鉄道(貨物専用)

2022年3月26日 (土)

岩手開発鉄道を見る

盛駅にはJR東日本と三陸鉄道の駅舎が並びます。しかし線路があるのは三陸鉄道だけ。JRはBRTに転換され、線路はありません。

20220316_0142_15

駅舎右手の跨線橋に上げれば、三陸鉄道の検車庫と収容線が見渡せます。

20220316_0138_15_20220324222001

その横にもう1社、駅舎が無い貨物専用鉄道の線路があり、車両が停まっていました。岩手開発鉄道です。大船渡市内陸部の大船渡鉱山から産出される石灰石を、同市赤崎町にある太平洋セメント大船渡工場まで輸送する、全長11.5㎞の路線。

20220316_0122_15

4両のディーゼル機関車を所有するが、ここで見られたのはDD5652。DD13に似た形状だが、エンジンは直噴式のDMF31SDI(600ps)に換装されているとのこと。

20220316_0124_15

線路脇公道から、ちょうど良い角度で撮ることが出来ました。

20220316_0126_15

OER3001氏が、斯様な模型製作に挑むことなどあり得ませんが、一応貨車も撮っておきます。

20220316_0128_15

貨車はホキ100形。国鉄セキ3000形貨車との同一設計の35tホッパ車で、1960(昭和35)年から2000年(平成12)年にかけて製造された52両の内、45両が現役のようです。

20220316_0130_15

下部荷卸開戸は電動式だそうで、台車はコロ軸受けのTR213C形とTR225形

20220316_0132_15

誰かが“作りたい”と言ったときの参考になればと、念のため細部ディテールも押さえておきました。

20220316_0133_15

ホッパ車なので上からの眺めも重要です。

20220316_0135_15

どれも良く整備されている感じでした。石灰石を満載しての走行を撮りたかったですが、ダイヤも知らず残念です。

 

 

フォト
2022年9月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

他社線ご案内

無料ブログはココログ