博物館

2024年4月14日 (日)

京都鉄道博物館へ(湘南電車)

OER3001氏誕生の前年に登場した“湘南電車”は憧れの存在でした。そのトップナンバーを見るのが楽しみでしたが、ゲート入場でまず目に入ります。

20240301_0050_16

これこれ、この顔。3枚窓でオデコの前照灯が飛び出ている。

20240301_0051_16

下から見上げてみます。運行窓の「086」は愛嬌です。

20240301_0068_16

連結器上部の台枠部分に足掛けがあったと思っていたら無かったのですね。

20240301_0069_16

側扉は3段窓でしたが、これは当時製造されていた73系用の流用だったからなのでしょうか。

20240301_0059_16

パンタもPS13、懐かしい~!

20240301_0056_16

奇麗に磨き上げられた車体は惚れ惚れするものですが、どこか妙な感じ。そう、雨樋に違和感あり。クハ86001の表記は柵で撮ることできず残念。

20240301_0058_16

車内を覗き込めば、父に乗せてもらった時の記憶が戻って来ます。

20240301_0057_16

妻面から覗けますが、アクリル板に自分の姿が映って見づらいのが残念です。グローブに収められた電球の室内灯が懐かしい。

20240301_0066_16

ここの展示車両は、ホームが設けられているので台車や床下が見られないことがとても残念です。

20240301_0065_16

モハ80001の表記の上になんと、「広島車両所 昭和60年11月修復」のプレートが! ここに付けなくてもイイだろうと思うのですが。

20240301_0067_16

まあ、いろいろ不満はありますが、午前中の早い時間だったのでまだ来館者も少なく、ゆっくり見学できたことで良しとしましょうか。

 

 

2024年4月12日 (金)

京都鉄道博物館へ(プロローグ)

この日、のぞみ291号の乗客となり、ここ梅小路京都西には10時前に到着しました。お多福のように見える先頭車間転落防止幌はどうも気に入りませんが “前パン”はカッコイイ。

20240301_0041_18

梅小路京都西駅の東側(西の東?)には京都市電の2001号が保存されています。

20240301_0043_18

現役時代の写真が無いかと探してみましたが・・・、残念ながら2001号はありませんでした(涙)。活気があった京都駅前の画像で我慢。背後のビルは京都中央郵便局ですね。

19760905_040614__14

日立KL-11形台車もしっかり見ておきます。

20240301_0044_18

初めて訪れることになる京都鉄道博物館、正面入り口横には風格ある建築物が。明治37年建設で京都市指定有形文化財に指定された旧二条駅舎です。

20240301_0048_18

その前には動輪が。残念ながらこの動輪に関する説明が立ち入り可能な場所に無く、詳細は判りませんでした。

20240301_0049_18

その二条駅、現在は高架島式ホームになっているのです。

20130124_0021_33

周辺を見てからいよいよ入館することとします。早くに到着したので、駐車場もまだ空いています。

20240301_0042_18

ゲートから直ぐ、懐かしい車両の姿が見えます。

20240301_0047_18

ここに入館したらいったいどのくらいの時間が経過するのか? 以後の予定は無計画として、JR東の鉄道博物館、JR東海のリニア・鉄道館、JR九州の九州鉄道記念館と比較してみたいと思います。(以後不定期掲載)

 

2024年3月21日 (木)

新宿駅西口

新宿グランドターミナルの実現に向けた基盤整備が進む西口、2年前まではこんな風景でしたが・・・。

20220629_0006_18

西口を象徴する風景はすっかり変わって来ました。3月8日時点の記録です。

20240308_0014_18

地上に上がってみれば、小田急百貨店の本館はすっかり解体され、東口のビル街が見渡せます。

20240308_0013_18

左が小田急ハルク、右に京王百貨店。その真ん中にあった小田急本館の姿は無く、東口のルミネ エスト(旧新宿ステーションビル)が見通せます。

20240308_0008_18

解体前の光景は、海老名のロマンスカーミュージアムのジオラマで今も見ることができます。(3月6日)

20240306_0097_18

東側からの光景ですが、南口(左側)のミロードも、まもなく解体工事が始まります。

20240306_0094_18

渋谷も大工事が進み、新宿も。池袋は西武百貨店がヨドバシカメラ資本が投入されてと、東京のターミナルがどんどん変貌して行くようです。楽しみというより・・・寂しさを感じます。

 

2024年3月11日 (月)

ロマンスカーミュージアムへ

2年ぶり、4回目かな? 久しぶりのロマンスカーミュージアムは、出展写真家のお一人からのご案内がきっかけで、この日から始まった写真展「白いロマンス、ふたたび」を見るのが目的でした。

エスカレーターを下り、モハ1を過ぎるとロマンスカーギャラリーと称する代表的なこの空間。

20240306_0023_16

写真展はここで展開されています。

20240306_0001_16

15人の方々の素晴らしい作品と共に、VSE活躍の映像が流れています。

20240306_0002_16

ちょうどご案内頂いた方が会場に居られ、暫し歓談することもできました。

20240306_0020_16

写真は、⼩⽥急電鉄の歴史をまとめた企業年表が掲げられている<ロマンスカーアカデミアⅠ>でも展示されています。

20240306_0071_16

そんなロマンスカーミュージアム、収蔵車両が奇麗に維持されているのは彼女達の丁寧な清掃作業によるものです。伺ったところでは水拭きだそうですが、車体外板を丁寧に拭く他、手すりや溝も。「ありがとうございます」と声を掛けました。

20240306_0061_16

立ち入ることができる車内では、窓ガラス、壁面やテーブルを拭く他、1座席づつ粘着ローラーで埃を取っていました。

20240306_0063_16

本当に丁寧な作業ぶりに、小田急ファンとして嬉しくなりました。

写真展「白いロマンス、ふたたび」 は3月25日(月)までです。

 

2024年2月14日 (水)

帝都高速度交通営団 丸ノ内線車両

今回のタイトルはあえて当時の呼称です。

鉄道車両の車体色は濃色のブラウンやグリーン系が主流だった1953(昭和28)年に開業した地下鉄新線「丸ノ内線」、腰部に白帯を巻いた真っ赤な車体、しかも白帯にはサインカーブ状の曲線がステンレスせ装飾されたデザインの車両には、とても驚いたことを覚えています。

それは300形と言う車両でしたが、その後の400形を経て1957(昭和32)年以降に増備された500形の内、1992(平成4)年に廃車された652が、なぜか京王相模原線・京王堀之内駅隣接地にやって来ました。営団50周年記念事業として無償で寄贈されたとのことでした。

20000205_0002_n30

多摩ニュータウンに丸ノ内線車両?という違和感もありましたが、OER3001氏にとっては比較的近所で保存されたと言うことで嬉しく思っていたものです。

その後いつだったか、この地から姿を消してしまいました。新しい保存地は、この地から近い場所に移設された四ツ谷見附橋(ここでは長池見附橋と改称)の近くとの噂もありました。

20221102_0006_16

しかし実態は、2000(平成12)年12月に八王子市立こども科学館(現・コニカミノルタ サイエンスドーム)に移動、静態保存されています。どうしたことか急に見に行きたくなり、晴れた日に八王子まで出掛けてみました。

JR八王子駅北口を出て歩行者専用の西放射線ユーロードを歩きます。歴史ありそうな染物店や茶道具、陶器店、饅頭店や飲食店などを横目に、国道20号(甲州街道)に出たら西へ。途中に甲州道中八日市宿跡なる碑がありました。

20240210_1008_16

しかしそこは、今はビュータワー八王子という高層ビルに。

20240210_1009_16

ほどなくして八幡町交差点で右へ、北に向かいます。すると八王子商工会議所、百年之碑なる立派な石碑が建っていました。

20240210_1010_16

その八王子商工会議所の向こう、赤い郵便ポストを左に曲がれば、赤い電車が目に入ります。ここまで時々寄り道しながら30分弱のウォーキングでした。もちろんバスもありますので脚に自信のない御方はバスでどうぞ。

20240210_0001_16 

保存車は「コニカミノルタ サイエンスドーム」(右後方のビル)の先にありますので、前方にまわって撮りましたが、午後の方が正面に陽が回るようです。

20240210_1054_n16

太陽光発電パネルの上屋の下に、フェンスで守られて保存されていました。行先表示が「流星号」と違和感大ですが、プラネタリウム併設の施設なので仕方ありません。

20240210_1014_16

駐車場側にホーム(?)が設けられ、土日祝日には車内が公開されています。

20240210_1018_16

早速車内に入ってみます。サーモンピンクだった車内色が日焼けでクリームになってしまっていますが、デコラではなく塗装部分はしっかりサーモンピンクが維持されています。

20240210_1025_n16

運転台も荒らされた形跡も無く、ほぼ当時のママだったということが嬉しい限り。欲を言えば上を向いたデッドマン機構付きマスコンを、しっかり回してロックして欲しいけど、若しかしてロックできないタイプだったのかな?

20240210_1024_16

あの駅に進入時、発車後に一瞬天井灯が消えて暗くなった車内、代わって点灯した小糸製作所製の予備灯も。なんと懐かしいことか。

20240210_1030_20

冷房なんか無いのが当たり前の時代、天井の大型送風機にどれだけ恩恵を受けたことか。営団のSマークもしっかり残っていました。

20240210_1045_16

驚いたのは車内の広告。1992(平成4)年当時の広告がそのまま掲示されていると言うこと。百貨店やブライダル系の広告が多くあり、現存しない施設も少なくなく、当時マーケティング関連の職に就いていた身にとっては記憶が戻って来て楽しいひと時でした。

20240210_1026_n16

たっぷり車内見学を終え、最後に道路向こうから側面を撮っておきました。

20240210_1056_16

そして振り返りながら妻面方向からも。

20240210_1057_16

地下鉄博物館収蔵の300形301を観察するのとはまた違う、素敵なひと時を楽しめました。

 

2023年12月17日 (日)

品川へ

渋谷、新宿と大工事が行われている中、品川も負けてはいません。ちょっと来ない間に、なかなか凄いことになっていたのですね。

20231215_0002_20

その話題はまた別の機会にと言うことで、今回は高輪へ。とは言ってもこの新高輪プリンスホテルは関係ありません。ここを右に見つつ、左へ行きます。

20231215_0009_20

目的地はこの建物。さほど大きくはありませんが何か風格を感じます。

20231215_0010_20

「MUSEUM OF LOGISTICS」直訳すれば物流博物館。斯様な存在をつい最近まで知りませんでした。

20231215_0011_20

訪れた目的はこれ。SNSで開催を知り、思い立って出掛けることにした次第です。

20231215_0019_20

残念ながらその企画展は撮影禁止なので、入手した図録(500円)他から展示内容の一部を紹介しましょう。まず注視してしまったのがこの光景。1/30の模型が良くできていて素晴らしかったこと。貨車の積み荷まで作られていました。

20231215_0097_20

明治時代の構内配線図など、見ていて飽きませんでした。

20231215_0092_20

貨物輸送がコンテナになろうとする時代、あのチキ5000形に積むコンテナの素材は、鋼鉄、アルミ、木台で試作していたのです。

20231215_0094_20

汐留駅が閉鎖される前年の写真。今は駅舎が復元されていますが、この時はその影もカタチもありません。

20231215_0095_20

築地市場に門司からの鮮魚列車が直行していたことなど、どれも懐かしく見入ってしまいました。

代わって常設展示場は撮影OK。入るとすぐ、1/80の鉄道模型他で解説が。

20231215_0013_20

貨物ターミナルのジオラマが楽しい。鉄道はNゲージですが、コンテナを牽いたDLが前後していました。

20231215_0014_20

鉄道貨物ターミナルの横はトラックターミナルにはトラックが出入りしています。その奥はコンテナターミナル。コンテナ船の積み下ろしが見られます。その奥は空港。航空貨物の取り扱いが展開されています。

 20231215_0015_20

この博物館、なんとシニアの入場料は100円。公益財団法人 利用運送振興会なる法人が営んでいたのです。企画展は1月21日までです。年末年始は休館が続きますが、都合を付けて見学されては如何でしょうか。

 

2023年11月11日 (土)

東武博物館へ

何度目かの東武博物館。この日は夕刻の約束に出掛ける前に、どうせ都心に出るなら交通費を無駄にせずということから遠い寄り道となった次第。

東京メトロのワンデーチケットを活用し、押上から東向島へ向かいます。いきなりスペーシアが。

20231025_0005_16

高架線下の博物館、入り口を撮影したのは初めてかも知れません。」

20231025_0113_16

デハ1形(5号)はこの日も奇麗な姿で堂々と。

20231025_0007_16

平日の昼間と言うことで来観客は少なく、自由に見て回れるので車内をゆっくり楽しみます。

20231025_0006_16

生憎、屋外に展示されている5700系5701号とED101形101電機は、修繕作業中とかで館内からしか見られなかったので、一通り館内見学後は無料で楽しめる屋外へ。

DRCの前照灯部分、保護のために覆われたアクリル板が曇ってしまい悲しい限り。眼を擦りたい気分になります。

20231025_0060_16

日光軌道線200形(203)は奇麗な姿を見せてくれています。

20231025_0066_16

普通はここまででしょうが、国道6号線を越えた高架下に保存展示されているべヤーピーコック社から購入の6号機を見に。

20231025_0068_16

折角なので、保存機と現役車両のツーショットを試みることに。

20231025_0078_16

高架下の蒸機は黒いので目立ちません。さらに、高架上に電車が来た時に国道を通過するクルマに被られないか心配しながら、なんとか「りょうもう」を収められました。

20231025_0086_16

通勤車を捉えましたが、東武の電車で良かった! 実は乗り入れてくる東急やメトロの車両も多く、それではこのツーショットの意味が無くなってしまいますから。

20231025_0110_16

ということで、博物館の内外を楽しんでから、約束の場所に移動しました。

 

2023年10月24日 (火)

Nostalgie Istanbul Orient Express に乗る

天気に恵まれた平日の昼下がり、あの“Nostalgie Istanbul Orient Express”に乗車しました。

乗車車両はコート・ダジュール型とされる1928年製のNo.4158、定員28名の客車。

20231017_0028_16

1988(昭和63)年、フジテレビの企画で「オリエント急行’88」として日本国内を走りました。その初日は上野からD51 489が牽引するというので撮影に向かいましたが案の定どこも凄い人・ひと・ヒトの中、辛うじてこんな写真を。

19881223_151503_n15

尾久からの回送時にNo.4158を捉えていました。この時は日が差していたのに・・・(涙)。

19881223_151408_16

3か月かけて日本全国をクルーズトレインとして走行した後、翌年に帰還しています。車内にはルネ・ラリック(René Lalique、19世紀から20世紀のフランスのガラス工芸家、金細工師、宝飾デザイナー)によるアール・デコの装飾が施されていることから2004(平成16)年に再来日、箱根ラリック美術館の特別展示「ル・トラン」となっています。

乗車には飲み物とデザートがセットとなる「乗車券」を購入する必要があります。事前予約はできません。

20231017_0030_16

近年、日本の鉄道車両のデザインで活躍(?)する某氏の、車体にベタベタアルファベットを並べるのとは違って、気品ある標記は良いですね。

20231017_0039_16

車両中央部にはワゴン・リのエンブレムが堂々と。

20231017_0042_16

車両全景も何とか撮れる空間が良いです。

20231017_0043_16

ルネ・ラリックによるアール・デコの装飾が施された車内、M岡デザイナーとは違い見事なものです。

20231017_0061_16

この日、OER3001氏夫妻はこのテーブルに。

20231017_0057_16

「オリエント急行’88」の時には大宮まで追いかけ、ホーム停車中に客車を見学しました。

19881223_151512_15

車内のテーブルランプやテーブルセットに憧れたものでした。

19881223_151511_15

その車内を愉しんで驚いたのは、製造された時代にはまだプラスねじが無かった筈。使われているマイナスねじの方向が水平に保たれていたこと。

20231017_0055_16

アール・デコの装飾に加えて、車内のこんな所にまで神経を尖らせて製造された車両だったとは!

20231017_0058_16

見事な空間で、“到着時刻”までの40分間をゆったりと過ごすことができました。

 

 

 

2023年1月21日 (土)

シニアの遠足

中京地区に在住する同学年の友人が出張して来た機会を利用し、3人でシニアの遠足となりました。乗換駅で普段あまり目にすることが無い電車を撮っておきます。

20230120_0001_15

天気にも恵まれ、風も無く暖か、海も穏やかな日となりました。

20230120_0005_15

見上げれば、羽田を離陸した福岡行きJALが上昇中でした。

20230120_0006_15

何度か訪れている所なれど、“入場”は初めてでした。山下公園に係留・保存され2016年に重要文化財にしてされている氷川丸の「一等客室」。英語表記は「First-class cibin」でした。

20230120_0011_15

一等食堂にはその食事も並べられていて、豪華な雰囲気が伝わって来ます。

Dsc_1337_25

こちらはさらにその上「一等特別室」、英語表記は「Delux cabin」でした。First-classより上はDeluxのようです。

20230120_0013_15

バスルームを挟んで隣にはこんなスペースまで。この「一等特別室」は天皇・皇后両陛下もご利用されたとありました。

20230120_0014_15

その氷川丸を、マリンタワーと共に収めておきました。これも初めて行ってみた大桟橋の屋上から。

20230120_0028_15

こまめに写真を撮っていませんが、日本郵船歴史博物館~氷川丸~中華街で懇親~山下公園~大桟橋~赤レンガ倉庫と歩き、帰宅時には20,000歩を越える“遠足”になっていた次第です。

 

 

2020年11月14日 (土)

地下鉄博物館のジオラマ

鉄道の博物館での魅力の一つは模型が走るジオラマですが、「地下鉄」ということもあってその設計には悩んだものと思われます。 ほとんどが外からは眺められない地下なのですから。 こちらがその「メトロパノラマ」全景です。

20201104_0044_20

定刻になると女性スタッフが登場、制御盤の「全自動運転」スイッチを押すだけで朝からの一日が繰り広げられます。

20201104_0021_20

先ずは第3軌条集電の銀座線と丸ノ内線は赤坂見附で並びますが、この場面ではどちらも過去の車両たち。 

20201104_0026_20

でも心配無用、最新型車両の新1000系、新2000系も複線の反対周りに登場します。 両者は同じ車両基地で並びます。

20201104_0035_20

20201104_0036_20

車両基地には歴史的な車両もしっかり保存されていました。

20201104_0031_20

日比谷線には13000系が登場、日比谷駅に停車中です。

20201104_0028_20

東西線にはワイドドアの15000系、千代田線には引退した06系。

20201104_0038_20_

千代田線の06系が快走する左側の線路は南北線、9000系でした。

20201104_0032_20

副都心線10000系、半蔵門線8000系の走行を撮ることはできませんでしたが、車両基地で並んでくれました。

20201104_0040_20_

この他に有楽町線7000系もちゃんと走っていましたが、残念ながら撮影は叶わずでした。

いずれにしても平日は本当にゆっくり楽しめます。 リタイアされたシニアの方は是非、ウォーキングがてらに足を運ばれることをお勧めします。

 

 

より以前の記事一覧

フォト
2024年4月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30        

他社線ご案内

無料ブログはココログ