鉄道模型(0番)

2022年10月 9日 (日)

Oゲージストラクチャー

天袋の奥から出てきたこんな箱。妻面に「№3ホーム」とゴム印が押されています。。

20220928_0018_15

早速取り出してみたらこれが! 何せ60数年前のものですから、部分的には錆もありますが、まあまあ奇麗です。

20220928_0014_15

上屋にはスクリューソケットに電球をねじ込む方式の小さな照明器具が付いています。

20220928_0015_15

やや、上屋から下げられた案内板には・・・、

20220928_0016_15

小学3年生の時かな? 小田急がHE車4編成を導入するという駅貼りポスターに刺激されて書いたようです。なんとも微笑ましいではありませんか。そうして今に至っているのです。

 

 

2022年10月 5日 (水)

3線式Oゲージ線路発見

天袋の奥から、こんなものが出てきました。「平行 切換ポイント右左」とゴム印が押された馬糞紙のような紙箱。

20220928_0004_15

丁寧に開けてみると・・・、ガラレールの平行ポイント。大事にして遊んでいた小学生低学年時代を思い出しました。

20220928_0001_15

手動切換てこ1器が付いていて、真鍮線で連動しています。中央レールはコレクター集電ですから、分岐する箇所でショートしないように絶縁されていますが、その絶縁体はどうも竹材のようです。

20220928_0002_15

ところが、反対側の絶縁材は赤く示したように剝がれていました。そう言えば、ここで車両が止まってしまい、原因が判らず落ち込んでいたことがあったような・・・。

20220928_0003_m

さてさて、こんな歴史的に貴重なものが見つかってしまいましたが、この先どうしましょうね。

 

2022年10月 3日 (月)

落胆から脱却すべく

詐欺に遇い、多大な損賠を被ることになった我が身の愚かさに落胆しています。立ち直るには相当な時間がかかりそうですが、まずは日常を取り戻そうと。

PC画面いっぱいの「ウイルス感染」との表示は、一種の「広告」だったようです。恐喝広告を強制的に表示させ、電話を掛けさせる。その上でPCをリモート操作するという手口。一旦嵌るとなかなか抜け出せないものですね。冷静に考えれば何度も抜け出す機会はあったはずなのに、巧妙な手口に腹が立つばかりです。

で、おそらくOER3001氏のPCは、ウイルスには感染していないのでしょうが、不安な気持ちが落ち着かないのでPCも買い換えました。そのためデーターやアプリの移行がまだ終えず、不便な状況が続いています。

 

そんな中で気分転換。小学4年生の夏休みに作った“保存機”が出土しました。

20220928_0013_15

運転室を中央に構えた凸型ディーゼル機関車。前後の機関室(?)の長さが異なります。

20220928_0012_15

長い方は取り外し式で、中には単三電池が収まるようになっていました。この車体は白ボールで作っていて、裏側は何の処理もなされていない“素”です。

20220928_0006_15

台枠というか床板というか、蒲鉾の板をそのまま使っています。

20220928_0007_15

それに糸鋸でガリガリゴリゴリと、一生懸命穴を開けた痕跡が生々しく残っています。キャブ裏側にマブチモーターを付け、DT16台車の片軸にウォームギアで伝導しようと試みていたのでした。

20220928_0009_15

3線式Oゲージで遊んでいた時代なので、単三電池で動かすにも床下に方向切り替えスイッチを設ける必要がありました。面倒臭い配線を良くやったものですね。

20220928_0008_15

連結器のパーツが凄い。復元ばねが仕込まれたパーツ、お小遣い握って自転車漕いで、太子堂にあった北沢教材社で買ってきたものだったと思います。

20220928_0010_15

冒頭の画像で確認できる前照灯は、水彩絵の具のキャップをセメダインで接着しただけ。小学生が当時持てる知恵と技術を集積して製作した筈の一品、今更何の価値もないとはいえ、どうしても捨てられませんね。

 

2022年8月28日 (日)

一気に外板窓抜き

0番の窓抜きで発生する紙片、16番と比べると凄い量で、廃材とするにはもったいない感じさえします。16番の床下機器などに充分使えそうな量です。

20220827_0001_15

とりあえず側板だけは抜き終えました。

大きなサイズということは、16番と同じ構造では強度不足になりますので、これからどうするか、考えながら内張を製作して行く必要がありそうです。

20220827_0002_15

 

序でに、お絵描きしていたフリー客車の妻板を切り出し、ペーパールーフ一体の展開寸法を割り出しました。深い屋根なのに95㎜、0番の166㎜とは大違いです。

20220827_0003_15

この日は晴れ間があったので本命の塗装もしつつ、乾燥時間にデスクワークと、模型三昧となりました。

 

 

2022年8月27日 (土)

遂に、0番製作開始!

雲行きが怪しいので塗装は諦めざるを得ません。

だからと言って、お絵描きばかりと言うわけには行かず、先ずはこれを切り出してみました。手描き図面のコピーを厚紙にスプレー糊で貼り付け、それをガイドに1㎜小さめに切り抜きます。

この周囲に厚紙を巻いてみて、展開寸法を算出しました。机上の計算とは、ペーパールーフとする板紙の厚みによって、机上の計算とは微妙に異なり、166㎜となりました。

20220826_0003_15

それが算出されたら、早速罫書きに入ります。久しぶり、ホント30年ぶりでしょうか、1/45は流石に大きい! 30㎝の定規では誤差が出そうなので、途中で画像の60㎝の定規を買いに行く始末。モノが大きいとは言え、老眼鏡が無ければ正確な罫書きはできません。

20220826_0001_15

車体の罫書きは直ぐ終わるので、窓抜きを始めてしまいました。

だがしかし、R部を抜く彫刻刀の種類がいつもと違う! 幸い手持ちの彫刻刀で間に合い、側扉上部は4.5㎜、戸袋窓、側窓は3㎜としました。

20220826_0002_15

それにしても、フリー客車の設計したかと思えばSBBの資料見て嵌まり。一夜明ければ0番製作開始なんて、一体どうなっているのでしょうね。

 

2021年11月26日 (金)

0番運転会の後遺症-10

0番運転会の後遺症も10回を数えるまでに至ってしまいましたが、これで最後にしたいと思います。

ちょうど当時は、湘南電車に新型車両が投入され始めた時代、即ち80系から153系“東海型”への置き換えが開始された時代でした。そこで“東海型”に似せた新型電車が発売され、遂に買って貰うことができたのは、おそらく1959(昭和34)年か1960(昭和35)年、小学校3年生か4年生の時だったかと思います。

20211114_0021_17

“東海型”を意識したのかどうか判りませんが、おでこから窓下になった2灯の前照灯とDT23型台車が、新型であることを主張していたようです。しかし側面は3扉、ドア間に狭幅4枚窓ではイマイチです。

20211114_0022_17

少年向けの模型と言うより玩具として設計されたからなのか、“湘南電車”に比べて相当手抜きされた感じです。窓セルは省略され、おでこの表示も窓は無し。床下機器は一切無く、連結器も胴受けは無く箱状のポケットに入っただけです。

それでも新型電車として、少年の夢を膨らませていた存在だったのです。

さて、これまで10回にわたり続けてきた「0番運転会の後遺症」も、漸く治まってきたようです。鉄道模型を趣味とする以上、様々な大きさの模型をマイペースで楽しんで行きたいと思います。

 

 

2021年11月25日 (木)

0番運転会の後遺症-9

ボギー軽量客車「ホハ10」の牽引には、たった2軸のEB58型電気機関車では不釣り合いを感じて、父にねだって一回り大きいED58型電気機関車を入手したようです。

20211114_0028_17

良く観察すればこのED58、前頭部のプレスパーツはEB58と全く同じもの、胴体部分のみ長いパーツとしたものです。胴体が延長されたことから、屋根上モニターも明かり取り窓が4つになったものになっています。ただ、胴体の側窓と前頭部の側窓の高さが揃っていないことに気付いたら、気になって気になって。

20211114_0030_17

牽引力はと言うと、動力はEB58同様の片側台車の2軸のみ駆動ということでほぼ変らず。インサイドギアとなったことから多少空転防止効果があるかも知れませんが、残念ながら手持ち車両を繋げての牽引力試験はしていないので、本当のことは判りません。

2021年11月24日 (水)

0番運転会の後遺症-8

3線式はもういい! と聞こえるようですが、後遺症はなかなか治まりません。

EB58型電気機関車に2軸客車や貨車を繋いで遊んでいるだけでは飽き足らず、遂にボギー客車を買って貰いました。箱には「ホハ10」とゴム印が押されています。

20211114_0018_17

当時、登場間もなくの10系軽量客車のナハ10をショーティーにしていますが、ありそうで無い塗色が面白いです。前回取り上げた2軸客車より簡素な貫通路、幌枠も省略されていますが、フォルムはまずまずかと。

20211114_0019_17

窓が吹き抜けなのは当時は当たり前。台車はTR40の軸距短縮タイプのような、粗いソフトメタル様で、ブリキプレスの枕梁をに止められています。車輪はプラ製なので、このまま2線式でも走れそうです。

20211114_0020_17

この「ホハ10」は1両しか無いのが残念ですが、ボギー車ということで大いに満足していました。

 

 

2021年11月23日 (火)

0番運転会の後遺症-7

このシリーズもしつこく7回目の今回は2軸客車。EB58型電気機関車に繋げるために、展望車を買って貰っていました。どこに根拠があってこんな塗装にしていたのか判りませんが、3線式は鉄道模型と言うより、玩具の延長線上にあった証拠です。

20211114_0001_17

展望デッキにはエッチングの「つばめ」テールサイン、多分セメダインCで付けたものと思われます。

20211114_0002_17

もう1両の客車は塗色が異なりますが、この色は気に入っていました。

20211114_0003_17

貫通路には後に入手したゴム製幌を付けていました。

20211114_0004_17

しかし細部を観察すれば、至る所のハンダ付けが外れ、上の画像では妻板から屋根板左右が浮き上がっています。これでも大事にして遊んでいた大切な宝物だったのですから。

 

 

2021年11月21日 (日)

0番運転会の後遺症-5

再び「0番運転会の後遺症」ですが、今回はこちらの無蓋車です。

20211114_0011_17

当初はグリーンに塗装されていたことを記憶していますが、「36-11」と妻部に標記があり、1961年に刷毛塗りで黒ラッカーを塗っていたようです。

20211114_0012_17

これも曲がった箇所をグイッと修正し、改めて塗り直したら、すこそこ見栄えするように生まれ変われるかな?

 

 

フォト
2022年12月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

他社線ご案内

無料ブログはココログ