鉄道(施設)

2021年4月24日 (土)

貸付財産票

「まん延防止等重点措置」発令中の、やむを得ない都心への外出の帰路は、混んだ電車に乗ることを避け、座席指定料金410円を支払うことにしました。

座席はいつものようにスマホで1号車5D席を購入。ホームで到着を待つ間に斯様な撮影をしていたら・・・。

20210417_0032_15

1・2番ホーム先端の柱にこんな表示が!

「貸付財産票」、京王線新宿駅の乗降場として2,124平方メートルが、昭和63年3月8日以来東日本旅客鉄道から貸し付けられていたということを示す内容です。

20210417_0031_15

なるほど、思えばあの戦争で東京が壊滅的被害を受けたとき、それまで“甲州街道上を進んで来た京王線”はと言うより、京王線の始点は国鉄を越えて新宿御苑手前の追分だったのを、急遽国鉄駅隣の小田急駅の西側に設けたのがことの起こりだったと言うことを思い出しました。京王の用地では無くずっと国鉄から貸し付けられていたのですね。

そこで今は、5000系を迎えます。

20210417_0033_15

橋本行き“京王ライナー35号”となるこれで、密を避けてのゆったり帰宅でした。

20210417_0036_15

すっかり快適な座席指定列車まで走るようになった京王線、OER3001氏には地上駅時代の板張りホームから、14m小型車に乗った頃の想い出が蘇ってきました。

 

2021年4月21日 (水)

新ホームドア

目的地の市ヶ谷は、いつもホームから見える堀の景色に癒やされます。若しかしてホームドア設置後に降りたのは、この日が初めてだったかも知れません。時間的にゆとりがあったのでつい、下校時の光景に視線が。ちょうど大妻学園の生徒達の下校時刻だったようです。

20210417_0017_16

そこで、大妻学園の生徒さんにもご協力頂き、ガラス扉ではなくガードだけと軽量化された新型ホームドアの様子を観察してみました。

20210417_0018_16

電車が到着すると、従来のガラス扉同様に左右に開き始めます。

20210417_0020_16

20210417_0024_16

ホームドアが完全に開いたところで、車両側のドアを開きます。

20210417_0026_16

開いた状態はご覧の通り。

20210417_0030_16

乗り越えようとする輩はガラス扉でもなんでも乗り越えるでしょうが、これで充分なのでは無いでしょうかね。ホームから車両写真を撮ることが少なくない身には、柵の間からカメラを構えれば低アングルの撮影も可能なこのタイプを歓迎します。

 

 

フォト
2021年6月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30      

他社線ご案内

無料ブログはココログ