鉄道(大手民鉄)

2021年8月 1日 (日)

ちょっと東武でも - 2

東武に嵌まっている訳にはいきません。ほどほどにして・・・としたら、

「ほどほどなどといわず、たまには東武にも嵌まってみてください。東急の電車だって撮れるし。」とのコメントをくださったのはモハメイドペーパーさま。はい、当然それも撮っておきました。

先ずお世話になったのは置き換えが始まったメトロ8000系。未だにピンと来ないのですが「急行 久喜」ですよ。

20210730_2001_13

走り去る後ろ姿を撮っておきました。

20210730_2004_13

第2世代の08系も活躍しています。「急行 南栗橋」随分と長距離を担っています。

20210730_2028_13

 

東京メトロは、半蔵門線に加え、古くから日比谷線が直通しており、その車両は3000系から03系を経て、13000系になりました。

20210730_2044_13

 

半蔵門線との直通運転で、東急の車両も頻繁にやって来るようになったのですね。未だに10両編成の5000系が東武線内を走ることに違和感を感じます。

20210730_2041_13

加えて最新の2020系までも。

20210730_2048_13

この時は、8500系を撮ることは出来ませんでしたが、半蔵門線を介して田園都市線とも直通したお陰で、3社のさまざまな電車が見られるのは楽しいですね。

 

 

2021年7月31日 (土)

ちょっと東武でも

あることから1978年に撮っていたこの画像を見て、東武を見に行きたくなりました。

19781007_060911___20210731141001

 

同じ位置で、現在の車両を撮りたかったのですが・・・、このホームには特急券を持った人しか入れなくなっているのですね、残念です。辛うじて各駅停車のホームから撮りましたが、これでは不満足です。

20210730_2023_13

 

仕方が無いのでそれならと、当時には無かった光景を収めてみました。スペーシアとスカイツリー、ギリギリ入りました。

20210730_2012_15

 

序でに、とうきょうスカイツリー駅からアサヒビール本社ビル背景にしたのも。

20210730_2009_13

 

都会では珍しくなった20メートル級2両編成の電車も。

20210730_2007_13

使用線区は異なりますが、どちらも復刻塗装でした。

20210730_2030_13_20210731103401

 

最後に最新鋭の70000系も。LEDの行先はシャッター速度1/100秒にしてようやく簾にならずに撮れるという代物でした。

20210730_2035_13

さてさて、OER3001氏が東武に嵌まっている訳にはいきません。ほどほどにして引き返しました。

 

 

 

2021年7月27日 (火)

名鉄3400系

日常的に拝見せて頂いているchitetuさんのブログ「吊り掛け電車をもとめて」、7月22日には「冷房いもむし」3400系が取り上げられました。

それを見て懐かしくなり、早速勝手にコラボさせて頂きます。

これは1993(平成5)年11月、鉄道友の会40周年として貸切運転をしたことがありました。

19931113_191109_n_2_20

東京から駆けつけたのに、この日は生憎の天気。遂に雨が降り出してしまいました。

19931113_191111_n_15

その雨の中での貸し切り列車、老体とは言え大切に手入れを重ねてきただけに、豪快な走りを体験できたことは忘れられません。

19931113_1027_12

冷房化されるのはこの翌年のことでした。

19931113_1016_12

それにしてもこの3400系に付けられた「いもむし」というニックネーム、時代を感じますね。今の時代だっらた「いもむし」なんて付いたでしょうか?

 

 

2021年7月20日 (火)

新撮影ポイント

高架線を行く列車の写真、どちらかと言えばあまり撮っていませんでした。住み慣れた地元でも同様ですが、この日は駐車場ビルに行ってみました。

最初は4階から。高架線の側壁が下回りを隠すので、複線の手前を行く列車はイマイチ面白くありません。一番奥の京王線なら辛うじて。

20210719_1006_20 

 

同じ4階から。小田急はなかなか良く撮れますが、中途半端なアングルです。

20210719_1016_20

 

最上階の6階から、やっと小田急&京王を収められましたが・・・、京王がもう少し手前に来てくれていたら・・・。

20210719_1058_20

 

流石に厚いので、この辺で終わりにして冷房の効いた場所に逃げ込んだ次第でした。

 

 

2021年7月16日 (金)

ゲリラ豪雨去って・・・

早朝の雨音で目覚めたこの日、午前中は雷ゴロゴロ。仕方なく室内で模型弄りをしていたら、窓の外が明るくなって、雲が切れた所から陽が射しているではないですか!

思い立ってクルマで向かうこととしました。

現地に着いたら早速これが! ず~っと狙っていた新5000形のサイドビューを撮ることができました。今回は先頭車だけの掲載にしておきますが、10両全てバッチリ撮れて“ヤッタ~!”です。

20210715_1008_20

これでいよいよ梅雨明けなのでしょうか、夏空になっていました。

20210715_1018_15

最近の目標の一つを達成した爽快感、一段落です。

 

 

2021年7月13日 (火)

想い出の光景:29

場所当てクイズです。ここ、ど~こだ?

下りホーム最後部から上り電車を。

197508190_5133_13

上りホーム最前部から下り電車を。

197508190_5136_13

もっと撮っておけば良かったと、後悔しても始まりませんね。

 

 

2021年7月 4日 (日)

東急スケッチ

我家から“いさみや”に向かうには3社3路線を利用することになります。最初に利用する1社1線にはさらに選択が可能で、この日はこれを撮りたくて京王利用としました。同時発車ダイヤだからこそできることですが、なかなか上手く行かないことの方が多いです。

20210701_0001_15

2社目はこれ。

20210701_0003_15

3社目には多種多様な車両が入り乱れますので、溝の口駅西端で暫し撮影タイム。

20210701_0006_15

目下の最新鋭2020系もだいぶ増えて、この編成はすっかり“ウェザリング”されています。

20210701_0007_15

そうか、大井町線の内、各駅停車の9000系はここで折り返し、急行の6000系は田園都市線直通でした。田園都市線からその6000系がやって来ました/。

20210701_0008_15

大井町線各駅停車の引き上げ線を挟んで、田園都市線の5000系と2020系が行き交う光景。頻繁にメトロや東武の車両も行き交う中で、東急の車両ばかりで良かった!

20210701_0010_15

ちょっとした東急スケッチでした。

 

2021年7月 3日 (土)

今日の一枚 No.124

山陽電鉄の3050系やマッハ模型の鉄道調色塗料を取り上げていたら、関西私鉄が懐かしくなりました。

新京阪鉄道のP-6形転じて京阪電気鉄道デイ100形、そして京阪神急行電鉄100形となった車両。全鋼製の1次車として101-110が日本車輌製造本店で、111-120が汽車製造東京支店で製造されたセミクロスシート車両。

19700815_010318__13

EXPO’70で訪れた1970年夏、雨降る中の高槻市駅で撮っていました。

この時代、折角行ったのならもっと撮っておけば良かったと思いますが、これでもカラーポジフィルムで撮っていたので1シャッターあたりいくらというコスト計算で、とてもとても何枚も撮れなかったのが残念です。

 

2021年6月21日 (月)

角速度とドップラー効果

久しぶりに物理学を思い出しての撮影でした。これを社会学的表現に変換すると“隙間電車”となるようです(笑)。

すっかり定着した感がある“隙間電車”という呼び方。おそらく「隙間で隙間電車」をアップされたCedarさまが最初に使われたと思っていますが、Cedarさまの都会とは違う雰囲気でも。

20210619_1037_20

なかなかタイミングが難儀です。

20210619_1038_20

距離がある向こう側の電車なら多少は楽ですが・・・

20210619_1039_20

いや~、なかなか難しいものです。

20210619_1041_20

それにしても、通い慣れた場所だからこそ、こんなフィルム時代にはできなかった“無駄撮り”までできる余裕が。

 

 

2021年6月20日 (日)

遂にGet!

5月18日以来の線路端へのウォーキングは、酷い降雨で無い限りほぼ毎日続けていましたがまさに「継続は力なり」です。

梅雨入りしたのでこの日も朝からシトシト降り続く雨でしたが、時折止むことも。傘を差して線路端に着いたその時、友人から「今日運用に就いているらしい」とのメール。まもなくやって来たのが待望のこの編成でした。

 

1756

20210619_1007_1756__20

 

1706

20210619_1006_1706__20

 

1806

20210619_1005_1806__20

 

1856

20210619_1004_1856__20

 

1906

20210619_1003_1906__20

 

1956

20210619_1002_1956__20

 

未更新の1000形には廃車も発生しており、ホームドア整備の進捗によって活躍の場が狭くなっているワイドドア車。4両編成車を分割して中間に入れた1700形6両編成の中間サハは、中間車改造したクハの向きによって車体の向き、床下機器配置が異なります。

何故かこのバージョンだけ、なかなか撮れなかったのがやっと! 達成感を味わうことができました。

 

より以前の記事一覧

フォト
2021年8月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        

他社線ご案内

無料ブログはココログ