BRT

2023年10月28日 (土)

JAPAN MOBILITY SHOW 2023

隔年で開催されてきた「東京モーターショー」から「Japan Mobility Show2023」と名称変更、自動車業界だけでなく、様々なモビリティ産業も一緒に多くのお客様に「未来の日本」をご体感いただく場としての開催だそうですが、縁あってプレスデーにご招待頂けました。

Dsc_1735_25

ガソリン車からハイブリッド、そしてEVへとシフトしている自動車分野。

20231026_0001_16

トヨタも日産他各社ともコンセプトカーを並べています。

20231026_0010_16

そんな中、スバルは“空飛ぶクルマ”も。クルマに似せた外観ながら実態は“ドローン”のようです。

20231026_0007_16

出た、ホンダはジェットです。

20231026_0013_16

また、先のスバルのようなドローンをベースにしたような乗り物も展示していました。

20231026_0018_16

「空を飛ぶ」ということには多くの企業が取り組んでいることがわかりました。

20231026_0032_16

OER3001氏にとってはこちらです。やはり線路の上を走る乗り物ですよ。

20231026_0031_n16

5月下旬に、鶴見線で試験走行する姿に出合ったFV-E991系です。

20230531_0059_16_20231027104901

その内のFV-E990-1だけ展示されています。動力を持たない制御車(クハ)だけが展示されています。

20231026_0020_16

この「クハ」に、水素タンクや燃料電池といった新時代の武器が搭載されているのですから。

20231026_0025_16

それでも37.3トンという自重です。試験走行時にはじっくり観察できなかった床下機器、ゆっくり観察・記録することができました。

今回のイベントでマスコミ各社から注目されたのがこれ、ツバメインダストリの登場型ロボット「アーカックス」でした。

20231026_0035_16

これが「乗り物」かとも思うのですが、300万ドルでの発売だとか。一体どんな活躍を見せてくれるのか楽しみです。

この“JAPAN MOBILITY SHOW 2023”は11月5日まで。ご興味ある方は是非、東京ビックサイトへお急ぎください。因みに東京ビックサイトへの移動には、新橋か豊洲からゆりかもめを利用するのが主流でしたが・・・、

今回は帰路にBRTを利用してみました。運賃が220円とゆりかもめより安く、新橋までの所要は20分弱と便利です。因みに車両はこのデザイン。

20231025_0195_16

連接バスもありますが、残念ながらこの日に利用したのは普通の車両でした。

 

2022年3月27日 (日)

BRTに乗る

あの3.11、東日本大震災で甚大な被害を受けた鉄道の復旧に際し、BRT(Bus Rapid Transit) に転換して復旧させたのが、気仙沼線 柳津-気仙沼間と大船渡線 気仙沼-盛間。まさか鉄道好きがBRT全線に乗ることになるとは・・・。

三陸鉄道で着いた盛、JRの線路があった筈のところはこの通り。

20220316_0117_15

駅舎の中に、Nゲージジオラマでその様子が展示されていました。

20220316_0119_15

線路があった場所は舗装されてしまいました。三陸鉄道からの分岐器が、JRの線路があった時代を伝えているようです。

20220316_0140_15

“2番線”が大船渡線BRTの乗り場。最初は陸前高田行きに乗車します。

20220316_0148_155

踏切だった場所では、BRTが通らない時は一般車の誤進入を防ぐための遮断機が設けられています。BRT接近に伴い、遮断機がが上がり、一般車側は停止して通過を待ちます。

20220316_0149_15

車窓に広がる風景は、3.11の津波が如何に酷いものだったのかを伝えています。

20220316_0153_15

単線を道路に転換したので、対向車とのすれ違いは出来ません。要所要所に待避所が設けられ、対向車と交換するところは鉄道のシステムです。

20220316_0155_15

高台に移転した陸前高田駅は、立派な駅舎ですが、線路はありません。ここで気仙沼行きに乗り換えでした。

20220316_0160_15

これがあの“奇跡の一本松”。右には津波で全壊した陸前高田ユースホステルの建物が残されています。堤防が造られたことで見ることが出来なくなった広田湾に面したこの辺り一帯が、高田松原だったのですね。

20220316_0168_15

気仙沼でも駅舎にはNゲージジオラマが展示されていました。

20220316_0171_15

洒落た駅舎になっています。

20220316_0172_15

ここからは一ノ関方面への線路があります。

20220316_0176_15

残念ながらここから気仙沼方面は、線路は撤去されてしまったのです。

20220316_0177_15

OER3001氏は気仙沼線のBRTに乗り換えます。

20220316_0178_15

山間部で続くトンネル、線路があって気動車が往来していた姿が偲ばれます。

20220316_0179_15

ここでも“列車交換”です。

20220316_0180_15

BRTの終点は柳津駅。左側の道路を来たBRTは、乗客を降ろして車庫に行きました。ここからは線路の上を走れます。

20220316_0188_15

僅か10分程の乗り換え時間で、この柳津駅の様子も刻んでおきました。終わってみればBRT区間全線走破などという貴重な体験、二度目は無いでしょうね。

 

 

フォト
2024年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

他社線ご案内

無料ブログはココログ