今日の一枚

2021年3月 1日 (月)

今日の一枚 No.101

「今日の一枚」シリーズも101回目となったことから101系を。

もとより国鉄の電車にはあまり興味がわかず、真剣に撮ったことはあまり記憶にないのですが・・・、ありました。しかも101系元祖のオレンジとカナリヤ両方が収まっていました。

19781014_061518_15

若しかしてここ、モハメイドペーパーさまのお膝元だったかも知れません。

 

2021年2月17日 (水)

今日の一枚 No.100

この「今日の一枚」シリーズも100回目になりました。 記念すべき(何を?)100回目としてふさわしい(かどうかはわかりませんが)一枚は・・・これにします。

20210215_0026_18

久しぶりの級友との待ち合わせで出掛けた新百合ヶ丘。 級友から5分ほど遅れるとのメールを受信したので、それなら撮れるぞ! と判断して撮れた一枚。 まさにこの日の一枚なのです。

例の女性蔑視発言で辞任したM会長といい、コロナ禍といい、果たしてオリンピック・パラリンピックが開催されるかどうか?

そんな中でムードを高めようと、オリパラ装飾電車が走り出しています。 これも「中止」なんてことになったら、早々にラッピング剥がされてしまうのでしょう。 撮るなら早めにですね。

 

 

2021年2月13日 (土)

今日の一枚 No.99

つい、昨日のことだと思っていたら・・・、もう10年前のことだったのですね、この顔が引退してから。

20110130_0039_25

記念のヘッドマークを掲げた5268F、黒川の陸橋で待ち受けました。 この後、相模大野への回送も撮りたくて、鶴川-町田間へ急ぎましたっけ。 

 

2021年2月 6日 (土)

今日の一枚 No.98

暑かった1970年7月17日の夕方でした。

昭和10年 川崎車輌

昭和25年 大井工場 更新修繕-Ⅰ

昭和31年 日本車輌 更新修繕-Ⅱ

とプレートを重ねた日本国有鉄道の車両に目が釘付けになりました。 

19700717_0024__15

国分寺駅4番線に停車していたのはパンタを下ろしたクモハ400074。国分寺ー東京競馬場前5.6キロの下川原下河原線専用の車両となっていたのだが・・・。

19700717_0025__15

残念ながら一度も乗ることなく、下川原下河原線は1973年4月に廃止となってしまいました。

この日、鉄道労働科学研究所からの帰りでした。 人間工学を学んでいた学生時代、大学の研究室から実習先として2週間の“通勤”をしたことも懐かしい想い出です。

 

 

2021年1月28日 (木)

今日の一枚 No.97

ここのところ度々アップしてるハーフサイズカメラ“Canon demi”で撮った一枚から。

時は1967(昭和42)年1月の113系、伊東駅構内と思われますが、正面には「伊東-伊豆急下田」のヘッドマークのような運板が。 伊豆急線内の列車として、国鉄車両が運用されていたようです。 先頭からTc-M'-M-Ts-M'-M-Tcと、1等車サロ111を入れた7両編成です。

196701

モノクロフィルムゆえ、塗色が判りませんが、スカ色だったのではないでしょうか。

開業から5年を経過した伊豆急でしたが、この頃は国鉄からの直通運転ばかりではなく、国鉄車両による自社線内運用も少なくなかったのでしょうか。

 

2021年1月26日 (火)

今日の一枚 No.96

製作再開のスイス風フリーの電車は登山電車風ですが・・・、1965(昭和40)年1月の箱根登山鉄道にはこんな電車もいました。 ハーフサイズカメラ“Canon demi”での撮影です。

19651

強羅駅の片隅、とは言えどプラットホームからよく見える場所に、いつもこうして止まっていたことを思い出します。

色褪せた感じの小豆色、ブリル21-E形台車の2軸車、屋根にはビューゲルが載ったかわいらしいスタイル。 ユ1形と称して、その昔は温泉地旅館への食材輸送を担っていたらしいが、撮影時は既に鉄道資材等の運搬に従事していましたが、1976(昭和51)年に廃車されてしまいました。

 

2021年1月13日 (水)

今日の一枚 No.95

1966(昭和41)年6月のようです。 新宿駅3番線に停車するクハ76 057を最後とする37M列車、甲府行を撮っていました。 勿論カメラはハーフサイズのCanon demiなのでアップに耐える画像ではありません。

19660600_25

ただこれだけの写真なのですが・・・、クハの正面背後に見える“Keio”の文字は京王線新宿駅上の京王百貨店で、画面右上には、その後小田急百貨店の一部となる地下鉄ビルが建設中(帝都高速度交通営団建設)で、その間にはまだ小田急百貨店の本館となるビルの姿は見えません。

現在小田急百貨店となっているビルを含む一体が2029年、48階・高さ260メートルの高層ビルに生まれ変わるというニュースが発表され、今の西口開発の歴史を見て育った立場として年輪を感じます。 ちょうど先週から書店に並んだ雑誌に、興味深い記事が掲載されました。

136119418_1698040880375888_2925639446976

著者は建築家の乾純氏。 多面的に活躍されて居られる方のようですが、まさかあの方と同姓同名の方がいらしたとは驚愕です。

135602783_1698040850375891_5702624861101

その雑誌がこれ、なかなか読み応えある内容です。

136186858_1698040670375909_1366853643674

鉄道好きには駅は魅力的な場所ですが、「駅」の捉え方だけでも多くの視点があります。 その駅について、コロナ禍で利用が自粛されている折、知識を広め、深めてみるのも一興かと思います。

 

 

2020年12月24日 (木)

今日の一枚 No.94

昨日掲載の「冬至」、辻堂駅での撮影を取り上げて、急に藤沢駅での想い出に戻ることにしました。

藤沢は小田急江ノ島線との接続駅で、小田急江ノ島線は東海道線をオーバークロスして藤沢駅に到着します。 JRの上を行く小田急とのツーショットは、何度か狙っているのですが、なかなかタイミングが合いません。

19991120

この時は251系スーパービュー踊り子と辛うじて。 もう少し251系が手前に来てくれていたら良かったのですが、贅沢は言えません。

 

 

2020年12月11日 (金)

今日の一枚 No.92

すっかり変貌する渋谷駅界隈ですが・・・、OER3001氏にとって渋谷は東横線始発駅、あの広い改札から見渡せた頭端式のプラットホームが印象的でした。

ある日仕事で訪ねた得意先の新築社屋。 そのロビーからの眺めは、カメラを向けざるを得ないものでした。 仕事鞄に常時デジタルカメラを忍ばせてしていて良かった!

東横線渋谷駅の全貌を収めることができました。

20061013_0067_60

応接室へのご案内を待つ間の一瞬が、素晴らしいプライベートタイムとなりました。

東急は今、全力で事業基盤である渋谷という街を大改造していますが、こんな素晴らしいターミナルを失ったのは悲しいです。 鉄道会社である以上は、始発駅を大事にして欲しかったと思うのですが・・・。

 

2020年12月 8日 (火)

今日の一枚 No.91

歴代のロマンスカー全部をカメラに収めてみました。

20201206_1023_18

新宿駅の特急ロマンスカー専用にしている1号線(1・2番ホーム)の先端壁面に描かれている歴代ロマンスカーのイラスト、3000形SE車から最新の50000形GSEまでを収めるのは長いです。

もう少しホームの人が下がっていてくれたら良かったのですが・・・。

より以前の記事一覧

フォト
2021年3月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

他社線ご案内

無料ブログはココログ