。

19920404_180704__15

しかし今は、サクラは見事なのですが、ホームの上屋が延長されて良く見えなくなってしまいました。

20210327_1005_15

昔の想い出に慕っていても埒が明かないので場所を変えました。

20210327_1021_15

時が経つにつれ、当たり前と思っている日常の景色はどんどん変わって行きます。後悔することが無いように、せっせと撮影に出掛けることにしましょう。

 

 

2021年3月17日 (水)

今日の一枚 No.104

本シリーズの104回目はこの画像で。

今となっては懐かしい光景となってしまいましたが、箱根登山鉄道小田原からの2線区間に進入したロマンスカーLSE後部展望席からのもので、正面に待機している登山電車は“104”というのもグッドです。

19801229_090618_lse_15

輸送力増強とバリアフリーを目的に、今では箱根湯本まで事実上は小田急線。1,435㎜軌間を撤去して、小田急の車両だけの運用になってしまったので、1,067㎜軌間との併用区間は車両工場のある入生田以西だけとなってしまいました。

この当時、右の線路からは国鉄線に繋がっていたので、新造されたLSEもここから入線していたのに・・・。

 

2021年3月 9日 (火)

京王寸描

緊急事態宣言発令の中、久しぶりの外出。空いている電車故ついうとうとしていたら、下車予定駅で閉扉後に覚醒。これはこれでこの機会を使って予定外の撮影です。乗って来たグリーンの電車を見送りました。

20210304_0003_15

同時発車ならもっと良かったのに、叶いませんでしたが一応両方とも新宿に向けて地下区間へ。

20210304_0005_15

明大前に戻って、井の頭線を待ちます。東京山手急行電鉄の遺構を急行が抜けて来ました。

20210304_0008_15

いやはや、ちょっとした失態でしたが、ちょっとした収穫が楽しめました。

 

より以前の記事一覧

フォト
2021年5月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

他社線ご案内

無料ブログはココログ