鉄道(地方民鉄)

2023年1月29日 (日)

トレインビューポイント

横浜駅で、行き交う列車を眺められる場所を発見しました。

再開発で誕生したJR横浜タワーなるビルに初めて入ってみました。6階にテラスがあり、眼下にJRおよび京急の横浜駅が望めます。

20230126_0017_17

南西方を望むと、左から京急、京浜東北線と、東海道、横須賀線の線路が見渡せ、地下深くに潜ってしまった東横線の線路跡も確認できます。

20230126_0019_17

ふと、半世紀前にこの辺りで撮っていた写真を思い出しました。国鉄(現JR東)と京急の線路を望める東西連絡跨線橋があったはず。

19700628_0122_13

そう思ってその跨線橋を探しましたが、今の姿がこれ。

20230126_0014_17

既に立ち入ることはできず、階段を上がった先からは撤去されてしまっています。

20230126_0022_17

列車を撮ろうと思うと、こんな姿しか収められず。プラットホーム上屋が邪魔で撮れません。

20230126_0023_17

まだこの先も再開発事業は続くようですから、また新たなトレインビューポイントを期待したいですね。

 

 

2023年1月11日 (水)

あざみ野の光景

1月9日の「モハメイドペーパーの何が出てくるか2」では、あざみ野駅南方に架かる赤田平成橋からの画像が掲載されていました。そこで勝手にコラボレーションです。

架線柱を兼ねた高圧線支柱の最上部を入れて撮ろうとされたようでしたが、OER3001氏も同じことをやっていました。しかもモハメイドペーパーさまがここで撮るきっかけとなったメトロ8000系です。

20220411_0003_20

上の列車がここ(赤田平成橋)に迫った時にはカメラを横位置にして。

20220411_0006_15

大井町線用の6000系、後から3両目のQシート車もしっかり収められていました。

20220411_0015_15

因みに2020年12月に撮っていた中には、東急路線と思えない光景もありました。上下線とも東武の車両ではありませんか。

20201220_0004_15

撮りやすそうなこの場所ですが、結構架線柱を引っ張るワイヤーなどを避ける気遣いも必要で、後ろを行き交うクルマへの注意も欠かせません。

因みに、ここの高圧線にはこんな表示板が掲げられていました。東京電力市ヶ尾線と言うのだそうです。

20201220_0001_15

支柱の所有者は東京電力、東急電鉄、何れの所有なのでしょうね? 

細かいことを言えば、支柱所有者が東京電力だったとしたら、用地使用料を東急電鉄に支払うのでしょう。一方東急電鉄も架線柱としての使用量を東京電力に支払う。

支柱全部が東急電鉄の財産で有れば、東京電力が借用料を支払うだけ。あ~面倒臭い。

 

 

2022年12月19日 (月)

花巻電鉄保存車両

「SL銀河」撮影行の最後は、JK氏のご希望から花巻電鉄の保存車両「馬面電車」を見に行くことにしていました。保存車両の所在地は花巻市材木町3番17号とのことで、レンタカーを返却する新花巻駅からはそう遠くはありません。

その地は現在休館中という「市民の家」がある材木町公園。

20221204_0072_15

1933(昭和8)年に宮沢賢治が亡くなった時の追悼集会の開催場所になった旧花巻町庁舎を、1970(昭和45)年に現在地に解体移築したものだということでした。

その建物の左横(北東)に、しっかりした屋根と金網で覆われた保存車両が確認できます。

20221204_0070_15

前に遊具が設置されていて、子ども達の遊び場になっているようです。

20221204_0068_15

花巻電鉄の路線図と、保存されているデハ3の説明板が役立ちます。

20221204_0058_15

「想い出の花巻電鉄」と称した案内板には、1969(昭和44)年8月31日の最終営業日の情景が紹介されていました。

20221204_0067_15

早速近づいて観察します。先ずは公園側から見て左手前から。

20221204_0059_15

時計回りで正面を。金網の間からレンズを入れて撮るため、全体を収められません。

20221204_0061_15

仕方がないので下方は別に。

20221204_0062_15

左奥へ移動します。代用品を使ったと思われるこの前照灯だけは頂けませんね。

20221204_0074_15

 

それでもしっかり手入れされ、奇麗な姿を保っていることは素晴らしいことではありませんか。

20221204_0057_15

真横を収めておきます。

20221204_0056_15

さらに左へ移動して。

20221204_0055_15

公園側の右手前へ移動します。

20221204_0060_15

最後にしっかり、雨宮製作所の板枠台車も。金網からレンズを入れての撮影なのでどうしても左右が収まりません。

20221204_0063_15

この画像を見て今、主電動機を撮影していなかったことに気付き、悔やまれますがやむを得ません。

 

2022年12月15日 (木)

「SL銀河」撮影行④

二日目の朝を、満室の「ホテルルートイン釜石」で迎えます。

20221204_0002_15

前日から2日間の“足”はこれ、2103です。

20191110_0003_15_20221209075901

間違えました、こちらの2103。カローラフィールダー盛岡500 わ 21-03でした。

20221204_0001_15

「ホテルルートイン釜石」が満室で取れず、少々お高い釜石駅隣接の「ホテルフォルクローロ三陸釜石」にお泊りのRO氏のお迎えです。

20221204_0005_15

JR釜石駅の右端に三陸鉄道釜石駅。

20221204_0004_15

9時3分発の盛行の発車も近かったので、以前から撮りたかった製鉄所バックの撮影のため、甲子川を渡った側に急ぎましたが、既に何人かがカメラを構えていました。

20221204_0009_15

3月に訪れた際にこの鉄橋を渡って盛へ向かったことを思い出しつつ、製鉄所バックの姿を収めることができました。

20221204_0021_15

その後は主目的の「SL銀河」撮影ポイントを探索します。前日見た洞泉駅へ向かうことは断念し、釜石駅に近い甲子側橋梁で撮ることとしてトレーニング。釜石8時57分着の列車はキハ100の4連です。先頭(右)から16-13-15-27、結構な乗客数でした。

20221204_1005__15

釜石駅からは9時3分発の2本の列車があります。先ずは久慈行きの三陸鉄道が2両編成で。

20221204_1011__15

同時刻発の筈ですが、JR釜石線花巻行きキハ100の2両編成はなぜか1分遅く通過して行きました。

20221204_1022__15

9時27分になると宮古からの三陸鉄道が来ましたが、今は数を減らしている創業以来のキハ36形でした。

20221204_0029_15

そうしているうちに、釜石駅で出発式を終えた「SL銀河」が通過して行ったのは9時59分。

20221204_1031__15

この場所で待機している間に岩手日報の記者から声を掛けられていましたが、その岩手日報には向こう岸でカメラを構えるファンの姿と共に捕らえた写真と記事が掲載されたようです。

 

2022年12月 1日 (木)

富士山麓電氣鐡道 日帰りツアー

この趣味を持ってきたことで、若い時から鉄道で働く多くの人々に出合い、お付き合い頂いていることで、豊かな趣味生活を楽しめるようになったと思います。今回もそのお一人であられる京王電鉄OBからのお声掛けを賜り、元京王5000系を訪ねる日帰りバスツアーに参加できました。

旅の始まりは京王線北野駅南口ですが、OER3001氏はJR八王子駅みどりの窓口前からの参加です。

20221126_0003_15

8時10分までの集合に、流石電鉄会社OBだけに、ゆとりを持って集合していました。

20221126_0004_15

この表示が掲示された京王のバスに乗ります。

20221126_0010_15

八王子ICから中央道へ入り、9時42分には最初の見学先であるリニア館へ。ここの見学内容は前回をご覧ください。

20221126_0008_15

リニア館見学を終えて、一同を乗せたバスは河口湖駅へ向かいます。河口湖駅では3番線に、京王時代のアイボリー塗装となっている2両編成「団体専用」貸切列車が待機しています。

20221126_0035_15

この「5863」の京王時代の1枚がありました。府中競馬正門前駅でのものです。

19830702_110517__14

因みにこの編成は2009年6月からはこの塗装にされており、アイボリー塗装となったのは2012年10月からのこと。なんだかんだで既に10年なのですね。

20100812_0083_15 

早速乗り込んだ車内、座席モケットや腰掛袖部が現役時代とは異なるものの、天井のイメージは京王帝都そのものです。

20221126_0051_n15

1996年に撮影していた写真と比べてみてください。

19961103_220703_5000_n14

鴨居上部のスピーカーは、富士急に転属したときに覆われたカバーが外され、KTRのデザインがしっかり見られます。

20221126_0054_15

富士急転属で「1001」と改められた車番の上に、京王時代の「5113」が表示されています。

20221126_0053_15

京王時代の「5113」、1984年笹塚駅で撮ったのがありました。

19840503_111207_n14_20221127165301

しかし運転台の番号は「1001」のまま。おそらく富士急としての車籍は「モハ1001」のままなのでしょう。

20221126_0056_15

団体専用列車となったアイボリーカラーの2両編成、スイッチバックの富士山駅では約30分の運転停車。ここでも充分撮影ができました。

20221126_0068_n15

嬉しいことにここでお弁当が積み込まれ、車内で頂きます。特別包装紙が何とも言えません。

20221126_0082_15

お弁当を食べていたら、つり革の1本にピンクのハート形のものがあることに気付いた次第。

20221126_0084_15

貸し切り列車は東桂で25分の撮影タイムです。先ずは「特急・高尾」のヘッドマークを掲げて。

20221126_0093_15

次は「陣馬」に掛け替えて。お行儀良く和やかな撮影ができました。

20221126_0094_15

貸し切り列車は大月までは行かずにここで折り返し、河口湖を目指します。河口湖到着後は定期列車の合間を縫ってJR車両も休む車庫線に入れ替えです。

20221126_0117_15 

ここからが撮影タイム本番。参加者一同の集合写真撮影後に、富士登山電車となった1200形と並べて、ヘッドマークを掲げた雄姿を収めます。

20221126_0128_n15

が、OER3001氏の目的はこれでした。実車が乗るレール上にペーパー自作の模型を置いて、実車と模型のツーショット。

20221126_0132_n15

全体で20分程しか無かった撮影タイムだったので、模型の傾きを修正できないままとなってしまいましたが、参加の皆様方のご協力もあって実現したものでした。

20221126_0136_n15

模型とのツーショットを終えて最後は、大晦日から元日にかけて運転された「迎光号」の撮影。

20221126_0140_15

大満足の一日を楽しんだ後は、渋滞などどこ吹く風というくらい順調な中央道で高尾山口、八王子みなみ野、多摩境の各駅で希望者が下車、お開きとなりました。

この企画にお誘い頂いたM村さまはじめ京王OBの皆さま、富士山麓電氣鐡道の皆さまに心からお礼申し上げます。

 

 

2022年11月23日 (水)

どうしても線路の近くへ(2)

秩父ではここ、奥秩父荒川 柴原温泉の柳谷旅館に投宿。斯様な宿はOER3001氏には見付けられないでしょう。あの“なんとか割”と地域クーポンが利用できました。

Dsc_1230_23

温泉は計4回入り、何処の旅館でも出る鮪のお造りや海老の天ぷらなど一切出ず、秩父ならではの食材を使った山菜の天ぷら、猪鍋、鮎の塩焼き、自家製手打ち蕎麦など、食事も大満足でした。

2日目は朝食後、地域クーポンが使える店を探し、結局ドラッグストア、食品スーパーでの買い物となりましたが、道の駅にも回ります。道の駅と言えば「あらかわ」、向かう途中でここを通過するの1枚が撮れました。

20221119_1031_19

「あらかわ」は女性たちが興味を持ちそうなものが多く、放っておける施設です。駐車場からも撮ることができるので一石二鳥です。

20221119_1033_15

“自由時間”にして、OER3001氏は線路に沿いつつ歩き始めました。武州日野駅まではさほど遠くありませんでした。

20221119_1034_15

“SLパレオエクスプレス”を狙う場所定めはここにしました。

20221119_1036_15

時間までに、反対側から来る列車も撮っておきます。

20221119_1041_15

“本番”には同業者4人が出現。12:44に“本命”が近づいてきましたが、勾配ゼロの鉄橋では煙を出してくれません。

20221119_1046_15

鉄橋を渡りきったところから武州日野駅にかけて20‰勾配です。

20221119_1058_15

これを撮って「道の駅あらかわ」に戻りますが、途中の線路にこんなものが。

20221119_1065_15

「しゃくし菜」5㎏が3束、なぜこんなところに?

 

 

2022年11月21日 (月)

どうしても線路の近くへ(1)

幸せなことだと思わなくてはいけないのですが、定年後の職場で得た友人からの誘いで、晩秋の秩父旅行に加わることになりました。長瀞ライン下りを楽しみたいという女子たちを長瀞駅まで送ります。

20221118_1025_15

乗船券を購入後はOER3001氏一人の時間を楽しみます。早速やって来てくれたのはこの電車。

20221118_1006_15

およそ1時間後には長瀞駅に戻らねばならず、さほど遠くへは行かれません。それでもまあまあの場所で、影森に向かう貨物が撮れました。

20221118_1009_15

カラの貨車を牽くので走りは軽やかな感じでした。

20221118_1013_15

なるべく線路に沿って歩いて行くと、線路の反対側には長瀞の石畳と紅葉が広がっているではないですか。

20221118_1015_15

進んでいくとこの場所まで来てしまいました。親鼻鉄橋の上長瀞方です。羽生行が来てくれました。

20221118_1018_15_20221120123401

序でなので上長瀞駅を収めて、今度は線路の反対側を歩いて長瀞駅に戻りました。

20221118_1022_15

あと数分で長瀞駅かという辺りで「今どこ?」と入電。このあと仲間たちと合流し、宿へ向かいました。

 

2022年9月23日 (金)

今日の一枚 No.147

1999(平成11)年3月6日の夕刻、五泉駅から村松に向けて、蒲原鉄道のモハ71が発車したのを見送っていました。

19990306_0069n30

遠くの雪を被った山々は、磐梯朝日国立公園の一部でしょうか。

一枚の写真から、様々なことが判ります。蒲原鉄道は無くなってしまいましたが、磐越西線の線路左に見える白い五泉米集商協倉庫と右のダイヤ服飾のビルは、今も変わらずにあるようで、この翌月29日から開始された、C57 180 が12系客車6両を牽いての「SLばんえつ物語号」の運転は、23年を経た今も続いているのです。

 

2022年9月19日 (月)

TX

久しぶりにつくばへ出掛けることになり、つくばエクスプレスTXを楽しみます。北千住でTXのホームへ上がると、一番少数のTX3000系が入線して来ました。

20220917_0004_15

たった5編成のTX3000系なので、去りゆく後方を撮っておきました。

20220917_0007_15

乗車予定の列車までの時間で、暫しホーム先端で撮影。直流区間専用のTX1000系が来ました。

20220917_0015_15

続いては最大量数を誇る交直流車TX2000系。前面にV字形の赤い装飾を追加したので、より力強く感じるようになりました。

20220917_0020_15

予定の列車は快速。ほぼ高架の線路を最高時速130キロで飛ばすのは気持ち良く、TX3000系とのすれ違いも一瞬です。

20220917_0024_15

TXは全長20メートル車の6両編成。時速130キロメートルは秒速約36メートル。従って編成長120メートルが通過する時間は3.3秒。2編成がすれ違うのに必要な時間は・・・?

小学校の算数では、こんな問題が大好きでした。

 

 

2022年9月14日 (水)

秩父鉄道光景

朝の気持ち良い日差しの下、広瀬川車両基地に佇む12系客車を繋いだデキ201を。

20220911_1006_13

小前田駅方向に移動し、武川から影森方面に向かう貨物列車を撮影。デキ507でした。

20220911_1010_13

貨物のスジは、休日ダイヤでもほぼ1時間間隔で引かれているようですが、運休は少なくないようです。その間は電車を撮影しますが、深谷市らしく深谷葱の畑を入れてみました。

20220911_1024n_14

経営上、斯様なラッピングは大事な収入なのでしょうが、電車ファンとしてはどうしても好きになれません。

20220911_1032_13

電機も色々なカラーが登場していますが、かって松尾鉱業鉄道から譲受した電機のカラーが標準色に。

20220911_1038_13

グリーンで裾にホワイトを入れたデキ505はあまり違和感を感じずに済みます。

20220911_1041_13

でも、旧来のこの色が一番落ち着きますね。秋の花とのショット、なかなか良いでしょ。

20220911_1052_13

いかんいかん、電機に目が行くとつい、また余計な妄想が・・・。

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2023年2月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28        

他社線ご案内

無料ブログはココログ